接客数が多いと声が枯れたりするのは、私だけですか?

風俗は接客業。

なので、接客数が多いと声が枯れたりするという方もいるのは事実。

それは不思議なことではありません。

でも、セルフケアによってこうしたトラブルを防ぐことができますので、ここでは声が枯れない方法についてご紹介!

風俗は会話の頻度が高い仕事!

風俗の仕事をしていると、接客数が多くなってくると声が枯れてしまうという女性がいます。

それは、どうしても口数が多くなると仕方がないものなのです。

営業職のように、話す頻度が高い職業の方は、どうしても声が枯れやすいのが特徴的。

声の変化を訴えて耳鼻科を受診する女性も少なくありません。

風俗の仕事のほかにも、保育士や教師など、やり取りの多い仕事をしていると、どうしても声が枯れてしまうというアクシデントに見舞われます。

それは仕方がないにしても、何らかの対策を取っていると違いが出るので、ぜひとも声の衛生環境を整えてみてはいかがでしょうか。

声を枯らさないセルフケアとは?

風俗の仕事をしていると、どうしても接客に声を使わなければなりません。

でも、声枯れがひどくなってしまうと、接客にも影響を及ぼします。

そのためにも、日頃からセルフケアを行いながら、声を枯らさないようにしなければなりません。

声を出す時に働く声帯は、湿り気が無ければいけない部分。

だからこそ、こまめな水分補給は大切です。

糖分の入っている飲料は、かえって喉が渇いてしまいますので、お水かお茶を接客の合間に摂取するべきです。

のど飴よりもよほど効果があがります。

さらには、ガラガラうがいをすることも、声を枯らさないセルフケア。

これだけを忘れずに実践するだけでも状態に変化が生まれるかもしれません。

風俗の接客数が多い場合の声枯れ対策!

どうしても忙しくなってしまうと、セルフケアを考えている暇が無くなってしまいます。

次々と接客を行うと声を酷使する時間が増えてしまいます。

その積み重ねがあると、どうしても声帯を痛めてしまい、声枯れが酷くなってしまいます。

そんな状態で風俗の仕事をしていても、状態が良くなることは無く、どんどん症状が進んでしまいます。

アルコール飲料を飲まなければならない風俗の仕事であれば水分の補給を調整する計らいで大きく変化があります。

ヌキのサービスをしなければならないファッションヘルスやソープ、デリヘルなどは、シャワーのタイミングで熱いお湯を少しだけ出して加湿を行うだけでも違います。

風俗の仕事をしていると、接客数が多くなるにつれて声枯れを起こしてしまう場合があります。

それは、割合的に多く、女性の悩みとしても訴えがあることが多いのも事実。

でも、セルフケアの方法がわかっているだけでも、声が枯れたりする症状を抑えられるかもしれないのです。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

ガルコロ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です