ソフトSって聞かないのですが、そういったカテゴリーはありますか?

性的嗜好を表す際、SかM、またはソフトMなどといったニュアンスで答える人は少なくありません。
後者は、通常よりも少しだけマゾ気質で、普通のセックス時もちょっと攻められ側でいる方が好きな人を指しますね。
では、その反対ともいえるソフトSというカテゴリーは、風俗業界に存在するのでしょうか?

※参考記事 ソフトSMと普通のSMの違いってなんですか?

ソフトSって実在する?

ソフトMがあるだけに、もちろんソフトSというカテゴリーもあります。
その名の通り、本格的な女王様のような陵辱や罵倒はしませんが、M客よりも優位に立って、ライトな責めを提供します。
鞭やローソク、浣腸ともなると、お客さんにしてみれば少しハードルが高くも感じられますが、 手錠やタオル、目隠しなどを使った軽い拘束、いじわるなどであれば、本域のMでなくても気軽に楽しんでもらえます。
いわゆる「ソフトSM」「M性感」と呼ばれる風俗サービスのS嬢が、これに当てはまるでしょう。
また本格クラブでも、一部コースの一つとして「ソフトS」を用意している店もあるようです。

SとソフトSの違いって?

SMクラブのハードSともなると、心底M客を嫌悪し陵辱、罵倒します。
もちろんサービスの一環であるため、ある程度お客さんの要望に沿いますが、 基本的にはただひたすらに否定し続けて、特殊な性癖を持つお客さんに興奮してもらう形となります。
その点ソフトSの場合は、M客に気持ちよくなってもらうことを意識しながら責めます。
そのため、むしろ好意あるSMプレイともいえます。
同じSという言葉は入りますが、気持ちの面で、このように大きな違いが見られます。

ソフトSM・M性感について

プレイ内容としては、軽い拘束・言葉責めから、男の潮吹き・ドライオーガズム・聖水・顔面騎乗・寸止め・焦らしなどがあり、 いずれも一般的な性感ヘルスにはないM客向けサービスではあるものの、痛みや屈辱を伴うようなものではありません。
SMといえど、ソフトSMやM性感は、気持ちよくなってもらうための風俗なのです。 お客さんはもちろん、働く側から見ても 「本格SMには少し抵抗があるけど、SMの仕事をしてみたい」といった風に考えるような初心者に適したサービスとなります。
のちのちはSMクラブで高額収入を狙いたいけど、未経験なので、まずは徐々に慣れていきたいと考える方にも、おすすめですね。 ソフトM同様、ソフトなSも存在します。
ソフトMなお客さんにも気兼ねなく楽しんでもらえるような軽い責めで、興奮してもらいましょう。
こうしたソフトSを仕事にしたいのであれば、本格SMクラブよりも、ソフトSMやM性感系風俗が適しています。
そこまでハードルが高くなく、比較的早い段階で仕事に慣れやすいので、初心者Sの方がその世界を学ぶ場としても役立つことでしょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です