AV女優になれば、性病になる確率は低いですか?

風俗嬢をしているとやはり心配になるのは性病の事です。

検査を定期的にしていたとしても確実のその感染を0%にする事は難しいでしよう。

これはあえて言わなくても分っていることでもあります。

しかし、そんな中でもし、AV嬢に転職したらこの性病感染率は低くなると言えるのでしょうか。

実際にその体験をして確認すると言う事はなかなかできませんので理論の上から考えてみましょう。

先ず、風俗嬢をしている場合の性病への感染源はお客さんと言う事になります。

プライベートなセックスはここでは考えない事にしておきます。

そうしないと、話が全く進まなくなってしまいますから。

さて、その風俗の内容によっても感染率はまちまちです。

ソープランド・デリヘル・ピンサロ・オナクラあたりで比較してみると確率的にはオナクラが最も低くなるのではないでしょうか。

風俗の利用料金と性病感染率は関係ある?

利用料金による差も考えられます。比較的に高額であるほどその感染率は低くなるでしょう。

これはその料金を支払う事が可能である事が一種のステイタスでもある事からそれが可能である場合は当然、感染リスクの低いお店を選んでいるであろうという予測からのものです。

これらを全て平均化しても風俗全体での感染率は数パーセントといった所でしょうか。

感染率と発症率の差がある事も考えると実際の発祥はもっと少なくなるのではないかと予測します。

AV嬢は性病感染しますか?

では、AV嬢の場合はどれくらいの感染率があるのでしょうか。

これはその制作に当っている会社によって違うでしょう。

しっかりしている所で有れば撮影の前に女優・男優が決まった時に先に性病検査を行ってから撮影を行うというような所もあれば、成り行きませでそのまま撮影してしまうというような場合もあるからです。

特に、素人ものを得意としている会社ではそのリアリティを演出する為にその時の勢いを大切にしている事もありますのでそう言った場合にはちょっと注意が必要かも知れません。

又、大手の撮影なのかインディーズの撮影なのかによっても変わってくるでしょう。

いずれにしても、その関わる男性の数が風俗よりも少ないと言う事で感染するリスクは確実に低くなっています。

しかし、これは相手にする男性の数が違うのですから致し方の無い所でしょう。

一日に3人のお客さんを取り、一ヵ月で20日勤務すればのべ60人ですが一ヵ月で2本のAVに出演し、男優さんが各々一人であれば、のべ人数は2人です。

この理屈だとAV女優の方が30分の1であるとなる訳です。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

ガルコロ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です