性病じゃないのにアソコが臭いのはなんで?

性病になっていないのにアソコが臭い。

そんな悩みを抱えている風俗嬢も多いはず。

その原因と対策を知っておくだけでも、お客さんに不快な思いをさせることなく仕事に励む環境が整います。

アソコの臭いが気になる前に知っておくと良いでしょう。

性病じゃないのにアソコが臭う理由とは?

カンジタというものはご存知でしょうか?

一見すると性病のように思うかもしれませんが、これはカビの一種が性器などで繁殖した状態であり、性病とは分けられています。

でも、アソコが臭いという症状も特徴的で、そのままにしているとお客さんに指摘されることもあるでしょうし、自分でも臭いが気になるようになるでしょう。

このカンジタは自分の体調が関係しています。

体の免疫力が低下した時に出現しますので、風邪薬を飲んでいてもかかってしまうことがあります。

体調管理が関係しているのが驚きという方も多いはずです。

アソコが臭い風俗嬢は損をする

お客さんの口コミというのは絶大です。

一度アソコが臭いという噂が広がってしまうと、それだけでも新規のお客さんが指名してくれる割合が減ってしまいます。

接客態度を評価されることがあるのも口コミですが、スタイルや顔など、さまざまな角度から口コミが書かれます。

アソコが臭いという状況が自分でも自覚しているのであれば、お客さんにとってはインパクトの大きな印象に繋がるかもしれません。

アソコが臭いというだけで、性病ではないのに敬遠されてしまうのは損です。

風俗嬢の魅力を伝える前に、お客さんが来てくれないという事態に陥ってしまいます。

そうなると、個人の売り上げが出せなくなり、1日あたりの収入が少なくなります。

アソコの臭いケアは集客に役立つ

風俗嬢はエチケットに気を付けなければなりません。

相手に不快な思いをさせないような立ち振る舞いをしてこそ、風俗嬢としての人気が高まります。

自分を売り込むためには、相手にとって嫌に感じるような言動を控えるだけでなく、アソコの臭いにまで目を向けることで、失礼のない接客が行えるようになります。

自分の体を使って稼ぐことになる風俗の仕事。

何度も足を運んでもらうような印象を刻むためにも、最低限のマナーとして、アソコの臭いケアをすべきではないでしょうか。

アソコの臭いがキツイ風俗嬢は、それだけでも、自分の人気に響きます。

性病でなくてもアソコの臭いがきつくなってしまうことがありますので、日頃の生活の過ごし方にも気を配りましょう。

それだけでも相手に不快な思いをさせません。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です