お店でシャワーを何度も浴びるけど、家でまたシャワー浴びる?

風俗嬢として働く子は1日に何人ものお客さんを相手にしますから、
シャワーを浴びる総回数は1日当たりかなりのものになります。
これだけの回数浴びているのに、帰宅した後さらにシャワーを浴びる必要はあるのでしょうか。

お互い清潔にして

風俗で働く子にとって、シャワーは商売道具と言っても良いくらい、使う機会は非常に多いですよね。
ピンサロ勤務ではそれほどでもありませんが、同じ風俗でもソープランドやデリヘルの場合はもう不可欠な存在です。
ソープランドは、嬢のことを「泡姫」と呼ぶ位ですから、泡まみれになります。
プレイが終了すればその泡を洗い流すためシャワーを使用することは、ソープ嬢を経験したことがない女性でも想像は付くと思います。

デリヘル嬢でも

プレイスタイルが違うデリヘル嬢でも、シャワーは必ず使用します。
お互いの陰部を密着させるため、特にプレイ前のシャワーは必須のマナーとされています。
気分良くプレイするため臭いや汚れを落とす以外にも、性病感染を抑えるといった意味もあります。
プレイ中には顔射等で、相手の体液が付着する場合があります。
それらを洗い流すためには、プレイ後にもシャワーはどうしても必要になってきます。

きれい好きで良いじゃん?

リードで書きましたように、これだけでその日は既に相当回数シャワーを浴びているわけですから、
勤務終了後自宅でとなるとさらにプラス1回されます。
「きれい好きで良いじゃん。」と考える方もいらっしゃるかも知れませんが、
実は医学的にはシャワーの浴びすぎは体に良くありません。
皮膚上には、無数の細菌が存在しています。
細菌と言うと、害のあるものと考えがち。
ところが、必ずしもそうではありません。
天然の抗生物質的な働きをしてくれる、有益な細菌もいるのです。
これの数が減ってしまうと、感染の確率が高くなってしまいます。
同じように皮膚上には、有益な脂分があります。脂(あぶら)と聞くと、女性であれば眉をひそめてしまう存在でもありますが、こちらも有益なものがあるのです。
これがあることによって、お肌に潤いが出ます。
逆に量が減ってくると、ひび割れ、皮膚の乾燥、酷いときには湿疹の原因となります。
風俗嬢にとって命の、お肌の大敵です。シャワーに使われている水が浄水されていない場合、トリハロメタンという発がん性塩素化合物に多くさらされることになり、
決して健康に良いとは言えません。以上のような理由により、過度な回数シャワーを浴びることはお薦め出来ません。

しかし現実的には、「プレイ後のシャワーは丁寧にやってられない。」等、帰宅してからのシャワーの必要に迫られることもあるでしょう。
そういうときには、時間や量を減らすとかお湯の温度を低くすることで、皮膚を守ることが可能です。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です