風俗店に高額な雑費を引かれたことありますか?

風俗業界では、雑費という必要経費が掛かります。
キャストの給料から天引きされる費用のことを言います。
最近では、雑費0円を謳う風俗店もある一方で、高額な請求をされた女性はいるのでしょうか?
どのような費用が雑費になっているのか、そして、風俗嬢が払うべきものなのかを解説してい行きます。

※参考記事 ソープでお茶代・雑費ってよく聞くけど、何ですか?

雑費の種類

一般的に風俗で考えられる雑費としては、

  • タオル費用
  • ローション費用
  • マウスウォッシュ費用
  • イソジン費用
  • コスプレ衣装費用
  • 衣装のクリーニング費用
  • オプションのアダルトグッズ

の費用でしょうか。
また、派遣タイプの風俗店で有る場合は他に送迎や移動に関わるガソリンやドライバーの人件費用が発生する事もあるようです。
多少の業種的な差がある事を考えてみるとこんな所でしょうか。
確かにこれらの費用は風俗の仕事をして行くうえで必要なるでしょうから、ここまでが通常の雑費です。
しかし、お店によっては特殊な雑費がかかってくる場合も無いとは言い切れません。

雑費の支払い

事務手数料であるとか通信費と言われると、必要なものに感じてしまいますが、実際はどうなのでしょう。
雑費の詳細は、給与明細に記載されず、一ヶ月をトータルして雑費○○円という引き方がほとんどです。
計算をしやすいように一律で何割としている風俗店もありますし、一日・一時間という単価を決めている所もあります。

雑費は経費

雑費は、必要経費として認められる性質を持っています。
個人の事情は別として、風俗で働いたお金も収入ですので確定申告が必須です。
申告の時に経費として計上する事が出来きます。
風俗嬢は、普通の商売をしているのと同じであり、売上を上げるために使った費用になるので、経費に扱いしてもよいのです。
確定申告をするかしないかの話はここで話す内容ではありませんので省略しますが、経費として認められるものであれば、利用すべきだと覚えておきましょう。
どんな場合にしてもお給料から引かれる分ですから、内容と計算の方法はキチンと把握すべきです。
風俗店も適当な経理をしていると不正会計として捜査されてしまうので、意図的にはしませんが人のする事なので間違いや手違いがあります
大切なのは最初にお給料の計算や雑費控除の仕方を聞けば問題を防げるのです。

雑費まとめ

サービスに必要な消耗品や風俗店の経費として、給料から引かれていました。
元から風俗嬢のバック金額を減らし、差し引いていれば損をした気分にもならないのでしょうが、風営法の絡みや求人募集のバック率が高い方が風俗嬢が集まると言った理由もあると思います。
根強く残る文化のような形ですが、雑費無しと銘打った広告も出回り始めたので、今後は主流になるかもしれません。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です