体入を深く考えない。試食でソーセージをつまむとの同じです。

風俗店の体験入店を深く考えている女性もいますが、

実際にはそこまで深く考えて挑むものでもありません。

そのため、これから風俗で働くにあたって

体験入店を経験したいということであれば気軽にチャレンジしてみましょう。

スーパーの試食販売と同じ考え方

風俗の体験入店に関してスーパーマーケットなどでおこなわれている

試食販売と同じようなものという言い方もできます。

どういうことかと言えば、スーパーマーケットなどでソーセージなどの試食販売がおこなわれていますが、

これを食べたからといって必ず商品を購入しなければならないということではありません。

あくまでもお試しで食べただけであって、食べたから必ず購入とは決まっていません。

無理やり押し付けられるようなこともありませんから、

食べたうえで自分の口に合わないと感じた場合には、購入しないまま立ち去れば良いのです。

風俗における体験入店に関してもこれと同じで、

自分に合わないならそのままスルーすれば良いだけなのです。

お店側のことばかり考えない

試食販売でもそうですが、試食したからには買わないといけないと考えている人もいます。

しかし、それはあくまでも試食であって購入を前提としておこなった行為ではないのです。

風俗の体験入店も同じで、正式な入店を前提としたものではありません。

お店側にしてみれば、体験したからには入店して欲しいと考えるのが当然ですが、

それはあくまでもお店の立場です。

何もお店の立場になって深く考える必要はないのです。

お店の人間ではないわけですから、お店の事情を考えるのではなく、

あくまでも自分の立場で自分の意思を貫くようにしましょう。

気を使って働いたとしても、

長続きしない可能性が高くなりますので、あくまでも自分の自由にしたほうが良いのです。

返事はしておきたい

スーパーマーケットの試食販売の場合、試食を終えたあとに無言で去っても構いません。

しかし、風俗の体験入店に関しては無言でのスルーは避けておきたいものです。

体験入店をおこなったあと、検討したいなら検討したいと伝え、結論が出たらそれを伝えるようにしましょう。

お店によって考え方は異なりますが、中には「本入店する気があれば、連絡をください」というように、

入店しないなら連絡はしなくても構わないというケースもありますが、

そのようなお店でないならば自分から結論を伝えておきましょう。

やはり、体験入店したからには最低限のマナーとして、返事をするということは大切です。

自分に合わないと思えば即座に断ることも覚えておきましょう。

体験入店をしたからといって必ずお店に入らないといけないということはありませんし、

断るにしても気軽に断ることができますので、

体験入店のことをあまり深く考えることなく、まずは気軽に体験してみるようにしましょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

ガルコロ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です