昼職に戻る時の履歴書は、どう書いてますか?

風俗の仕事から昼職に戻る場合には、どのように履歴書に自分の仕事を書けばよいでしょうか?

そのまま風俗の経験を書くと、どういった不安が膨らむでしょう?

ここでは昼職に戻る場合の履歴書の書き方についてをご紹介します!

風俗の経歴は隠すべき?

昼職の仕事をするということは、今までとは違った生活スタイルになります。

それを望んで昼職に戻るわけですから、相応の覚悟が必要です。

でも、肝心の履歴書をどのように書けばよいか迷っていませんか?

まだまだ風俗に対する偏見はありますから、一般企業に勤める場合には、風俗の仕事をしていたことを明かすべきか迷う方も多いはずです。

そんな不安を抱えているのであれば、風俗の仕事をしていたことを表立って履歴書に書かずに臨むのも一つの方法です。

そのかわり、昼職に戻るまでにどう過ごしていたかをきちんと説明できるようなシナリオを用意しなければなりません。

だって、何もせずにいきなり働こうという思いを聞いたとしても、本当に仕事を任せて大丈夫だろうか?

という不安を採用側は抱きます。

せっかくなら、仕事を任せたいと思えるような人を採用したいはず!

それはどんな仕事においてもそうでしょう。

なので、仕事に対する姿勢がプラスに向くような履歴書を作るのが理想となります。

接客業という枠組みで履歴書を書くのも一つ

自分の今まで培ってきたサービス精神を活かすのであれば、風俗の仕事というものを大々的に表現するのではなく、接客業として履歴書に載せるのも一つ。

ただし、どのような接客業を行っていたかを説明しなければならないこともあるので、自分が今まで行ってきた仕事の中から近しいものを引っ張ってくるなどの工夫が必要になるかもしれません。

風俗の仕事をしていたことが後ろめたいとは思わなくても、世間的にはそう思われていないかもしれませんから、ストレートに風俗で働いていたという経歴を履歴書に載せるのは危険です。

だからこそ、接客業という広い範囲を使って自分をアピールする戦略が、昼職への扉をこじ開けることになるのでしょう。

風俗の仕事は立派な仕事。

それでも、世間的な視点を踏まえて履歴書を作らなければ、面接の内容を抜きにして不採用となってしまうことがあります。

それがないようにするためにも、履歴書の作り方は考えなければなりません。

接客業の一つとして社会に貢献している風俗の仕事。

それでも昼職に戻る時には足かせになってしまうこともあるでしょう。

だからこそ、自分をどのようにアピールするかを考えながら履歴書を作らなければならないのでしょうね。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です