風俗と水商売の面接の時に『お金が目的』だと言っても良いんですか?

風俗や水商売で働こうかと思うとき、それはお金が欲しいときですよね。

ハッキリいって、お金目的以外で働く風俗嬢なんていません。

それはお客さんもわかっていることですし、ボーイさんもわかっていること。

風俗なんて「お金目的」が如実です

自分の体でお金を稼ぐ風俗嬢にとって、仕事は苦痛でしかありません。

楽しいことなんて、たまに良いお客さんが来るといったときだけ。

しかもそれも1年に1度あるかないかという次元の話。

給料が高いという理由はブレない

お金目的以外で働くことなんてありません。

水商売だとたまに「接客にやりがいがあるし、お酒好きだし、お金稼げるし」といろいろな理由で働く人がいますが、「給料が高い」というのは必ず理由のひとつとしてありますよね。

接客だけだったら別に風俗とか水商売とかじゃなくてもいいわけです。

でも、面接で「お金目的です」と素直に言って良いものか迷いますよね。

普通の会社とかだと、「なんでうちで働きたいの?」という質問に「お金目的です」なんて言ったら即刻落とされることでしょう。

正直すぎる人は嫌われ、「お金目的です」と言うのは悪だという風潮があります。

でも、風俗や水商売は「お金目的です」と言うことが「悪」という風潮はありません

先ほども述べたとおり、風俗で働く女性がみんなお金目的だということはわかっています。

いくら体裁を取り繕っても見抜いているので、意味がありません

むしろ正直に「お金目的です」とあっけらかんと答えてくれる女の子のほうが、ボーイさんは信頼してくれますよ。

お金と風俗は切っても切れない

お金を稼ぎたいと強く願っている人ほど、バックレや遅刻もなくきっちり出勤してくれるし、週に5日とか入れてくれる女の子が多いんですよね

だから、お金目的であることを面接で言うこと自体はむしろ好印象

そこからさらに掘り下げて話すことができれば、お店からの信頼が厚くなります。

どうしてお金が必要なのか、何をするためのお金なのかを説明するわけです。

例えば「親の都合で大学を中退することになったのですが、将来自分で飲食店を開くという夢があるので、集中してお金を稼ぐために応募しました」と言うのも良いでしょう。

面接での理由付けのとき、お金目的だと話すときには、必ず「ちょっとした略歴」を加えましょう

例で言うと、「親の都合で大学を中退することになった」ということですね。

ここで「風俗で働かなくてはいけない理由」ができます。

「他に給料高い仕事があるのに、どうして風俗に・・・?」という疑問をカバーできるわけです。

そのあと、風俗で稼いだお金で何をするかを語ります。

将来の夢のため。

これは、「ブランドバッグが欲しい」とかいう私利私欲以外ならなんでもいいです。

ここは嘘をついてでも取り繕いましょう。

学生なら学費を稼ぐためとかいう理由が一般的ですね。

理由があると良く聞こえる

そういう風に理由付けをしたならば、「お金のために応募しました」というのがとても誠実な理由になる。

お金のためというのは汚いことではないんです

むしろ風俗やお水業界では、仕事に対して誠実に向き合うには、お金目的であることが望ましいんですよ。

そういうわけで、風俗や水商売の面接でお金のためだと告げることは、ちゃんとした背景さえつけることができれば、むしろ良いことです。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です