病んでる子って、やたらとトラウマを告白してこない?

病んでいるメンヘラの方は、周囲の目をひこうと、極端に過去のトラウマを告白してくることがありますが、あまり親身になることは関係を極度に深めてしまい、御自身までストレスを溜めこむことになるため注意してください。

自分をヒロインに仕立て上げる

メンヘラの精神状態は、決して冷静ではありません。
また、周囲との人間関係も、正しい関係を築けるとは限らず、依存しやすい精神状況にあります。
そのような中では、周囲に自分の過去のトラウマを聞いてもらいたい、
自分は悲劇のヒロイン、というイメージを持ってしまっていることもあります。
そうなると、周囲に自分のことを分かってほしいと思い、過去の体験を極端にして話したがる場合もあります。
一度、聞いてしまうと、ちゃんと話を聞いてくれる人だと思い、
さらに話したがる場合がありますので、距離感には十分に注意してください。

共有意識は依存される危険性も

メンヘラの話をちゃんと聞いてあげることが優しさ、と思ってしまう方もいるかもしれませんが、そうなると、さらに話したがりのメンヘラの方にまた、話をされるような悪循環に陥ってしまう、ということも十分にあります。
その話を繰り返し聞いているうちに、自分までが精神的に大きな負担を受けてしまう、ということは十分にありえることです。
その点、どこまで距離感を持って接するのか、ということはとても大切なポイントです。
極端に相手に親身になってしまうと、その共有意識を持ってくれる人だとメンヘラに思われてしまい、何かストレスがあるたびに相談される、など依存されてしまう可能性がありますから、十分にその点は注意しておくようにすることをおすすめいたします。

ある程度、距離感を持つ事もポイント

メンヘラの場合、何がその人のストレスになっているのか、ということを理解して、同情してあげることは優しさですが、自分まで病んでしまうことは本末転倒です。
そのような状態にならないためにも、ある程度距離感を持って接することは大きなポイントです。
まともにすべての話を聞きすぎてしまうと、そこから抜け出せなくなってしまう危険がありますので、すべての話を鵜呑みにせず、ある程度御自身で距離感を保つようにされることをおすすめいたします。
どうすれば、その人との距離感を保つ事ができるのか、どこまでなら理解できる部分なのかということを意識しておくだけでも、ずいぶんと接し方が違ってくるといえるのではないでしょうか。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です