キャバに体入した19歳です、お酒をガンガン飲まされます。お店的にもまずいのでは?

キャバクラへの体験入店中とのことですが、

そこでお酒を飲まされているというご相談ですが、

おっしゃるように未成年がお店でお酒を飲んでいるなら問題です。

現状をそのまま継続してしまうのはよくないので考えましょう。

キャバクラ嬢は18歳から

キャバクラで働くことのできる年齢は18歳からになっています。

そのため、それぞれのお店には18歳や19歳の女の子もいます。

しかし、法律でお酒を飲めるのは20歳からとなっています。

つまり、18歳や19歳の女の子がお店で働くことは問題なくとも、

お店でお酒を飲むのはダメなのです。

そのようなルールがありますので、

本当にお酒をたくさん飲まされているような状況があり、

自分的にもまずいと思うならば、

ほかのお店を探すなど自分で答えを出しておきましょう。

質問にもあるように、このような状況はお店としてもまずいはずです。

しかし、それに気づきながらも放置していることが考えられますので、

早い段階で自分の今後を考えておいたほうが良いと言えます。

お酒を飲まさない店が多い

18歳から働くことができても20歳からしかお酒は飲めませんので、

多くのキャバクラでは未成年のキャストにはお酒を飲まさないようにしています。

しかし、目の前でジュースばかり飲まれたらお客さんも雰囲気を壊してしまうので、

お客さんにはお酒を飲んでいるように見せかけているケースがあります。

たとえばカシスオレンジをオーダーしたように見せかけて、実際はノンアルコールの

ジュースをボーイさんが運んでくるというようなパターンです。

このように雰囲気を壊さないように配慮をしながら未成年のキャストには

お酒を飲ませないケースも多いので、

今後キャバクラでの正式な勤務を検討しているような場合には、

こうしたお店に目を向けてみましょう。

売上貢献も意外とできる

未成年のキャストがお酒を飲まないでキャバクラ嬢をしている場合、

お酒を飲まないので売上に貢献できず、マイナスに捉えられてしまうと考えて、

無理してお酒を飲むケースもあります。

しかし、お酒を飲まないからこそ売上に貢献できるパターンもあるのです。

多くのキャバクラではお酒よりもソフトドリンクを高単価にしているため、

ジュースのオーダーをしたほうが売上も大きくなるというケースがありますので、

意外と売上に貢献できるのです。

体験入店中は何もわからないからこそ

お酒を飲まされてしまうこともあるかもしれませんが、

いくらキャバクラであっても法律は法律なのです。

自分が不利益を被る前に、お酒を飲まずにキャバクラ嬢をする方法を考えましょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です