吉原のソープ嬢平均給与を公開

風俗業への転身や掛け持ちを考える女の子は、目標金額や何か目的がある人が多いかと思います。
そこで定番であり超有名な吉原のソープ嬢の手取り額について考えてみましょう。

ソープ嬢は数ある風俗店の中でもお給料がダントツに良いお仕事です。
もし転身を考えるなら一度手取り額のシュミレーションをしておきましょう。
お店選びにも役に立ちますよ。

吉原の風俗店はたくさんある

吉原は知らない人がいないほど有名な風俗街ですよね。
元遊郭で歴史の教科書や時代劇、映画にも出てくるほどです。
歴史ある風俗街だからこそ様々な風俗店が発展してきました。
中でももうあまり知られることのなくなった「ちょんの間」をご存知でしょうか。

マッサージちょんの間は旅館が営む、泊まれてマッサージ嬢が来てくれる性サービス店です。
ソープに比べると滞在時間的にはとても安く利用できるため一時期はたくさんありました。
しかし警察の摘発でその姿はだんだんと減っていき、行き場をなくしたお客さんがソープに流れて来たのです。
そしてソープ店には出店規制があり、新規出店はほとんどありません。

このためお客さんは流れずお店はお客さんをがっちり掴んでおり、一定数を常に確保している状態なのです。
さらにちょんの間から流れてきたお客さんが加わり、ソープ店の利用者数は安定しています。
ではデリヘルはどうかというと、新規出店が続いており、利用者が偏らず平均してしまうため、一店舗で確保するお客さんの数は少なくなってしまっています。
またお店同士の競争が激しく、新規のお店に対抗するため利用料金を値下げしてサービスするお店もあります。

ソープ店は新規出店がない分お店同士の競争も少なく安易に値下げしたりしないので、売り上げの安定さを生むひとつの要因となっています。
何よりソープ店にしかない「本番OK」というサービスが最大の魅力なのです。
それはどんなにヘルスでキレイな女の子がお相手してくれても、本番目的のお客さんはそれに変えられるものはありません。
だからこそソープ店がお客さんを確保できるのです。

お客さんが支払う高額な利用料金を考えても、デリヘルやその他の風俗業と比べても、やはりソープは一番稼げる業種であり、ソープ嬢は間違いなく一番手取り額の大きいアルバイトと言えますね。
では実際にどれくらい稼げるのでしょうか。
料金のシュミレーションをしてみましょう。

お店ランクそれぞれの手取りはいくらくらい?

財布吉原のソープ店には、他でもそうであるようにランク付けがされています。
・超高級店
・高級店
・大衆店
・格安店
・激安店
このような格付けとなります。
ランクが違えば利用料金も比例して違いますし、それぞれのランクで男性客の質も違ってきます。

高級店のほうが品の悪いお客さんが少ないというのも、富裕層が多いためうなずけますね。

高級店の場合

超高級店の中には利用料10万円以上という金額のお店もあります。
そのような高額なお店ではバックも多く良く稼げますが、そのようなところを除いて6万円以上と考えておけば良いでしょう。

高級店では5万円前後で、大衆店なら3万円前後、格安店や激安店なら2万円前後としておきます。
これはあくまでお客さんの支払う全額なので、その中の入浴料はお店の取り分となります。
ソープ嬢の収入はそれを除いたサービス料です。
例えば高級店で5万円の利用料であれば、入浴料を18000円程度と過程してサービス料の32000円がソープ嬢の収入とします。

一日3人のお客さんについたとして、この日のソープ嬢の日給は96000円となります。
さらに週3日で働くとして、一週間の収入は288000円です。
この時点でちまたの多くの昼職の収入を超えてきています。
さらに月で換算すれば4週間なので1152000円となります。

月収100万円以上はかなり良い収入ではないでしょうか。
様々な職業がありますが、年収が1000万円を超える仕事はそう出会えるものでもないですよ。
高級店~超高級店の幅は案外広く、もう少しバックが多いところなら日給10万円以上も夢ではないような気がしますね。
なんとお客さん1人当たりのバックが4万円というお店も中にはあります!このソープ嬢は日給が20万以上になる日も多々あったとか。

必ずしもNNではなく、完全S着であってもこのような額だったため、条件がバックを左右するとは全てにおいては言えないようです。
しかしやはり条件は緩い方がお客さんは付きやすいので、NNは有利ではあります。

格安店の場合

Coin今度は格安店のシュミレーションをしてみましょう。

利用料金が20000円としてサービス料を半分の10000円とします。
一日同じく3人であれば日給は30000円となり、高級店と大分差が出てきます。
週3日働いて一週間の収入は90000円です。
月に換算すると4週間で36万円となります。

この時点では風俗ではがっかりな収入ですね。
昼職と同じかそれ以下の金額です。
格安店ではサービス時間も短く3人だけということはあまりありません。
なので実際はもっと稼げているのが現状です。

高級店は確かにバックが大きく収入の底上げをしているような感じがしますが、しかし誰にでも入れるお店ではなくお客さんを選んでいる状態です。
数少ないお客さんが必ず来るとは限らないので、たとえ毎日出勤していてもお客さんがいなければバックがありません。
毎日回転している大衆店や格安店のほうがお客の入りは良く、比例してバックも少ないながら安定していると言えます。
高級店でお客さんが一日1人だけよりも格安店で4人以上ついたほうがバックは結局多くなります。

しかしお客さんの数で勝負するとなると、どうしても体に負担がかかってしまいますよね。
鉄マンでないとたくさん仕事をこなせないでしょう。
お店の雰囲気や客層、バックに加えて一日当たりのお客さんの人数を考慮してお店を選ぶのが良い方法です。
体調が悪いと性病にもかかりやすくなり、結果休まなければいけなくなると稼げるものも稼げません。

鉄マンで自信がある!というソープ嬢は羨ましがられますね。

引かれる費用も忘れずに

シュミレーションをしてみましたが、ここで出された金額が全て収入になるわけではありません。
バックからは雑費が引かれます。

この雑費とはどんなものなのでしょうか。
ソープ嬢は場所を借りて商売しているというスタイルが前提なので、実はひとりひとりが個人事業主となります。
雑費とはお店から借りている消耗品の代金なのです。
雑費にはこのようなものがあります。
・お茶・ドリンク代
・タオル代
・コンドーム代
・ボディーソープ代

このような消耗品代を支払い、残ったものがソープ嬢の収入となります。
案外たくさんあるものですね。
お客さんひとり当たりにすると1000円~5000円程度です。
このような雑費はバックから天引きとなります。

しかしそれを差し引いても手取り額がそこそこ大きいものとなります。
さらに雇われている身ではない以上、税金を自分で納めなければいけません。
確定申告が必要となりますが、稼げば稼ぐほど所得税も大きくなるため、確定申告をしているソープ嬢は少ないようです。
中には源泉徴収してくれるお店もありますので、雑費の金額と一緒に入店の際に確認してみましょう。

源泉徴収しているお店であれば税金も引かれています。
このように雑費が必ずかかる以上、ある程度バックが大きいほうが良いとは言えます。
しかしあまりに高額なお店であればお客さんが少ない可能性もあります。
さらに経験があまりなくテクニックに自信がなければ、高級店ではお客さんがつきにくくかえって稼げなくなってしまいます。

ソープ嬢全員が高級店希望でないのはこのような理由によるものです。
鉄マンで体力に自信があるなら大衆店も選択肢に入れてみると、効率よく回転して良いかもしれませんね。

まとめ

ソープ嬢の手取り額について考えてみました。

高級店から格安店まで幅広く存在する吉原ですが、一概に「これがいい」というものではないようです。
しかしバックのシュミレーションをしてみることでリアルな額が想像できますので、目標額があるのなら一度計算してみて下さい。
また税金や雑費も忘れずに。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です