ソープの雑費・税金・お茶代がなんで引かれるの?

風俗で働く際に気をつける点は、どこのお店も大抵雑費と呼ばれる引かれものかあるということ。
最近では引かれるものがない風俗店も出てきましたが、ほとんどのソープは引かれます。

なぜ引かれるのでしょうか。
また、風俗で言う税金やボーナス、お茶代とは何なのかをまとめました。

引かれものについて

雑費

雑費は、風俗業界で当たり前のように使用されている言葉となるため、風俗について調べた人であれば耳にしたことがあると思います。
雑費とは、仕事で使用したタオルやローション、コンドームを購入するための経費で、使った量や数に関わらず働くことにより発生するものとなり、必ず払わなければなりません。
お店によって払う金額は変わりますが、大抵千円から3千円に収まるところが多いです。
お客さん1人のバックにつき千円払うところもあれば、出勤しただけで数千円を払うお店もあります。

雑費を含めた諸々を給料から引かれたものを「手取り」と呼びます。

お茶代

お茶お茶代は言葉通りの意味で、仕事で出したドリンクの支払いです。
通常お客さんに飲み物を出すお店がほとんどとなり、その時のドリンク代を指しています。

お店が負担していると思っている人も多いと思いますが、実はお茶代は風俗嬢が負担しているのです。
数百円から千円の負担で、お客さん1人に数百円、1日でまとめて千円払うお店もあります。
雑費に含まれているお店が多いそうです。
そのため、お茶代という引かれものを知らない風俗嬢もいると思われます。

税金

税金と聞くと国、市や区に支払うお金だと思いますよね。
実は、風俗業界では税金の意味が違います。
風俗でいう税金はお店に支払うお金のことで、出勤するたびに支払うこともあれば、毎月支払うお店もあるでしょう。

1日だと千円、1ヶ月ごとだと1万円にもなるそうです。
税金だから国に支払うものだと勘違いしてはいけません。
国や支払う税金はきちんと自分で把握し、毎回しっかりと国に納めて下さい。
1番大切なものは確定申告です。

これを毎年申請していないと住民税や所得税の支払い、保険料の支払いの通知が来ません。
また、脱税を疑われて捜査される可能性もあります。
個人事業主となる風俗嬢は、確定申告だけは毎年必ず申請しましょう。

ボーナス

お金 金ボーナスは、お店から風俗嬢がご褒美としてもらえるお金のように思いますよね。
実はそれは間違いで、ボーナスは風俗嬢が払わなければならないお金なのです。
税金も風俗嬢からお店に支払うお金だと思うでしょう。
ボーナスは税金とは違い、風俗嬢からスタッフへと支払うお金なのです。

スタッフは嬢が働きやすいように掃除や会計などの雑用を行い、お店の業務が円滑に進むようにしています。
そのような日頃の感謝の気持ちを込めてボーナスを支払わなければなりません。

なぜ引かれものは存在するのか

雑費とお茶代は法律に関わる

お茶代は無いとしても雑費がある風俗店はかなり多いです。
なぜ雑費が存在するのかというと、ソープを経営するための法律に深く関わってきます。
ソープとは働きているソープ嬢とお客さんである男性が性行為を出来るお店で、合法的にセックスが認められています。
なぜ法律で許可されているのかというと、嬢とお客さんの性行為は、あくまでも自由恋愛の末の行為だからです。

恋人同士であれば愛を確かめるためにセックスをすることは普通だから問題ない、仕事としてお金をもらって性行為をしているわけではない、となります。
だからこそコンドーム代やローション代といった性行為に必要な道具は、風俗嬢自身がお金を出さなければならないのです。
もしお店がお金を出してしまうと、仕事としてセックスを風俗嬢に強制させているとなるでしょう。

税金とボーナスは昔からの風習

税金とボーナスに関しては法律とはまったく関係ありません。
これらは風俗業界で昔から続く伝統で、ソープが誕生した時から当たり前のように守られているルールなのです。
そのため風習として、税金とボーナスを課しているソープ店が存在します。
税金とボーナスはあってもなくてもいい支払いとなるため、最近では採用していないソープ店も増えてきました。

理由は、足りないソープ嬢を確保するためです。
最近はソープ嬢として働きたいという女性があまり存在せず、各店舗で嬢の奪い合いとなっています。
これからは少子高齢化も進んでいくため若いソープ嬢はどんどん減っていくでしょう。
そんな中、「税金やボーナスがないからウチは稼ぎやすい、手取りが高い」と、売り出しているソープ店が出てきました。

ソープ嬢がお店を選ぶ基準で大切にしていることは、いかに高い手取りを手に出来るかになります。
いくらバックが高いお店でも多くの引かれものがあるところだと稼げませんが、税金やボーナスが無いとなれば話は別です。
引かれものが少ないため稼げるだろうと、風俗嬢が殺到します。

引かれものについてよく考える

全て引くと手取りはいくらになるのか

電卓お店を選ぶ基準で重要なことは、引かれもの諸々を引いた時に手取りがいくらになるか、でしょう。
風俗嬢として、特に本番行為があるソープ嬢として働いている女性の理由の大半は、手っ取り早く大金を稼げるからです。
他の風俗では頑張っても1日で3万円近くしか稼げないところ、ソープだと5万円、人気嬢だと10万円以上も稼げます。

月収に換算すると最低でも30万円、平均で50万円、最高で100万円以上も稼げるのです。
このように稼げる仕事であるソープで、引かれものについてよく考える人は多いでしょう。
バックを基準にお店を選ぶ際に気をつけたいことは、引かれものを引いた手取りがいくらになるか。
悪質なお店だと雑費を高く設定し、バックからかなりの額を引く場合があります。

電話や面接で引かれものはいくらなのかをきちんと確かめておきましょう。
業界経験が浅い人や新人嬢は特に気をつけて下さい。
知識がないから何も分からないだろうと、必要以上に引かれている可能性があるからです。
心配な時は、同僚に引かれものはどれくらいなのかを確かめましょう。

バックの額に注意

バックがどれくらいの額なのかも確かめて下さい。
だいたいの人のお店選びの基準は、バックの高さになると思います。
なぜなら、バックが高ければ高いほど稼げる金額は大きいです。

バックがあまりにも高いお店は注意をして下さい。
雑費やボーナスといった引かれものの額がかなり大きい可能性があるからです。
ソープの一般的なバック率は6割となるので、8割近くもらえるお店は疑いましょう。

まとめ

ソープに限らず風俗店は何からしのお金を払わなければいけません。
何も払わなくていいというお店はないので、逆に支払いがない風俗店は疑って下さい。
引かれものがあるというお店はでも、かなり高い金額を引くような悪質なところもあるため注意が必要です。
雑費や税金がないお店で多い手は、あらかじめバック率を下げていること。

通常バックの6割と半分近くは風俗嬢の手取りとなりますが、雑費や税金が存在しないお店はバック率を4割近くまで下げて設定している可能性が高いです。
どっちみち引かれものを払っているのと同じ状態になるので、心への負担が減るかどうかしか変わりません。
毎回引かれものに対して暗い気持ちになるならばあらかじめ引かれている設定で、表向きは雑費などを無しとしているお店を、引かれものについて特に何も感じていないならば通常のソープ店を選びましょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です