ソープ嬢を引退しても出戻りする女性は多い?

理由も言わず突然辞めてしまったソープ嬢はいったいどこで何をしているのでしょうか。

どんな理由で辞めて、どんな生活をしているの?
引退したらどんな生活が待っているの?
そんな素朴な疑問を、主な引退理由4つを挙げて考えてみました。
中にはドラマチックな展開もあります。

引退するならあなたはどんな理由が良いですか?

いなくなった理由は?主な引退理由4つ

目標を達成したため

目標実は目標があり、そのためにかかる費用を稼いでいただけで、目標に達してすぐ辞めてしまったパターンです。
このパターンは案外多く、性格が真面目で短期間でさっさとやめてしまうソープ嬢がこれにあたります。
彼女たちの目標は「お店を出す」「会社を作る」「留学する」などの大きな目標が多く、そのためにかかる費用を稼いでいるので貯金がメインの生活をしています。
稼げるところがたまたま風俗業界であっただけで、生活スタイルが派手になることもなく、短期集中で稼いで効率よく辞めてしまうのです。

意識が常に目標金額と本来の目標にあるので、風俗に溺れることはまずありません。
出戻る気もないのでお客さんには打ち明けずに去る女の子も多くいます。
女子大学生のソープ嬢にも奨学金返済のために割り切って働いている子が少なくないようですね。

転職に成功したため

回転 矢印昼職に転職したため辞めてしまったパターンです。
ソープ嬢は身体が資本のお仕事ですが、年齢と共に体も変化し、30代ともなるとだんだんと悩みが増えていきます。
そうして稼げなくなる前に転職してしまうソープ嬢が多いようです。
20歳くらいからソープ店にずっと勤務していると、昼職の経験がないため転職が難しくなります。

なので国家資格や専門資格を取得して昼職に転職するという方法が一般的です。
資格の取得には年単位を要しますので、出勤前の時間を勉強に使っているのがこのパターンです。
時間とお金をかけて取る資格なので、この道に進むソープ嬢はそれなりに将来性のある資格を選択しています。
人気の資格は看護師や介護関係職です。

これらは将来性があり、日本で必要なくなることはまずありません。
また人を労わる仕事であり、ソープ嬢のお仕事とも通じるところがあります。
そして風俗業界にいた時よりも大きく生活の質を落とすことなく、そこそこ稼げる高給職であることも選ばれる理由のひとつです。
他にも、大変少数派ではありますが、高級ソープに来るような経営者のお客さんに誘われて転職してしまこともあるようです。

そのお客さんの秘書や受付嬢など、OLとして会社に勤務しています。
これも何がご縁となるか分かりません。
昼職を希望しているソープ嬢には立派なサクセスストーリーとなるでしょう。

彼バレしたため

彼氏や旦那さんにバレてしまったため、一時休業中となってしまったパターンです。
もっと稼ぎたかったけれども、彼氏との関係も変えたくないため、時期を見計らっているというソープ嬢もいます。
このようなソープ嬢は「もうちょっと稼ぎたかった」という思いがまだあるので、時期を見て出戻りを考えている場合も多くあります。
彼氏との関係によっては昼職に転職してしまっている場合もあります。

しかし急に正社員として本採用されるとは限らず、とりあえずアルバイトをしている事も多いようです。
また「ソープはダメだと言われたからキャバクラに移った」というように、性サービスがソフトなお店に移っていることもあるようです。
彼氏の心が寛大かどうかにもよるようですね。

実は結婚していた

結婚結婚をしてけじめをつけるために辞めてしまったというパターンです。
中には彼氏ではなくお客さんと結婚してしまったソープ嬢もいます。
まるでシンデレラのようですね。
幸せに暮らしているので特に出戻る気もなく、本人は辞めてすっきりしてしまっています。

お客さんに気に入られるほどの魅力的なソープ嬢だったわけですから、何も知らされていない他のお客さんはさぞ寂しいことでしょう。
しかし店員とお客さんという立場で割り切ってお仕事をしていても、何がきっかけで結婚するかなんて分からないものです。
きっと旦那さんとなった元お客さんも、そんなつもりでお店に来ていないはずです。
不思議なご縁ですね。

引退したら困ってしまうこんなこと

4つの主な引退理由をご紹介しましたが、中にはドラマチックな展開も少なからずあります。
しかしそうではない場合、ソープ嬢という特殊なお仕事である以上、辞めた後にソープ嬢だった時のクセが出てきてしまう女の子も多くいます。
中でも特に困ってしまうクセの一つ目が「金銭感覚」です。

ソープ嬢であれば、たとえ大衆店であっても昼職の給与の3倍以上を稼いでしまいます。
最初は手取りの多さに驚いていた新人でも、数か月もすれば慣れてしまい、当たり前の感覚になってしまいます。
すると生活に使うものはどんどんと高価なものへ移っていってしまいます。
洋服やアクセサリーはもちろん、食べ物や飲み物、モバイル端末や生活用品など様々です。

生活にしっかり入り込んでしまうので、これらを急に変える事に抵抗が出てきます。
いわゆる「生活のレベルを落とせない状態」となるのです。
生活の質が上がることは良いことですが、住むところをタワーマンションにしたり外食をレストランだけにしてしまうといざ転職した時になかなか元に戻せません。
引っ越しが必要となるとかえって無駄な費用にもなってしまいます。

しかしお金をかける事が当たり前となっているため、出費の額を見直さなければ元に戻りにくいでしょう。
二つ目の理由が「ホスト通い」です。
ソープ嬢時代に営業として通っていたホストに入れ込んでしまい、ホスト通いを辞められなくなってしまった場合です。
ホストで寂しさを紛らわせているようなソープ嬢はどっぷりと浸かりやすく、こちらも抜けるのはなかなか難しいでしょう。

このような一つ目の理由でも二つ目の理由でも、やってしまいがちなのが度重なる借金です。
どちらもお金がかかります。
そして生活の維持もしていかなくてはいけないため、とりあえず手軽に現金が手に入る借金を始め、返しきれなくなってしまうのです。
このような状況に陥ると借金を返しきれなくなるので結局ソープ嬢に出戻ってしまいます。

前に勤めていた時よりも借金がある分状況は苦しく、ソープ嬢としても余裕がないため体に負担がかかり大変な思いをしてしまいます。
ソープ嬢に戻ったとしても、家計簿をこつこつつけて、月の必要な額をきちんと把握するところから始めないと、また引退しても同じことになってしまうので注意が必要です。
そして三つ目の困ってしまう理由は、「引退してはみたものの昼職になかなか就けない現実」です。
ソープ嬢を長くやっている女の子には、昼職の職歴がありません。

経験がないと書類審査で落ちる事も多く、歳をとればとるほど大学新卒者のほうを選ぶ企業も多くあります。
何か資格などがあれば良いですが、資格を取るほど計画的であればこのような苦悩には直面することはありません。
急に辞めて次のアテがないという状況は、たとえ若くても難しいでしょう。
現実に負けて出戻りすることのないよう、目標を立てて頑張りたいところですね。

まとめ

主な引退理由や引退後の生活の困った点などを挙げて考えてみました。
ソープ嬢に限らず、風俗業界に勤める女の子にはそれなりの理由があると思います。
その中でもお金に関することが圧倒的に多いでしょう。

しかしお金を稼ぐためとしながらも、気が付いたらお金に振り回されていたのでは、本来の目的を見失ってしまっています。
お金に振り回されないために必要なのは、「少しでも良いから貯金をすること」「今までと金銭感覚をあまり変えないこと」そして「何でも良いので将来の目標を立ててソープ卒業の予定を立てる事」が大事だと感じます。
ソープで働けなくなる日まで何も考えていないということがないよう、少し夢見がちな目標でも良いので、目標達成を目指して過ごしてみましょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です