吉原と川崎のソープ違いはなんなのか?

多くのソープ嬢が行き来することのある地域、吉原と川崎はどのような違いがあるのでしょうか?

もちろん高級店や格安店などそれぞれに幅広くありますが、地域柄というものがあるのでしょうか?
また格安店や大衆店、高級店には地域に関わらずどんな基準があるのでしょうか?
あまり他の地域に動いたことがない女の子にはちょっと気になるところですよね。
そんな違いを探っていきたいと思います。

吉原と川崎のソープってどんなところが違うの?

質問吉原と川崎のソープの違いというと、多くの女の子が「吉原のほうが大衆的、川崎の方がお仕事系」というイメージがあるようですね。
これはどちらが良いとか悪いというものはありません。
具体的に言うと、例えば吉原はルックス重視で恋人のような素人接客が多く、敷居が低く感じるのでお客さんは行きやすい感じがあります。

対して川崎はテクニックや接客マナーがしっかりしており、いわゆるお仕事系で人によっては入りにくさを感じる事もあるようです。
この入りにくさというのはネットでどれだけアピールしているかにもよるのかもしれません。
例えばホームページにお金をかけて印象が良くなるように作っておくと、ネット集客が増えてきます。
ネットで受ける印象が良くなり敷居を感じさせなくなるため、ネット集客に直結しているのです。

比較すると吉原のほうが川崎よりもネット集客をしっかり行っているので、そのためこのような「敷居」というイメージにつながったのでしょう。
ネットから受ける印象は侮れないですね。
ネット集客を左右するもう一つの大きな要因は、女の子のビジュアルです。
これは当たり前のことなのですが、素人っぽさが出てる写真をわざと載せておくと敷居が低い印象となります。

川崎よりも吉原のほうがテクニックよりもビジュアル重視だという声が多く、どうやらこれも吉原の敷居の低さの一因となっているようです。
お客さんにとっては、川崎の高級店の上質な女の子よりも身近に感じられるのでしょう。
吉原は他にも、恋人接客を重視したり、会話を多くしていたりする傾向もあり、大人しい雰囲気のサラリーマンやオタク系のお客さんが多い傾向にあります。
もちろん高級店と格安店では違いはあります。

吉原はテクニック重視ではないため、風俗嬢が行うサービスなどプレイに多くを求めてくるお客さんは少ないようですね。
お店の女の子たちも気軽感があります。
しかし高級店やテクニック重視のお店で稼げずお店を移ってきている女の子も少なからずいます。
そういった女の子の一部が他の人との差別化を図ろうとハードサービスOKにしているところもあるようです。

何でもできるのは自分の売りにはなりますが、あまりに何でもしてしまうのは衛生面の心配もありますので、女の子の中でも反対派がいるようです。
川崎はどうかというと、テクニックを重視する傾向があります。
実際に接客も上手でマナーもしっかりしており、お客さんが雰囲気を味わっているのを壊さないような気遣いがみられます。
これはお店によっては高額のマナー講習費用をかけて勤める女の子たちを教育をしているからなのです。

Ok, Goodこれは素晴らしいですね。
接客業の原点をたたき込まれると、自然と感じの良い違和感のない接客になるので、お客さんも紳士的な人が増えてきます。
お店にとっても女の子もお客さんにも嬉しい効果です。
お客さんは女の子と接する中で「気を遣ってるなあ」と思っていても、それが嬉しいと感じます。

自分のために気を遣っている、自分だから気を遣っていると感じさせることこそが、川崎のテクニックなのかもしれませんね。
こういった半面、プレイのテクニックがないと常連客から女の子が叩かれてしまうケースもあるようです。
これはテクニック重視であればしょうがないことかもしれませんね。
特にいわゆるお仕事派の女の子が多い川崎では、お客さんから見れば「しっかり仕事するのが当たり前」なのでお仕事ができてないのは違和感を感じてしまうのです。

お仕事派というと「抜くだけ」「抜きメイン」と思っている人も多いですが、けっしてそうではなくプロ意識を高めて日々テクニックを磨いているといった意識の高い風俗嬢も確かにいます。
抜きだけなら会話しなくて良いというイメージは少ないのですね。
良いことばかりのようですが、お店によってはちょっと変わった迷惑外国人やモラハラをしてくるようなお客さんが多いこともあるようです。
これはどの地域のどんなお店でも迷惑客ですよね。

吉原はこういった迷惑客が比較的少ないのかもしれません。
どちらにしても紳士的ではないお客さんは嫌われること間違いないですね。

どちらにもある大衆店、高級店の違い

大衆店と高級店の雰囲気の違いは?

吉原は大衆的で素人系が多く、川崎は高級志向が強いイメージですが、では大衆店と高級店の違いは何なのでしょうか?
毎日様々な職業の人を見ているタクシーの運転手さんからは、「高級店に勤める女の子は明るい感じがする。でも格安店に勤めている女の子は荒んでいる感じ」などという声があるそうです。
これは地域を超えての話なのでしょう。

しかしもちろん全員がそうでないにしろ、お客さんが違うのだから女の子の雰囲気も違うのは当たり前に思えます。
メイク女の子の中にも「格安店はネイルとかメイクとか手抜きで良いから楽」という声もあるので、こういった身だしなみの手抜きに気付かれているのかもしれませんね。
お客さんの違いをもう少し掘り下げると、高級店に定期的に来ているお客さんはやはり富裕層と言えますよね。
成金ではない限り紳士的な人が多いのですが、それに比べて激安店や大衆店は「汚い客が多い」という風俗嬢の声が多いのが事実です。

安く抜くだけの雰囲気といったところでしょうか。
お客さんが極端に分かれるから勤めている女の子の雰囲気もそうなっていくのか?
女の子が何となく手抜きするからお客さんもそうなっていくのか?
意識の高い風俗嬢ももちろんいますので、どちらが先かと言えばお客さんの質によるような感じがします。

高級店のお客さんがさも良さそうな感じで書きましたが、けしてそうではないですよね。
高級店に頻繁に出入りしているお客さんの中にはプライドが高くて扱いづらい人もいます。
横柄な態度で来るお客さんもいます。
お金持ち=紳士では必ずしもないのです。

さらに高級店ならではの雰囲気の良さやサービスの質の良さを出さなければいけません。
どんなに態度が悪くても上質なサービスを笑顔で提供しなければいけないので、ストレスも溜まりますよね。
お客さんもこれに気付いていてさらに態度が悪くなるので、ここが高級店の難しいところではないでしょうか?
格安店や大衆店は料金のおトクさを感じさせることが重視されている一方、高級店は料金以上の特別感を感じさせないと不満が出てしまいます。

経済と連動してお店の志向も二極化しているようです。
お店を移った女の子から「大衆店や格安店は気が楽であまり構えなくて良い」という声が聞こえてくるのもこういったお客さんがいるためです。
ストレスを溜めながら質の良いサービスをするというのは心も体も壊れそうな感じがします。
そういうお店は一部かもしれませんが、当たってしまった女の子が辞めて大衆店に移るとホッとすることもあるようです。

このようないくつかの比較結果があるため、女の子も必ずしも高級店希望ではなく、大衆店や格安店にもそれなりに魅力はあるのですね。

大衆店と高級店の採用基準はどこが違う?

高級店の採用基準はどこが違うのでしょうか?
高級店はやはり採用基準が高いのでしょうか?

やはり高級店=採用基準が高く難しいというイメージは何となくあるかと思います。
やはり高級店と非高級店を比較すると、女の子のプロポーションが自由なのは非高級店です。
非高級店はお店の専門性がありますので、ぽっちゃりでもぽっちゃり専門店で働けますし、背が高ければお姉さん系のお店に行くことが出来ます。
お店の志向に合わなければ稼げなくなりますので、選び方さえ間違わなければOKです。

容姿を客観的に見て判断することが大事ですね。
非高級店では実は容姿だけではありません。
容姿よりもマナーがなっているか、人間として常識があるかが採用基準となっています。
やはり数十分しか一緒にいないお客さんであっても、マナーのなさに気付いてしまうのです。

どんなに顔がキレイでも常識のない態度を無意識にしている人間は接客されていて嬉しくありません。
ものすごくへりくだる必要もないので、あくまで普通の態度が出来るかどうかが採用基準となります。
では高級店では顔重視なの?
と思われてしまいますが、案外そうではないのです。

超高級店ではとても厳しい容姿基準がありますが、「超」ではない高級店であればキレイにメイクをして並みの容姿であればOKなのです。
女性 シルエット同じ様にプロポーションも並みでも大丈夫というところは意外と多いです。
ほっそり体型ならもちろんOKですが、ちょっとお肉のついた柔らかボディでもOKなところは多いです。
はっきりしたオデブはさすがにダメですが、健康体重以上でなければ良いところが多いのが意外なところですね。

胸の大きさも気になる点ですが、AカップでもBカップでも高級店で働くことができます。
確かに巨乳さんは人気がありますが、貧乳志向のお客さんも少なくないため採用されることが多いのです。
胸の大きさが気になるのであれば問題ないレベルでしょう。
体系に自信がなければ自分の売りをアピールするのがおすすめです。

そのためにも自分の良さを把握してしっかりアピールできるようにしましょう。
高級店は高級なことは一番の売りであり、お客さんが求めているものでもあります。
なので、お客さんへのタメ口や友だちのような態度は厳禁です。
あくまで接客業なので愛嬌があり性格の良い女性が採用になることは間違いありません。

高級店は高級というだけでコンセプトになっているので、他の特化した分野の幅は狭く、「20代限定」「人妻専門店」程度のコンセプトしかありません。
大前提が「高級店」となりますので、まず最初に人となりを見られることを覚えておきましょう。
高級店で採用されたということは「最低限の給与保障」のようなものです。
なぜなら高級店のバックは大衆店の3倍かそれ以上にもなるからです。

採用基準を満たしたということは「この子ならお客さんが取れる」と認定されたからなので、努力しながら感じ良く働いていればお給料は取れます。
お客さんが取れない風俗嬢は高級店だからではなく、大衆店でも同じなのです。
やはり雰囲気や態度、言葉遣いに問題があるとお店では考えます。
高級店は採用基準が低いことはありません。

しかし物凄く高いこともありません。
自分を生かせるのはどこかと考えた時に「高級店はきっとダメだろう」と思わずに視野に入れて考えてみても良いのではないでしょうか?

まとめ

吉原と川崎のソープの違いや高級店と大衆店の違いについて考えてみました。
どちらもそれなりに魅力的で、メリットもあればデメリットもあります。
またお店によっても違いがありますので、リサーチはしっかり行いましょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です