風俗で色恋ってメリット多い?相手にするの疲れない?

風俗では色恋営業でお客さんを呼んでいる女の子も意外と多いものです。
性的サービスを行う風俗店では、男性客は風俗嬢に恋愛っぽい雰囲気を求める傾向があるため、友達のノリよりも色恋は受けが良く、指名にもつながります。

しかし、やはり偽のキャラを作って営業しなければいけないので、疲れるし大変なこともあります。
色恋営業をすることのメリットやどうやったら疲れないで稼げるか、色恋を試す前にしっかりと考えておきましょう。

風俗の色恋営業は疲れる?

恋愛風俗での色恋営業は疲れることも多いものです。

お客さんが求めるからといって、簡単に始めてしまうと、色恋営業の大変さで仕事が辛くなることもあります。

キャラ作りで疲れることが多い

風俗の色恋営業では、指名をつなげたり、楽して稼ごうと思って始めることが多いものです。
しかし、自分で作ったキャラを長く続けることが辛くなってしまうこともあります。

偽物のキャラクターを設定して演じるものの、ウソで固めた自分で接客することは緊張もありますし、罪悪感を感じることもあります。
色恋営業では、肉体的に疲れることよりも、精神的に疲れることの方が多いのかも知れません。

お客さんの管理で疲れることが多い

色恋営業を続けるためには、自分のキャラ設定を継続したり、お客さんとの会話内容などを覚えておかなければいけません。

色恋営業をするということは、仮にも「恋人のように」振舞うことが必要です。
恋人と過ごしているように男性に感じてもらうためには、前に話した内容をすっかり忘れてしまうことや前回やった恋人っぽいキャラを出し忘れることなどはご法度です。
また、色恋をする風俗嬢の中には店外やプライベートでも連絡を取り合ったりすることもあります。
店での仕事も大変なのに、プライベートまで営業し続けなければいけないのは、とても疲れることです。

イチャイチャするのが疲れる

女性 シルエット風俗サービスでは性的行為やサービスの他に、雰囲気作りのためにイチャイチャしたりキスをしたりといったサービスを行うことがあります。
色恋営業では、イチャイチャや最初と別れのキス程度はほとんど必須となります。
あくまでも恋人として接するわけですから、イチャイチャは通常の営業よりも大切です。

しかし、本当は好きでもない男性と毎回イチャイチャをしなければいけないのは、精神的にも疲れることとなります。

過剰サービスを求められて疲れる

色恋営業は、風俗嬢が自分で楽をするためにやることが多いのですが、勘違いした男性客の方が無理難題を言ってきたり、本当の恋人のように店で認められていないサービスを求めることもあります。
風俗嬢側は、本当に好きなわけではないため、やりたくもないサービスはしたくありません。

しかし、相手は本当の恋愛だと勘違いしているため、そういう行為を求めるようになるのです。

風俗の色恋営業でいいことはある?

風俗の色恋営業は、疲れるしいろいろと大変な面もありそうですが、良いこともあるからこそ、多くの風俗嬢がやるのです。
また、上手に色恋営業できる風俗嬢は楽して快適に稼げるようになるかも知れません。

疲れる時はサービスの手を抜ける

風俗嬢が色恋をするのは、単なるサービスというだけでなく自分の仕事も楽になるからです。
色恋を仕掛けている男性であれば、甘えた声を出して泣きつくだけでサービスの手を抜けることがあります。
男性側も恋愛のような気持ちで接しているため、風俗嬢が甘えてきたら悪い気はせず、甘やかしてしまうのです。

プロとして接客をしている風俗嬢からしたら考えられないことですが、楽して稼ぎたいという子が色恋をするのはよくあることです。

定期的に指名がもらえる

風俗嬢が色恋営業をかんばるのは、定期的に指名をもらえる可能性が高くなるためです。
色恋営業をすることで男性から「あの子に会いたい」と熱望してもらえるようになり、指名を増やすことができます。

風俗嬢は指名料のバックも稼ぎになるため、本指名をとるための工夫が欠かせません。

暇な時に自由に呼べる

時計風俗店では、新人や体験入店の間だけはお給料が固定されたり、最低保証があったりします。
しかし、きちんと勤め始めたら、お客を呼べないと稼げなくなります。

定期的に固定客が来ないと暇な時間も増えますし、指名がもらえない女の子は太客につかせてもらえなくなる可能性もあります。
そのため、色恋の客をキープしておき、暇な時に自由に呼べるようにしておくのは便利です。
客の方も恋愛感情によって「助けてあげたい」と思うため、お気に入りの嬢から呼ばれたら駆けつけてあげたくなります。

色恋営業で気をつけることはある?

風俗店で色恋営業で稼ごうと思ったら、疲れるのを回避しながら上手に立ち回ることが必要です。
また、誰でも頑張れば色恋が出来るわけでもないため、自分のキャラ設定を間違わないようにしましょう。

ブスキャラがやるとキツイ

風俗嬢で色恋営業が成功するのは、その営業方法が自分に合っている子です。

ブスキャラや面白キャラ、本当のブスが色恋をやっても、痛い、キツイと思われるだけとなります。
当然、色恋営業に引っかかる男性客も少なく、色恋では指名を増やすことはできません。
ブスでも色恋をしたいなら、それなりの雰囲気を出す努力をしたり、ブスなりにメイクをしたりといった工夫をしましょう。
また、ブスキャラを生かして友達営業に徹するなどの方向転換も必要です。

客の求めることもたまには受け入れよう

色恋を成功させたいのであれば、たまには客の求めることにも答えてあげることが必要です。
客のわがままを全部聞くというのではなく、限られた時間、場所で小出しにサービスをしてあげれば良いでしょう。
店外は基本的には必要ないものですが、カフェで30分とか限定的なデートをすることで気持ちを惹きつけることもあります。

色恋から友達営業には戻りにくい

色恋営業は1度やってしまうと友達営業には戻りにくくなります。
「やっぱり普通のサービスで満足してもらおう」と思っても、客の方が嬢に対して恋愛の気持ちで接してきます。
そのため、色恋営業をする前に、自分がそういった営業方法に合っているか、後で疲れることはないかを十分に検討しましょう。

男性は基本的に、過去に付き合っていた女の子はずっと自分のことを好きでいてほしいと思うものです。
そのため、1度色恋をしてしまったら、途中で別の関係に切り替えるのは難しいでしょう。

プロとして接客しよう

色恋営業をすることは、精神的に疲れることだし面倒もありますが、上手くやればプラスになることもあります。

1度決めたなら、プロとして途中でめげたりボロを出さないように色恋をやりきりましょう。
もちろん、プロとして接客するのですから、満足して帰ってもらうことは当然として、客に本当の個人情報を明かしてストーカー化させることのないようにします。

まとめ

色恋営業を風俗で行うことは疲れることです。

キャラ作りや求めるサービスの提供、イチャイチャなどもしっかりと行う必要があるため、プロとしての意識も求められます。
友達営業はノリでできますが、客受けは色恋の方が良いので、指名を取って稼ぎたいのであれば疲れることはあっても多少の色恋は必要です。
ただし、自分が色恋キャラでない場合には逆に興ざめされるので、友達営業への切り替えも考えておきましょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です