ソープの面接中に風俗歴を聞かれたら隠すべき?

人それぞれ悩みや不安がありますが、特に気になるのが風俗歴は言ったほうが良いのかどうかと、ボディチェックの有無です。
今回はその2つの点に絞って解説をして行きます。
また、面接でよく聞かれる事もありますので、聞かれる質問を知り、予め対策をしておくことで面接も滞りなくスムーズに進むようになります。
これから面接を受ける方は参考にしてみて下さい。

ソープ嬢になるためには面接は欠かせない

面接何処の会社にも選考の中に面接があります。
また、それはソープ嬢も同じで、必ずと言っていいほど面接がありますし、ソープ嬢の場合は更にボディチェックが入ってくることも多いです。
筆記試験は通常ありませんが、面接に付いてはほぼ必須ですので、これからソープ嬢になりたいという方は、面接対策をしていくと良いです。

ソープの面接ではこんな事が聞かれる

そして、ソープ嬢の面接では以下のような事が聞かれやすいです。
・志望動機
・可能な出勤日数
・可能なプレイ内容
・刺青(タトゥー)や妊娠線の有無
・希望金額
・スリーサイズ
・経験
特に志望動機は最重要で、応募者がきちんとお店で働いてくれるかどうかの判断材料になります。
お店側も志望動機がしっかりしていない人は、長続きするか不安になったりしますので、面接に望む前にその部分はしっかり固めて行きましょう。
可能な出勤日数とプレイ内容も聞かれますので、その点も事前に確認しておくとスムーズです。

そして、問題となるのが刺青や妊娠線です。
刺青や妊娠線をNGにしてるソープ店もありますので、そのようなものがある場合は後からトラブルにならないように正確に伝えましょう。
嘘を言って後からバレたら大きな問題になりますし、ボディチェックをしているお店の場合は隠せません。
また、希望金額やスリーサイズ等も聞かれやすい項目となっていますので、聞かれた時に直ぐ答えられるようにしてから面接に望むと良いでしょう。

風俗歴(経験)は隠すべき?

質問最後に経験に付いてですが、それは時と場合により隠した方が良い時と悪い時があります。
例えば、お店が広告で「経験者大募集!」と書いているような場合、似たような風俗店で働いていた経験や、ソープ嬢として働いた経験やスキルは大きな武器となります。
何か経験があれば、お店がまさに求めている人材となりますので、積極的に言ったほうが採用率は上がってきます。

お店側も経験が居てくれれは、人材育成にかかる人件費も時間も減り、直ぐに即戦力として働いてもらってお金を稼ぐ事が出来るようになります。
経験がある方は、トークもうまくお客さんがリピーターになってくれるようなツボを知っている事も多く、それだけで未経験の他の応募者よりも注目されます。
ですので、お店側が明らかに経験者を求めているような時には、風俗経験を包み隠さずに言ったほうが良いのです。
経験がある方は、志望動機や自己PRも履歴書に書きやすくなりますし、面接で話す時にもそのことはを全面に押し出して話をすることも出来ます。

未経験の方が持っていない経験がある方は、それは良い長所となるので活用していきましょう。
ただ、隠したほうが良い時もあります。
ケースとしては、お店側に過剰に出来ると思われたくない場合や、風俗経験が人に言えるようにものでない場合、お店の人にそのことで何か言われたくない場合です。
最初に経験があると言ってしまえば、お店側も期待して採用OKを出してくれやすいですが、あまりにも期待されるとその反動として良い数字や指名がない場合は後ろ指をさされてしまい兼ねません。

過度な期待をされても、逆に仕事がやり辛くなってしまうこともあるので、期待されるのが嫌だという方は深く聞かれない限り黙っておくのも一つの手段です。
また、過去の風俗経験が苦いもので思い出したくない時にも、無理して話をしなくても良いですし、話したことがこれから働く予定のソープ店で噂になったりされると困る方も隠したほうが良かったりします。
面接をしてくれる人の口がかたい人なら、安心して話せますが、もし口が軽い人が面接官になっていた場合は、話したことが広まってしまうリスクも出てきます。
そこから男性スタッフの方に茶化されたりする事も往々にしてあるので、面接官をよく見て何処まで話すか判断していくことが大切です。

ボディチェックはあるの?

チェックリスト一般企業ならまずありえないボディチェックというものがソープ店ではあります。
格安や大衆ソープの中には、そのようなものが無い所も存在しますが、大抵は「タトゥー」「妊娠線」「アザ」「リストカット跡」など、申告に嘘が無いか確認したり、その程度を見るために行われます。
ソープの仕事は裸や半裸になって仕事を行い、お客さんにも見られますので、見られても良いような身体をしているか面接の中でチェックがされるのです。

また、ボディチェックはお店の中で実施され、全裸と下着の2種類があります。
全裸になるのは優良店や高級店など、ソープ嬢に求められる水準が高いお店では良く行われます。
見られる時間は数秒?
数分と短いものですが、全身をくまなく見られますので、全裸によるボディチェックがあるお店へ行く前には、色々と毛やお肌のお手入れなどをしておくと良いです。

特にアンダーヘアーが気になる方は、処理をしておくと安心です。
お店側は女の子の毛深さ等も見てきます。
そして、下着によるボディチェックが行われるお店に行く時は、下着やパンツにも気を使って行きましょう。
ヨレヨレの下着を着て行ったりすると、ボディチェックの段階でその点がマイナス評価に繋がってしまいます。

男性の面接官がボディチェックをする場合、自身がお客さんになった目線でボディチェックをしますので、下着に関しても気を使って行ったほうが良いのです。
ボディチェックが行われる業界なので、それがあることを想定して面接に向かって下さい。

ボディチェックは採用面接の時だけではない?

ちなみに、ボディチェックは採用面接の時だけ、一回だけ行われるとか限りません。

採用されて働くようになってからも、月に一回のペースでボディチェックが行われるソープ店もあります。
レベルの高いお店では、ボディチェックの他に体重やスリーサイズも逐一チェックして事も多いので、度々見られる事も覚悟して行かなければ行けません。
特殊な業界ですが、中には面接でボディチェックだけでなく本番講習もあったりします。
直前になって言われる事は少ないですが、急に必要になることもあることだけは頭の片隅にすれておくと良いです。

もし本当にボディチェックや本番講習をしたくないという方や心配な方は、面接の相談をする時に聞くようにしましょう。

まとめ

ソープ嬢になる前に必ず行われるのが面接です。
面接では様々な事を聞かれますので、その対策と準備をしておくと面接がスムーズに進みます。

また、ソープや風俗の経験については、時と場合により、話すのか話さないのか判断することが大切です。
そして、ソープ店の面接では通常、全裸もしくは半裸によるボディチェックが行われます。
面接に行く前に色々と身体のケアを行なって行きましょう。
お店によっては本番講習も有りますので注意です。

面接とボディチェックをクリアしたら、後は面接官の判断で合否の通知が来ますので、合格できるように祈りましょう!

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です