デリヘルの自宅派遣は注意!盗撮されるかも

デリヘルはホテルで待ち合わせするのが普通ですが、場合によっては自宅に派遣される場合もあります。
自宅派遣を許可しているデリヘルはいくつかありますが、やはり見知らぬお客さんの部屋に行くとなると少し怖いですよね。
万が一何かあった場合、逃げ出せたとしても怖い思いをしなければならないので、デリヘルで働いているけれどお客さんの自宅には行きたくない、という人がほとんどだと思います。
しかしながら、それでも自宅への派遣がサービスとして行われているのはそれだけ自宅デリヘルの需要があるからです。

自分の足でどこかに行きたくない、という人にとっては夢のようなサービスなわけですから、なくならないのも頷けますよね。
さて、お客さんの自宅に呼ばれた場合、リスクの1つとして挙げられるのが盗撮です。
いわば自宅はお客さんのフィールドなわけですから、わかりやすいものからわかりづらいものまで、どこにカメラが隠されているのかわかったものではありません。
ここでは、盗撮がなぜ悪いのか、ということと、盗撮されたときの対応について紹介していこうと思います。

本当に盗撮されることなんてあるの?その目的は?

カメラ 撮影実際に盗撮されることはありますし、被害もたくさん出ています。
「デリヘル 盗撮」で検索をすればいくらでも被害例が出てくるほど、メジャーな被害となっています。

それだけにお店も盗撮に対して罰金を設けたりしているようですが、なかなか無くなりません。
というのも、盗撮動画自体がネット公開され、それがPVを稼ぐことで広告料が入ったりするからです。
動画がそのままお金になるのです。
しかし、女の子のほうからするとたまったものではないですよね。

インターネットの海に顔が公開されるわけですし、それを見た人の中に知り合いがいないとも限りません。
そうでなくとも、会う人会う人に対して「もしかして、あの動画を見たかも……」と余計な疑念を抱かなければなくなります。
最悪、風俗の仕事をしている女という噂が広がってほしくないところに広がる可能性さえあります。
このように、デリヘルの盗撮を営利目的でしている人も少なくなく、場合によっては儲けるためにデリヘルを呼ぶ、盗撮の常習犯もいるようです。

そんな人は一握りだから、と安心してはいけません。
インターネット上に公開しなくとも、今現在は誰でも簡単に撮影が出来る時勢です。
例えばスマートフォンなど、動画媒体に残そうと思えばいくらでも残すことができます。
自分の動画がいつまでも見知らぬ人のところに残り続けるなんて、正直嫌に思う人が多いのではないでしょうか。

盗撮を防ぐためにはどうしたらいいの?

盾自宅での完全な盗撮を防ぐことはかなり難しいことです。
今現在ですと、盗撮用のカメラを浮気調査や探偵の仕事として、普通に購入できてしまうからです。
巧妙なものの中にはネクタイの端につけられるものや、ペンにしか見えない超小型カメラ、他にもマジックミラー越しに撮影できるものなど、自宅であればいくらでも仕掛けられるものばかりになっています。

自宅に派遣された際、まさか家探しをしてからプレイをはじめるわけにもいきませんし、お客さんにも失礼ですよね。
次の指名を取ることが稼ぎになる関係上、できるだけお客さんに不快な思いはさせたくないはずです。
なので、最低限できる対抗策として、部屋を暗くするというものがあります。
恥ずかしいから消して」などといえば自然ですし、お客さんのほうも不快に思う人はいないでしょう。

暗闇の中でなら最悪ネット公開されても顔はわかりづらいでしょうし、爆発的に広がるということはないはずです。
しかしながら、中には暗闇でも盗撮できるカメラを使っている、用意周到な場合もあります。
その場合は、お客さんの立ち振る舞いで盗撮を見破るしかありません。
例えば、絶対に電気を消したがらない場合や、やたらに細かく立ち位置、座る位置に文句をつけてくるお客さんはかなり怪しいかもしれません。

もちろんそういった細かい注文のあるお客さん全員が全員盗撮犯というわけではないのですが、何かおかしいなとおもったら、少し部屋を見て回るのもいいかもしれません。
また、お客さんの目線がある一点に泳いでいる場合も注意が必要です。
その場所にはもしかしたら盗撮カメラがあるかもしれません。
先ほど述べたように、盗撮カメラは昨今で小型化、軽量化が進んでいるため、一見すると全くわからないぐらいには自然に隠されています。

もちろん赤く光ったりはしませんし、よく見るとレンズがある、程度の見分け方しかありません。
このように、自宅デリヘルでのカメラはかなり対策方法が限られているのです。

盗撮を発見したらどうすればいいの?

虫眼鏡万が一盗撮を発見した場合は、お店によって対応が異なる場合が多いと思います。

というのも、お店によっては完全にマニュアルが作られている場合もあるからです。
ほとんどの場合は、盗撮を発見したその場で警察に通報するのがベストだと思います。
同意のない撮影は違法ですし、しっかり刑罰にもなります。
巡査長が盗撮で通報され、処罰されたというニュースもあるくらいです。

したたかな人は示談金をふんだくってやろうと思うかもしれませんが、それは危険です。
なぜなら、自宅にいるのはお客さんと女性のみ。
盗撮がバレてしまったお客さんは、まさに窮鼠。
追い詰められた鼠以上に、追い詰められた人間は何をするかわかりません。

最悪の場合、客の逆切れで被害を被ってしまうこともあると思います。
インターネットで少し検索すれば、自宅デリヘルがあるがゆえに店員の監視がいき届かず、殺害されてしまった、というニュースもたくさん出てくるのではないでしょうか。
盗撮がばれた客が同じことをするとは限りませんが、最悪の想定をすると、自分ひとりで示談金の交渉をするのは避けたいところです。
お店に盗撮が発覚したときのマニュアルがあるのであれば、それに従ってお店の人に電話をし、もし特にマニュアルが定められていないのであれば離れたところで警察を呼びましょう。

自宅だけじゃない?盗撮の危険性について

盗撮の危険性があるのは、何も自宅だけではありません。
インターネットで公開されている動画の中には、ホテルでの盗撮から、なんとソープの盗撮まであったりします。

さすがにお店での盗撮をしかける客はほとんどいないと思いますが、ホテルでの盗撮はそれほど珍しいことではないようです。
というのも、デリヘルでホテルを利用するとなると、男性客があらかじめホテルで待っていることが多くなるからです。
そうなると、女の子が来るまでの待機時間、男性はホテルに1人。
つまり、カメラをしかける時間があるということです。

5分もあれば、部屋にカメラをしかけることくらいわけありません。
ちょっと工夫すれば、死角にカメラを置くことも可能でしょう。
自宅の部屋ほど巧妙に隠すのは難しいかもしれませんが、それでも先に男性が待っている以上、盗撮の危険性はあるのです。
もし、どうしても盗撮のリスクを踏みたくない、という人は、客と一緒にホテルに入る形のデリヘルを利用しましょう。

そうすれば、お客さんが盗撮カメラをしかける余裕はないでしょうし、その危険性も大幅に減ってきます。
盗撮されたからといって何か損があるわけではない、というのが盗撮犯の言い訳かもしれませんが、勝手に撮影されるという行為は、立派なプライバシー権の侵害です。
万が一ネットに公開されてしまうと実害は避けられなくなるでしょうし、しっかりとそのリスクを意識して働きたいところですね。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です