デリヘルの事務所は大体似たり寄ったり!

一口に「デリヘル」といっても、ポータルサイトや求人サイト等を見れば分かるように、物凄い数となっています。
そのため、それぞれ違った個性・特徴を持っています。
例えば事務所もその一つです。
どのようなタイプの事務所なのかもまた、デリヘルによって異なるものですが、どのようなタイプがあるのか、いくつかご紹介するとしましょう。

マンション型の事務所

マンションおそらくこれが最も多いでしょうか。
文字通り、マンションの一室がデリヘルの事務所となっているのです。
デリヘルは派遣というシステムです。

店舗で営業している風俗の場合、お店にプレイルームまで完備しておかなければなりませんが、デリヘルの場合は事務所さえあれば良いのです。
マンションタイプの場合、まさに家そのものです。
リビングルーム、ダイニングルームにデスクや電話が用意されており、そこにパソコンが数台。
そこでお客さんの注文状況やお客さんの出勤状況を確認しているのです。

いわゆる個室には女の子の待機所です。
広い部屋の場合もあれば、狭い部屋の場合もあるでしょう。
また、一室のケースもあれば、それなりに部屋数が多ければ待機している女の子の数次第では個室状態になることもあるでしょう。
また、冬場であれば毛布を用意してくれるなど、まさに「家」といった雰囲気となっています。

マンション型事務所のメリットとしては、事務所に出勤すると言っても基本的には家なので、もしもですが出勤途中の姿を見られたり、建物に入っていく姿を見られたとしてもまさか「風俗で働いている」と見破られるようなことはないでしょう。
面接の場所でもありますので、面接の際に自分がどこに待機するのかも説明してもらえるでしょう。
他の女の子のお仕事の状況も何となく見れるのもメリットかもしれません。
人気嬢がどれくらい指名されているのか、何となく肌で感じることが出来ますので、自分も頑張ろうという気持ちになるでしょう。

これは逆のパターンも考えられます。
あまりにも自分の状況と違うので、嫉妬どころかやる気をなくしてしまうパターンですね。
デメリットとしてはスタッフと同じ所にいますので、見なくて良い部分まで見えてしまうところでしょうか。
特に待機所環境次第では、事務所のスタッフと常に顔を合わせていなければならない状況も考えられます。

オフィス型の事務所

オフィスこのタイプは、事務所というよりもまるでオフィスのような雰囲気となっているのです。
そこにはスタッフが常駐し、デスクを展開してパソコンや電話でお客さんや女の子の出勤管理を行ったり、中にはホームページの運営も行っていたりします。
オフィス型の場合、スタッフが働いているフロアと待機所を別にしていますので、スタッフと顔を合わせなくても良いというメリットがあります。

マンション型の場合、基本的に同じ家にいますので、スタッフの目が光っています。
そのため、いくら待機中ではあっても出来ることと出来ないことがあるでしょう。
その点、オフィス型であればスタッフとは顔を合わせませんので、それこそ寝ていても別にバレなければ何も問題ないでしょう。
但し、事務所そのものはとっても綺麗なものの、待機所は汚いというパターンも考えられます。

面接の際に訪れた事務所がとっても綺麗だったので、これなら期待出来るだろうと思っていたら待機所は狭いアパート…といったケースもあります。
しかも面接の際、「待っている間はこことは別の待機所で待っていてもらいます」とは説明されるものの、待機所までは案内してもらえないため、出勤して初めて待機所を見て絶句するというパターンも十分に考えられるでしょう。
女の子をランクによって分けているケースもあります。
人気嬢の場合は良い待機所。

そうじゃない子は普通の待機所。
これにより、女の子の競争意識をあおっている所もあるでしょう。
待機所がなく自宅待機というケースもあります。

事務所が…無い?

事務所がないパターンもあります。
そもそも繰り返しになりますがデリヘルは店舗のように、プレイルームまで用意しておく必要がありません。
ましてや今の時代、インターネットさえあれば「会社」「事務所」という形式を用意する必要もなくなりつつあります。
インターネットに接続されているパソコン一台さえあれば業務をこなせる業種もあるのではないでしょうか。

デリヘルも然りです。
むしろデリヘルはパソコンはおろか、スマートフォンやタブレットさえあれば十分でしょう。
つまり、事務所を用意する必要性さえ希薄なのです。
とはいえ、事業者として登録するためには住所の届け出が必須になります。

ではこの話はどのような意味なのか。
事務所としての届け出は自宅なものの、とても狭いので、車を実質的に「事務所」として活用。
それこそ先にもお話したように、インターネット環境と電話さえあればデリヘルは業務をこなせます。
さらには女の子は自宅待機。

お客からの要請が入れば車で迎えに行き、女の子を拾ってお客の元まで届けるのです。
この場合、面接場所が喫茶店やファミレスなど、事務所ではないケースが多いです。

タイプによって変わることはあるのか?

質問このように、デリヘルの事務所にも様々なタイプがあるのだと分かっていただけたかと思いますが、ズバリ、事務所のタイプが違うことによって何が変わるのか。

この点は、はっきり言って「あまり影響ない」としか言えません。
各々の好みの問題もあるでしょう。
マンション型の事務所の方がオフィス型の事務所のデリヘルよりも偉いということもありませんし、移動タイプだからといって人気嬢がいればかなりの売り上げの所もあります。
事務所を構えているからと言って、必ずしもデリヘル店としてのステータスに直結するわけではないのです。

但し、やはり一般的に考えるとしっかりとした事務所を構えている方が信頼性は高まるでしょう。
デリヘルもビジネスです。

冒頭でもお話したように、デリヘル業者の数は雨後の筍のごとく増えています。
一方で、国内では少子高齢化かが進んでいます。

この二つが何を意味しているのかといえば、デリヘル業界の争いもまた、熾烈なものになっていると言うことです。
利用者全体のパイが減っているものの、デリヘルの数そのものは増えているのです。
つまりはデリヘル業界も争いが激しくなっていますので、コストカット等を行い、一人でも多くのお客を獲得するために効率化を考えているのです。
どのような形がベストなのかは、お店の規模によっても異なりますので、事務所の豪華さと経営効率は必ずしも比例しているとは言い切れませんが、待機所を見ればそのデリヘル店が女の子とをどれだけ真剣に考えているのかは分かるでしょう。

先に話したような、待機所がやたらと汚い場合、女の子のことをあまり考えていないデリヘルになりますが、待機所が綺麗であれば女の子のこともある程度は考えてくれていると言うことです。

まとめ

デリヘルの事務所のタイプが様々だというお話をしました。
どのようなタイプであれ、直接収入には影響しないのではないかと思うかもしれませんが、そこから自分自身の労働環境が見えてくるのも事実です。

働くのであれば高収入はもちろんですが、自分自身が納得出来る所で働きたいのではないでしょうか。
事務所や待機所は、そのデリヘル業者の姿勢が垣間見える部分ですので、面接の際はこちらもチェックしておくと良いでしょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です