風俗の激安店で働く長所と短所を知っておこう!

風俗店はお客さんの支払うサービス料金に応じてランク分けされており、その中でも最も低いランクに位置するのが激安店です。
激安店では料金が安いために女性の手取りとなるバックも低く働くメリットがないと思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。
激安店にはデメリットがあるものの、高級店や大衆店にはないメリットもあるのです。

ここでは、激安店で働く場合のメリットとデメリットについて、紹介したいと思います。

激安店で働くメリット

Ok, Good激安店には他の風俗店にはないメリットがあります。
最大のメリットは採用基準が緩くて誰でも所属しやすい事です。
また、料金が安いので客入りが良いお店が多く、お茶を引いて暇する危険性も少なくなっています。

さらに、雑費等の諸経費も少額なので、一般的なイメージと異なり激安店の中には稼げるお店も多くなっているのです。

採用基準が緩く、幅広い女性が所属できる

風俗の世界で働こうとする際、問題となるのが女性の年齢と容姿です。
若くて美しい女性であれば高級店に所属することができますが、中年を過ぎてくると多くの女性が採用されず、風俗で働くのが難しくなってきます。
そんな標準的な風俗店で採用されるのが難しい女性でも激安店であれば大丈夫です。

40歳を超えた女性であっても所属できるのが激安店の大きな特徴なのです。
また、容姿についても高いレベルは求められません。
太っていても大丈夫で、容姿、ルックスが平均以下のレベルであっても問題とされない場合が多くなっています。
容姿レベルがよほど低くない限り問題視されないのが激安店の大きなメリットで、どうしても風俗で働きたい女性の限られた選択肢となっているのです。

客入りが多く、お茶を引く危険性が少ない

激安店は文字通り、サービス料金が激安な風俗店です。
風俗店の客入りはサービス料金の水準に反比例する関係にあり、高級店の客入りは少なく、格安店は多い傾向にあります。
そこで、業界最安値の激安店であれば、最も客入りに恵まれたお店ということになります。
出来高制の風俗では、出勤してもお客さんが取れなければ1円の稼ぎにもなりません。

客を待ち続けてお茶を引いているだけでは稼げないのでお店の客入りは重要です。
ここで、激安店であれば多くの客入りに恵まれるので、お茶を引く可能性が少なく、確実に稼いでいけるようになります。
女性の中には、激安店の客入りの良さに着目し、あえて選択する人もいるくらいなのです。
普通の容姿レベルの女性が料金の安い激安店に所属すれば、多くのお客に恵まれます。

当然、指名も多く取れるようになるので、短期間に集中して稼げるようになるのです。
一般的に激安店は稼げないように思われがちですが、数さえこなせばしっかり稼げるので、そこも大きなメリットとなっています。

雑費等の諸経費が少ない

Coin風俗で働く場合、手取りの元となるバックに着目しがちですが、馬鹿にできないのが雑費等の諸経費の問題です。
高級店などランクの高いお店では、仕事本数に応じて雑費が請求されるのが普通で1本につき5000円もの雑費が請求されるお店も珍しくありません。

しかし、激安店では多額な場合でも1本1000円程度に抑えられ、雑費が全くないというお店すらあります。
また、一般の風俗店では雑費の他にもお茶代や税金、スタッフへのボーナスといった名目で、様々な諸経費が女性に請求されますが、激安店ではそのようなこともありません。
たしかに、激安店ではサービス料が安いので女性のバックは低くなっています。
また、バック率も高級店のように60%と高くなく、50%程度に抑えられています。

ただ、雑費など諸経費がほとんど請求されないので、バックから差し引かれる金額が少額で済みます。
この引かれ物が少ないという点も、激安店で働く大きなメリットとなっているのです。

激安店のデメリット

激安店はサービス料金の安さが売りのお店です。
利用客の中心が低所得者層になってしまうので、品の良いお客さんと出会える機会がありません。

また、バックも低く設定されているため、トータルで稼ぐためには仕事本数をこなす必要が生じます。
さらに、お店の資金力の問題から、待遇や施設が充実していないという問題もあります。

客層が悪い傾向にある

激安店はサービス料金が最安値なお店です。
通常の風俗店を利用できない低所得者層の男性がお客さんのメインとなるので、残念ながら客層が悪い傾向にあります。

もちろん、通常の風俗店と同様に女性キャストに対して暴力を振るったり、許されないプレイを要求したりするお客さんについてはスタッフに伝えて出入り禁止にしてもらえます。
ただ、暴言を吐いたり、悪態をついたりするお客さんが少数ながらも含まれているので、働く際には一定の覚悟が求められます。
上品な富裕層は激安店を利用しないため、素敵なお客さんと出会える可能性は少なくなっているのです。

仕事1本あたりの単価が低い

お金サービス料金が低い激安店では女性の手取りとなるバックも低く設定されています。

そして、バックが低いだけではなく、指名料も低額です。
風俗で指名料はその全額が女性の手取りとなるのが普通なので、指名が取れる女性にとって指名料は重要です。
しかし、激安店での指名料は1本あたり1000円から2000円程度なので、それだけでは大きな稼ぎに繋がりません。
バックと指名料が高額な高級店や中級店であれば、1,2本の仕事をとるだけで十分な稼ぎにつながりますが、バックの低い激安店では限られた本数だけでは稼ぎづらくなっているのです。

多くの仕事本数をこなす必要が生じる

バックと指名料が低い激安店で稼いでいくためには本数をこなす必要があります。
そして、本数をこなすためには長時間、出勤しなければならなくなります。
さらに、激安店ではショートコースが中心です。
オプションも充実しておらず、お客さんの多くが1時間未満のショートコースを選択します。

通常の風俗店であれば1日の出勤で3,4人のお客さんを相手にすれば十分なところを、激安店では1日の出勤で7,8人近くを相手にしなければならない場合もあるのです。
長時間出勤してたくさんのお客さんを取らないと稼いでいけないので、激安店では楽することができません。
質より量で稼がなければならず、肉体的、精神的な負担は大きくなりがちなのです。

施設や福利厚生が充実していない

激安店は、全国展開している大手風俗チェーン店や、100人以上の在籍女性を抱える大型店と比べると、どうしても資金力の面で劣ります。

その結果、店舗の老朽化が進行していたり、設備が充実していないケースがあるのです。
ソープやヘルスの激安店では、狭い個室で接客しなければならず、個室待機時にもリラックスできないのでストレスを抱えてしまいがちになります。
デリヘルでは、送迎用の車両や待合室のグレードが低くてモチベーションの低下に繋がります。
さらに、標準的な風俗店の多くでは、居住用の寮としてワンルームマンションを用意していますが、激安店だと店舗内での宿泊を許可することで寮代わりにするなど、女性への待遇に差が生じてしまいます。

激安店は資金力のあるお店に比べ、どうしても設備面や女性に対する待遇で見劣りしてしまうのです。

まとめ

激安店は、サービス料金の低さを売りにする風俗店です。
サービス料金が安いので女性に高いスペックが求められず、40歳を超えた女性や容姿レベルが平均以下の女性であっても所属できます。
また、客入りが良いのが激安店の特徴で、お客が取りやすい環境となっています。

ただ、激安店ではバックや指名料が低いので、稼ぐためにはたくさんの仕事本数をこなす必要が生じます。
さらに、ショートコースが中心なので、1日の出勤で多くのお客さんを相手にしなければならず、身体的、精神的な負担が大きくなりがちです。
さらに、資金力の問題から施設面が充実していない場合が多く、女性にとって必ずしも働きやすい風俗店とは言えない可能性もあります。
しかし、激安店であれば、他店で採用されない女性でも風俗で稼いでいけるという大きなメリットを享受できるのです。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です