セクハラ講習をする風俗店の特徴や対策方法

風俗の世界で働こうと思った場合、働く風俗店によってサービスの内容や仕方が様々なので、お客さんを実際に接客する前に講習を受けます。
講習の方法はいろいろありますが、風俗店によっては「セクハラ講習」と呼ばれる悪質な講習を行っているお店が存在します。
風俗で働いた経験があり、お店を変わるという場合は、あまり心配はいりませんが、風俗のお仕事が全く初めての風俗未経験の女性は、講習をうける前に注意が必要です。

今回は、セクハラ講習をする風俗店の手口と、どうすれば引っかからずに安全に風俗でのお仕事をすることが
出来るかをお話しします。

俗で行われる講習とは?

質問風俗の講習には、大きく分けて3つの方法があります。

・実際に裸になり、実技でサービスの流れを教えてもらう
・マニュアルを見ながら口頭で説明をうける
・DVDを見て覚える
です。

実際に裸になって行う実技講習は恥ずかしくて抵抗がある人が多いですが、風俗のなかでもソープで働く場合はマットプレイなど独特のサービスがあり、ローションやマットの使い方など教えてもらわないと仕方がわからない事があるので、実技講習を行っているお店が多いです。
反対に、手コキなどソフトサービス中心のオナクラなどは、マニュアル講習やDVD講習が増えてきているようです。
講習内容は、初めて風俗で働く女性の場合は、お客さんからのクレームが出ないように、あいさつの仕方から、キス、服の脱がせ方やコースの説明、サービスの仕方など、基本的な内容を教えてもらいます。
風俗に経験のある女性にも、お店のサービスの質をあげる為に講習されるお店は多いです。

セクハラ講習とは?

では、セクハラ講習とは、いったいどういった講習の事をいうのでしょうか?
一般企業でのセクハラのイメージは、上司からボディータッチされる事や、胸やお尻の話題をされるなど、快く思わない言葉や行動を指してセクハラといいます。
しかし風俗の場合は、胸やお尻を触られるのは仕事ですよね。

セクハラなどと言っていたら、お仕事になりません。
風俗でいうセクハラ講習とは、最初の講習の時に指導と言いながら本番行為をしようとする講習の事を指して言います。
働きたい風俗店に面接に行き、採用になった場合、まずお仕事を覚える為に、お店のオーナーや店長、もしくはスタッフがサービスの流れを教える指導役になり講習をします。
指導される内容は、サービスの流れ、使う備品の説明、道具の使い方などです。

サービスの流れといっても、実際に細かく実践するのではなく、だいたいの流れを教えてもらうだけです。
しかし、講習という名目で、男性の好きなプレイを強要されたり、本番行為までしようとするお店があります。
こうなると、ただ立場を利用して男性が自分の性欲を満たす為の行為の「セクハラ講習」と呼ばれる悪質な行為です。
セクハラ講習は別名、「趣味講習」や「本番講習」とも言われています。

ソープ以外は、本番行為を禁止されているので、講習で本番行為が行われそうになった場合は間違いなく悪質な風俗店なので要注意です。

クハラ講習の手口

女性 絶望セクハラ講習のターゲットにされるのは、風俗未経験の女性です。
デリヘルなど、ほとんどの風俗では本番行為は禁止だとは知らないのをいいことに、「本番をすれば指名が稼げるから」や「ほとんどの風俗嬢はお客さんと本番行為をしている」などと言って本番講習をしようとします。

あたかも風俗の世界では本番行為は当たり前かのように言って騙そうとします。
風俗での経験が未経験だと、「講習で本番行為は必要なんだ」や、「ここで断ったら面接で落ちる」などと思って、嫌な思いのまま、泣き寝入りしてしまう女性も多いようです。
風俗が未経験女性には判断が難しいかもしれませんが、デリヘルやイメクラなどの風俗店での本番行為は犯罪行為ですので、ホームページなどに書かれている基本プレイ以外のサービスの講習は、受けないようにしましょう。
無理やりに本番行為をされた場合は、警察に相談する事も考えるべきです。

セクハラ講習をする風俗店は、お客さんとの本番も黙認している場合があります。
女性にお客さんと本番をさせて、本番が出来る噂の店として稼ごうという考えを持っている風俗店も実在しています。
セクハラ講習をする風俗店は、経営面全般にいいかげんな上に、お給料面も信用できないので、即、断って退店しましょう。

クハラ講習の対策法

セクハラ講習にあわないようにするには、まず、働きたいと思った風俗店に面接に行く前にホームページなどチェックすることをおすすめします。
サービス内容やオプション内容、お給料面、在籍している女性の情報など出来るだけ詳しく書いてある風俗店の方が、信用できます。
ホームページを作成していない風俗店の場合は情報がわからないので、風俗が未経験の場合はホームページがしっかりと作られているお店を選びましょう。
ネットで風俗店の名前を検索すると、口コミ情報で実際に働いた女性による悪評やセクハラ講習の情報やうわさが流れている事があります。

ネット情報は、すべてが真実とは限りませんが、火のない所に煙は立たぬと言いますから、少しでもセクハラ講習の噂のある風俗店も避けておきましょう。
最近は、わざわざ求人情報に「セクハラ講習なし」とはっきりと書いてある風俗店もあります。
又、「女性スタッフが指導」や「専門講師による指導」などと記載されている求人から選ぶのも1つの見つけ方です。
高級店に比べて、格安店の方がセクハラ講習を行っている店舗が多いようです。

格安店の中でも、大手のチェーン店の格安店ではなく、小さな規模の格安店の面接を受ける場合は講習内容を前もって電話でしっかり確認しておくようにしましょう。
店舗型のソープやヘルスに比べて無店舗型のデリヘルの方がセクハラ講習を行っている店舗が多いようです。
新規参入しやすいデリヘルは店舗型の風俗店より、店舗数も多く、全国にチェーン展開している会社から個人経営の小規模のデリヘル店まであります。
風俗未経験の場合は、出来るだけ全国展開しているようなチェーン店など、規模の大きな会社の方がマニュアルもしっかりしているので、おすすめです。

注意 マーク小規模の風俗店は、決まり事もなく、入店してきた女性への講習内容も担当者によって違いがあるなど、セクハラ講習の可能性も高くなります。
しっかりとした信用できる風俗店では、本入店の前に、まず体験入店をすすめられる事が多いです。
体験入店とは、実際にお店に行き、お店の雰囲気や仕事内容を確認することが出来るので、おすすめです。
実際に働いてみて、「大丈夫、続けていけそうだな」と思ってから入店を決めることが出来るので、どこにしようか迷っている場合にも、何店か体験入店してから最終的に自分に合ったお店を決めることが出来ます。

まとめ

これから風俗嬢として働こうとしている女性に、注意して頂きたいセクハラ講習についてまとめてみました。
女性スタッフの事を大切にしてくれる風俗店では、セクハラ講習をすることはありません。
もし、セクハラ講習をされそうになった時は、言いなりにならず、きちんと意思表示して断り、働くのをやめておきましょう。

一般社会でセクハラが問題になってきてから、風俗業界でも男性が女性に講習をすることがセクハラという考え方が広まってきているようです。
風俗店側も女性とのトラブルが起きない様に、実技講習ではなくDVD講習が主流になってきています。
実技講習が必要とされるソープ業界でも、風俗経験者のベテラン女性を指導役にされているお店がどんどん増えてきています。

ネットや求人情報をうまく利用して、安心で安全な環境で仕事が出来る風俗店を慎重に選びましょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です