ファッションヘルスの詳しい業務内容と給与の目安を紹介

店舗型風俗店と言えばソープが有名ですが、ソープに負けず劣らず稼げるお店がファッションヘルスです。
ファッションヘルスはソープとは異なり本番が必要ないのが大きな特徴で、安全な環境で働けるというメリットがあります。
ここでは、そんなファッションヘルスの仕事内容を説明し、所属することによるメリットや、受け取れる給料の目安について紹介したいと思います。

ファッションヘルスの仕事内容

ファッションヘルスは店舗型風俗店で、個室で接客する形態のお店です。
お客さんの身体を洗うところからプレイは始まり、最後は素股や手コキで男性を最後まで導きます。
本番行為が不要でスタッフが側にいるため、女性にとって安全で働きやすい環境となっています。

ファッションヘルスの特徴

石鹸ファッションヘルスは店舗型風俗店です。

店舗型風俗店にはソープがありますが、ソープと異なりファッションヘルスでは本番行為が禁止されているのが大きな特徴です。
ファッションヘルスは単にヘルスと呼ばれることもあり、派遣型のデリヘルと区別するために箱ヘルと呼ばれる場合もあります。
また、ファッションヘルスの中で、マットプレイに力を入れているお店についてはマットヘルスと呼ばれています。
ファッションヘルスも他の風俗店と同様に、お店のグレードによって高級店から格安店まで分かれていますが、ソープやデリヘルほど店舗間の格差が激しくなく、多くのお店が大衆店となっています。

仕事内容の詳細

ファッションヘルスは店舗型のお店なので、店内でお客さんを出迎え、個室に案内するところからサービスが始まります。
ソープとは異なり個室内に浴槽が設置されていない場合もあり、最初にシャワールームでお客さんの身体を洗います。
キスや全身リップから具体的なプレイが開始され、手コキやフェラへとサービスが展開されていきます。
そして、マットあるいはベッドに移動し、素股でお客さんを最後にまで導きます。

この一連の流れが、ファッションヘルスにおける代表的な仕事内容です。
プレイ時間は30分から1時間程度が中心で、ソープに比べると接客時間は短めです。
お店の回転率を高め、多くのお客さんをとって稼いでゆくスタイルとなっています。
また、店舗型のお店なので、お客さんが来店するまで女性は待機する必要がありますが、個室待機できるお店と、待機室で複数の女性が一緒に待つスタイルのお店に分かれています。

本番がないので安心して働ける

Ok, Goodファッションヘルスでは本番行為がありません。
この本番がないのがソープとは異なる最大のポイントです。
性病に感染するリスクを低く抑えられるので、身体を守りたい女性にとっておすすめできます。
また、店舗型のファッションヘルスでは個室に電話や連絡ボタンが設置されています。

悪質なお客さんに出くわし、本番強要されそうになった場合にはスタッフに連絡することで助けてもらえるのです。
このスタッフが駆けつけてくれるところは、派遣型のデリヘルやホテヘルにはないメリットです。
ファッションヘルスであれば、性病に感染したり、本番強要されたりするリスクを低く抑えられるので、安心して働けるようになっているのです。

給料の目安

風俗で働く場合、仕事内容と共に気になるのが手取りとなるバックの水準です。

ファッションヘルスでは、1本あたりのバックが6千円から1万円程度とされており、それに指名料やオプション料が追加されます。
多くの女性が、日給に換算して3万円から5万円程度、月収では40万〜50万円ほど稼いでいます。
ソープ嬢に比べれば低い水準であるものの、ゆっくりしたペースで堅実に稼いでいる女性が多くなっています。

日給換算で3万〜5万円ほど稼げる

風俗では、女性の手にするバック水準はサービス内容に比例します。

ファッションヘルスはソープに次ぐ濃厚なサービスが受けられるお店なので、バックもソープの次に高い水準に設定されています。
風俗全体から見ると、ファッションヘルスはバック水準が高めなお店に分類されます。
受け取れるバックはお店のグレードやプレイコースによって左右されますが、仕事1本あたり6千円から1万円程度受け取れる場合が多くなっています。
半日程度の出勤で、5~6人のお客さんを取れば3万円から5万円程度が稼げる計算となり、ヘルス嬢の平均日給もこの水準となっています。

当然、給料については即日現金払いで支払われます。
また、ソープに比べると雑費等の引かれものが低く抑えられていて、お店から請求される費用は少なくなっています。

オプションで稼ぐこともできる

棒グラフファッションヘルスの中には、オプションプレイが充実しているお店もあります。
オプションは、男性客が追加の料金を支払うことで特別なプレイが可能となるものですが、支払われるオプション料金は女性の手取りに含まれるので、指名料と同様にオプションを取れれば、その分稼げるようになります。

ヘルスで行われる代表的なオプションが、手具を用いたプレイです。
ローター、電マ、バイブなどを使用したプレイに応じることで、2千円から4千円ほどのオプション料が受け取れます。
また、ストッキングや衣装を着たままプレイに応じるコスプレや、即尺、ごっくんなどのオプションが用意されている場合もあります。
これらオプションが取れるとその内容に応じて手取額がアップするので、オプションが取れる女性であれば、それだけ多く稼げることになります。

ヘルス嬢の平均月収は40万〜50万円

風俗の仕事は歩合制なので、稼げる、稼げないは女性の出勤日数と取れるお客さんの数によって左右されます。
そこで、ヘルス嬢の給料についても結局のところ、女性の器量や客引きに影響される点が大きくなっています。
ただ、一般的なヘルス嬢は日給3万円程度稼いでおり、2日に1日出勤すれば40万円から50万円ほどの月収を受け取れます。
この金額は、ソープ嬢に比べるとやや少ない金額です。

ソープ嬢は借金返済などの理由で稼がなくてはならない場合が多く、鬼出勤している女性が多いのに対し、ヘルス嬢はバイト感覚で働いている女性が多いためです。
もちろん、ヘルス嬢の中にも人気嬢はおり、大型店のトップランカーともなれば月収100万円を達成している女性もいます。
ただ、ヘルス嬢で月収100万円を稼ぐ女性は少数に留まっています。
マイペースに出勤し、コツコツと堅実に稼ぐヘルス嬢が多いのです。

ハズレ店が少ない

ファッションヘルスでの仕事内容は、デリヘルと大差ありません。
ただ、店舗型のファッションヘルスは新規オープンが難しく、現存するお店の多くが老舗店です。
また、全国展開しているチェーン店も多く、風俗業界の中では経営が安定しているお店が多いのが特徴です。
21世紀に入って一般化したデリヘルはお店を開業するのが簡単で、過当競争気味です。

集客の面で問題のあるお店も多く、実際、潰れてしまうデリヘル店もあります。
ここで、ファッションヘルスは繁華街にある場合もあり、客入りに恵まれているお店が多く経営が安定しています。
過当競争気味のデリヘルに比べれば、堅実に営業しているので、給料支払いの面で心配にならずに済み、ハズレ店が少なくなっているのです。
ファッションヘルスは競争を勝ち抜いたお店が現存しており、客入りや経営が安定しているので、安心して所属できるのです。

本番行為を避けながら、高いバックで安定的に稼ぎたい女性に、おすすめできる風俗店となっています。

まとめ

ファッションヘルスは店舗型の風俗店で、本番行為が不要なお店です。
仕事に内容は、お客さんの身体を洗うことから始まり、キスや全身リップ、フェラなどで奉仕し、最後は素股で男性を最後まで導きます。
店舗型のお店でスタッフがそばに控えいるので、安心して働けます。

多くのヘルス嬢は日給換算で3万円〜5万円程度、月収換算で40万〜50万ほど稼いでいます。
もちろん、指名やオプションを取れる女性であれば月収100万を稼ぐことも可能ですが、鬼出勤している女性が少ないため、稼ぎはソープ嬢に比べると低くなっています。
ただ、ファッションヘルスは競争を勝ち抜いた老舗店が多く、客入りと経営が安定しているお店が多く、安心して所属できるというメリットもあります。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です