オナクラで色恋営業ってアリ?お客に恋愛感情って芽生える?

オナクラで色恋営業はするものでしょうか?また、それはしても良いものなのか?と疑問と迷いを持つ女性が多いかと思います。
だって普通は、デリヘルや箱ヘル、それからキャバ嬢などが、あたかも自分がお客さんのことを好きだって思ってるように振舞って、お客さんをその気にさせるようなことじゃないの?
って思いますよね。
恋愛でも色恋営業というのは、そういった悪徳商法のようなものではなく、あくまでもお客さんと「割り切った関係」で、お互いに気分よくお付き合いするための手法です。
つまり、ここで指す色恋というのは、お仕事として疑似恋愛をしていることです。
もっと分かり易く言えば、お客さんが付き合っているつもりになっていても、風俗嬢は「仕事のうえで付き合っている」ような状態のことを言います。

ですので、風俗嬢側は、決して相手に気を持たせるようなことをしているわけではないのです。
そもそも、風俗のお仕事って、肉体関係を持つようなものが大半ですから、お客さんが勘違いしても仕方のない部分もありますよね?
仕方のない部分を、うまく扱って次に繋げていくのが、色恋営業です。
どうでしょうか?

結局、ダマしていることと、そう大差はないかもしれませんが、うまく利用しているだけですから、気に病む必要はありません。
むしろ、男性側もそれを承知している場合もあります。
話が逸れてしまいましたが、オナクラでも色恋営業はありますし、実践すればランカーも目指すことが出来ます。
ただ、あなた自身の精神的な負担が増すことは間違いありません。

オナクラで色恋営業をする理由とは?

恋愛皆さんご存知の通り、オナクラというのはソフトなサービスが多いです。
ソフトなサービスが多いがゆえに、単価の安さがあります。
単価が安ければ、自然とお給料の金額も少なくなりますので、リピーターをたくさんもうけておく必要が出てきます。

オナクラは基本料金が安いですから、お客さんは色んな女の子を指名します。
もちろん、指名した女の子が可愛くてお気に入りでも、安いからどんどん違う女の子を見て、厳選する傾向があります。
そういったことが続けば、お店の中で人気のある女の子が、自然と指名が付いて、リピーターになってしまうことは、言うまでもありません。
つまり、お客さんを別の子に取られてしまうということです。

そうなってくると、オナクラでたくさん稼ごうとするのが、だんだんと厳しくなってきて、仕事内容もハードな方向にせざるを得なくなったり、最悪の場合はお店を移動したりなど、思ったように稼げません。
そこで、自分を指名してくれたお客さんや、新規のお客さんには、トコトン良いサービスを提供して、その気にさせてしまうのです。
リピーターとなってくれれば、自分の稼ぎに直結しますから、そのお客さんを大事にすればよいのです。
しかし、お客さんを大事にする方法は限定されていて、サービスを良くするだとか、お店側としての目線でしか、お客さんと接する方法がないというのが現実です。

それで満足してくれるお客さんばかりなら良いですが、先にも書いた通り、それならもっと良い子を探すといったように、悪循環が発生してしまうのです。
それを避けたい女の子は、出来るだけお客さんと親密な関係になって、自分の手が届く範囲から、遠ざけないような対応をしなければなりません。
それが段々と発展すると、色恋営業のような関係になっていくということです。
色恋の関係になってしまえば、お客さんは女の子のことを、自分の所有物かのような錯覚に陥るのです。

色恋営業から、恋愛感情に発展することはあるのか

結論から言えば、恋愛感情を持つことはあります。
もちろん稀なケースですし、そうそう容易く女の子がなびくことはありません。
ですから、色恋営業の状態から進展することは難しいでしょう。

しかし、中にはお互いに本気になってしまって、結婚まで発展してしまうような稀有なケースもあります。
例えば、メールのレスポンスがやたらと早いとか、お互いに気遣いが行き届いているだとか、趣味の話がとても盛り上がったとか、色んな理由があります。
色恋営業から、実際に付き合いだすまでに、どちらが告白をするかと言えば、男性のほうから告白する場合が圧倒的に多いです。
告白されても、「よくあること」で済ますのが女性です。

ですから、女性側が本気にならなければ、発展することが難しい関係性です。

色恋営業で手っ取り早く相手をその気にさせるには?

恋愛プライベートの方面で攻めていくのが、もっとも効果的でしょう。
というのも、そもそも男性側は、「エッチなサービス」を求めて来店するものです。

ですから、最初はまったく恋愛なんて求めてこないのが普通なんです。
例えば、入室してイキナリ、相手の容姿を褒めちぎるようなことをしても、お客さん側は斜に構えて本気にはしないでしょう。
それどころか、「ハイハイ、リップサービスね、ありがとう。」
くらいの感じ方でしょう。

もちろん相手によるところはありますが、返って怒らせてしまうかもしれません。
お客さんを褒めても何も出てこないのは、風俗嬢はお金のために、風俗店で働いているということを理解しているからです。
ですから、割り切った感情で接してくるのは当然のことなんです。
お客さんがそんな認識で居る中に、唐突にプライベートが割り込んだらどうでしょうか?

同じ会社で働いている同僚の女性が、プライベートを持ち込むのと同じくらいのレベルで、お客さんはあなたのことを急に意識すると思います。
仕事のうえでの付き合いから、プライベートに踏み込むのは、間違いなく恋愛に発展するためのプロセスの1つなのです。
学生の時もそうだったのではないでしょうか?
クラスメートだった彼の、プライベートを知ることで、ちょっとした優越感に浸れますし、相手のことを意識するのは当然だったかと思います。

つまり、会社や学校などと同じく、他人だった関係から、相手のプライベートに割り込むことになれば、意識せざるを得ません。
もしプライベートな会話に発展することがあれば、仕事でも趣味でもなんでも良いです。
取っ掛かりを見つけて、それを応援してあげるなど、優しい面を見せてあげましょう。
ただし、その先に行き過ぎると、後から取り返しの付かないことになりかねません。

うまく線を引いて、「接客」の域から出すぎないようにしてください。

色恋営業で注意すべき点は?

チェックリスト男性が風俗嬢に対して、恋愛感情を抱くのは、当然と言っても差し支えありません。
何故なら、女性がそういったサービストークをすることがあるからです。

恋愛に免疫の少ない男性なら、リップサービスでも本気にしてしまうでしょう。
もちろん、免疫があって割り切った関係性を求めている男性ならば、恋愛に発展することはまずありません。
ただ、先ほど書いた通り、免疫が付いている男性ばかりではありません。
したがって、本気になってしまった場合は、ストーカーになることもあります。

万が一にでも、ストーカーになってしまった場合は、被害を避けることが難しいです。
行き過ぎた接客によるリップサービスや、プレイ。
それからプライベートの話などは、出来るだけ避けるようにしましょう。
あくまでも「仕事」と割り切って、お客さんと接することがストーカー化を防ぐ手段です。

まとめ

色恋営業から、恋愛感情に発展することはありえます。
オナクラであっても、色恋営業はとても有益な手段です。
しかし、色恋営業の扱いはとても難しいもので、行き過ぎてしまえば、相手をストーカー化させてしまうなど、かなりリスキーなものであることは自覚しておきましょう。

また、相手から彼女扱いされてしまうようなことも我慢しなければなりません。
色恋営業の接客はとても難易度が高いので、自身のコントロールが必要です。
色恋営業が出来れば、指名をたくさん付けられますので、うまくコントロールしていきましょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です