ソープで働くのがつらい…そんなときどうする。

ガッツリ稼ごうと思ってソープで働いたけど、もうツライ…。
人間ですから、そう思う人がいても当然です。
どの仕事が楽、もしくはツライというのは人それぞれ。

今回はソープで働くのがツラくなってしまった人に、他の人はどんな点でツライと思っているのか、また、その状況から抜け出すにはどうすべきかということをご紹介していきます。

ソープで働くのがツライ。

ソープで働くのがつらい…そんなときどうする。ソープというのは風俗産業で最も高給ですが、その仕事内容も最も大変だと言われています。
まず本番行為が行われるというのは、やはりツライようです。

働く前は、自分から動かなくてもいいし、楽そうじゃん。
と思っていたかもしれませんが、男性と体を交あわせるのは、とても体力を使います。
その体力の浪費がとてもツライのです。
汗だっていっぱいかきますから、ちょっと気持ち悪いのも事実。

その濃厚なサービス・プレイからくる疲労感は、身体的なツラさを生み出します。
身体的なツラさを抱えたまま、サービス・プレイを継続すると、次に来るのは精神的なツラさです。
この精神的なツラさというのは、とにかくツライ。
なんで気持ちの無い男性と交わるのか、風俗客がだんだん気持ち悪く感じてきます。

勤務当初は軽く思っていた気持ち悪さもだんだん現実的に拒否したくなってきてしまいます。
風俗嬢も女の子ですから、これは当然の反応です。
このように、ソープの仕事の大変さから、ツライ、しんどいという思いが生まれてくる女の子がほとんどです。
しかし、ツライと感じるのはこれだけではありません。

例えば、人間関係のしがらみからくるツラさを感じる人もいます。

人間関係がツライ。

スタッフとうまくいっていないツラさを抱える人もいます。
実際にスタッフと仲が悪く、明らかに仕事を回してもらえていない場合や、嫌われているわけではないけれど、スタッフのお気に入りの女の子がいるために、自分に仕事が回ってこない場合など様々です。

我慢すればいいと考える方もいますが、スタッフとの確執は、自分の収入にも関わってきます。
ソープで働いているのに、思った以上に稼げないということもあります。
ソープで働いているのに思ったように稼げないのであれば、ソープで働いている意味がありません。
これは精神的なツラさをもたらします。

他に家族に風俗勤務がバレてしまって、ツライという場合もあります。

性病にかかってしまった…ツライ。

ウイルスソープで働いている以上は、性病は避けては通れない道ですが、実際になってしまうと思った以上にツライ。
特に排尿痛をもたらす性病など、実害が伴うと、この上なくツライ。

これはもう致し方ないのかもしれませんが、やはりツライことに変わりはありません。

そんなプレイ聞いてない!過激な注文がツライ。

最近は風俗産業自体の不景気もあり、過激な注文をしてくる風俗客も多くいます。
それにお店側も断るに断りきれなったり、お店として色んなプレイを導入してくる場合もあります。

かつてはソープはマットプレイ、本番行為に限られていましたが、風俗産業の発展に伴い、ソープでもM性感のプレイを取り入れたり、SMプレイを取り入れたり、イメージプレイを取り入れるパターンも見られるようになってきました。
最初から分かったうえでの入店ならいいんですが、急に導入される場合も耳にします。
これはツライ。
ちょっとやってみたけど、正直拷問的なプレイとか耐えられない…。

それも正直な意見だと思います。
では、ツライと思ってしまったらどうすればいいのでしょうか。

ツライなら休もう。

まずはしっかり休むこと。

辞めることも視野にいれて、休んでください。
精神的なツラさを抱えたまま働き続けてしまうと、本当に心を壊すこともある大変な仕事です。
ツラければしっかり休む。
もう無理なら辞めるということも踏まえる覚悟も必要です。

まとめ

ソープの仕事はとにかくツライことが多い!ツライと吐き出して楽になればいいですが、貯め込んでしまうと本当によくありません。
ツラければとにかく休むことを考えて、自分の身体を大切にしてあげてください。
身体が第一!ですよ。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です