SMクラブの客層ってどんな人が多いの?

社長やお金持ちが意外と多いイメージSMクラブで働きたい!SMクラブってほかの風俗とプレイ内容も違うし、なにより立場がはっきりしてるから働きやすそう!それに、客層も結構違っているって聞いたことがある!そんな意見を耳にしましたので、SMクラブの客層について少し調べてみることにしました。
ということで、今回は、SMクラブの客層についてお話しします。

SMクラブ、ほかの風俗と何が違う?

質問まずSMクラブは風俗の中でもかなり特殊な風俗に分類されます。
SMクラブ自体は、テレビなどでS/Mがよく取り上げられるので存在をよく知られていますが、風俗の実態ともなると意外と知られていないものです。
まず、ほかの風俗と大きく違うところは、お客さんと風俗嬢の立場がハッキリと決まっているところです。
S嬢、つまり女王様として働く場合は、お客さんがM男となり徹底的に調教します。

M性感などのやんわりとしたMプレイではなく、ハッキリとしたMプレイです。
道具を使ったプレイもあれば、罵声も浴びせます。
店舗型の場合は、全裸にさせて馬乗りになって、廊下を歩かせる…なんてこともします。
しかし、やはり風俗ですから最後はイかさなければなりません。

もちろんそこに価値を見出しているのではない、風変わりなお客さんもいますが…。
対してM嬢の場合は、完全に立場は逆になります。
これがまた難しいんです。
もちろんM嬢としての感じ方やリアクションなどを演じ切らなければならない難しさがあります。

しかしそれ以上にお客さんにどこまでさせていいのか、というところがとても難しいのです。
やらせすぎると暴力事件につながりますし、目隠しプレイ時に何をされるかわかりません。
この辺りの程度をコントロールするのがとても難しいのです。
そう、ここまで書いてわかる通り、S嬢・M嬢ともにほかの風俗とは違う難しさがあるのです。

つまりある種、「風俗の王様」以上の風俗としての価値があるのがSMクラブなのです。
そこに価値を見出して来店するお客さんはかなりマニアックな…ほかの風俗では飽きてしまったお客さんなどが多いのです。
その中にお金持ちが多いのも事実。
実際にニュースなどで、お金を持っている男性が痴漢や盗撮で逮捕される報道を聞いたことがあるかと思います。

政治家のセクハラ案件も多くあります。
そうです、お金持ちには変態が多い、これもまた一つの事実なのです。

SMクラブで働きたい!面接は厳しいの?

面接SMクラブは高収入男性を相手にすることが多く、うまく言えば、愛人関係を結んだり…とお得な点があるのも事実、働きたくなる女性が多いのもわかります。

しかし接客は本当に難しいです。
そのあたりの適正も面接しっかりと見極められます、それにSMクラブ自体の店舗が少ないのも働きにくさの原因の一つ。
「吉原 SMクラブ 求人」で調べてみればわかると思いますが、その数が少ない!M性感などは引っかかりますが、純粋なSMクラブは数えるほどしかありません。
しかし数が少ないからこそ、稼げるという考え方もできます。

やはり稼ぎたいのであれば、競合店は少ないほうが良いですよね。
SMクラブは競合店が少ないからこそたくさん稼げると考えることもできるでしょう。

まとめ

SMクラブの客層について、いかがでしたでしょうか。

SMクラブは風俗の中でもかなり特殊なお店であり、絶対数がとても少ない。
プレイ内容も難しいので、そこに目をつけた社長・お金持ちが遊びに来ることが多い…ということです。
特に高級SMクラブともなると、会員制でほとんどがお金持ち…なんてこともあります。
お金持ち相手に一攫千金…なんてことを考えている女の子にとってはSMクラブは、選択肢の一つにしてもよさそうですね!

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です