病むくらいなら手コキ店で働いたほうがいい?病んできたら誰に相談すればいいの?

病むという現象は、風俗で勤めていると当たり前のように遭遇する心理状態です。
病んでいる女性、病んでいる男性、もしくは、自分が「病む」……
風俗はメンタルにも異常なストレスがかかる仕事であるため、気がついたら「病む」状態になることもあるでしょう。
ちなみに、病むというのは精神的に何らかのストレスがかかりすぎて潰れそうになっている状態であり、インターネット上では「メンヘラ」とも呼ばれることもままあります。

つまり、精神的な負担の大きい業種、風俗であればハードサービスな業種であるほど病む機会が多くなるでしょう。
では、自分が病んでいると感じたのなら、ソフトサービスな手コキ店などに移籍すべきなのでしょうか。
以下に、病んできたときの対処方法と、病んでしまう理由についてまとめていきたいと思います。

手コキ店では病むことは少ない? 移籍を考えるべき?

病むくらいなら手コキ店で働いたほうがいい?病んできたら誰に相談すればいいの?手コキ店という名前は厳密には存在しておらず、ほとんどのお店はオナクラと呼ばれる業種に分類されます。
では、移籍をしたからといって病むことを避けられるのでしょうか。
その答えは、精神的なことなので当然すが、「人による」としかいえません。

人によっては病む理由が取り除かれて健全な毎日を送れる可能性がありますが、人によっては単に収入だけが下がってしまうということになりかねないのです。
よって、病むことが理由で手コキ店への移籍を考える場合は、以下の点に注意しましょう。

手コキ店は通常店と比べると稼げない

当然ですが、ヘルスなどのお店と比べると手コキ店は稼げません。

昼の職業と比べればずっと稼げますが、それでもヘルス等と比べればその稼ぎはずっと減ってくるでしょう。

手コキ店でもキモ客は存在する

手コキ店はおとなしめの男性が来る傾向にありますが、それでも「キモ客」と呼ばれるお客さんはやってきます。
対処は女性自身で行わなければならないという点も含めて、心に留めておきましょう。

一方で、手コキ店に移籍することによって、プレイの負担が軽くなる以外にも、性病の心配がなくなるというメリットがあります。
手コキ店では当然性器を使ったプレイはしませんし、オプションを有効にしなければフェラチオをする必要もありません。
なので、性病にかかる心配がないという点では、かなり大きなメリットだといえるでしょう。
逆にいえば、性病の心配で病んでしまった女性は、手コキ店に移籍するべきだといえるでしょう。

病むと手コキ店でも稼げない!

Coin「病んだ」女の子は、同姓にとっても、スタッフにとっても扱いづらい存在になります。
なので、どんな業種であれ、病んだ女性を重用してくれるお店はありません。
なので、自分が病んできたと感じたのなら、一度仕事を休憩するのも大事なことだと思います。

無理をして仕事を続けたところで、病んでいる女性はスタッフにもお客さんにも腫れ物扱いされて、干される可能性もあります。
それはヘルスであっても、手コキ店でも同じです。
自分が病んでいると感じたら、すぐに風俗嬢を辞めて治療に専念すべきでしょう。
心の病は放っておいても解決しません。

段々と進行していくだけです。
必ず治療をするようにしましょう。

病む前に相談するのが大切! 風俗嬢の「病み」についてのまとめ

病んでしまったときの対応について主に述べてきましたが、どこに勤めているにせよ、一番よいのは病む前にその原因を解消することです。

精神的な負担を一番簡単に軽減できる方法といえば、それは間違いなく相談することでしょう。
相談する相手がいないという人は、スタッフに相談するのがいいと思います。
もちろん、待機中に出来た友達に相談するのもいいでしょう。
サービスがつらいというのなら手コキ店に移籍するのも一つの手ですが、根本的な部分を解決しなければ同じことの繰り返しです。

自分が苦しいときに話を聞いてくれる、ある種のライフラインを作っておくのも大切だということでしょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です