50代熟女のキャバクラ嬢でも働ける?どのくらい稼げるの?

いまは、空前の人妻・熟女ブーム。
ソープやデリヘルだけではなく、女の子の若さが売りものだったキャバクラにもその波が確実に来ているのです。

熟女キャバクラってどんなところ?

キャバクラは若者の世界

女性若い男性を中心に流行したキャバクラ。
そこで働く女子も若くほとんどが20代前半、25歳では引退とさえ言われていれていました。

当時は熟女がキャバ嬢をするなんて考えられませんでした。

熟女キャバクラの始まりは昼キャバ

数年前に定年した男性相手に昼間から気軽飲める店として「昼キャバ」なるものが姿を見せはじめました。
そこで働いたのが40代を中心にした熟女キャバ嬢でした。

昼キャバはキャバクラに比べリーズナブルな料金と落ち着いた雰囲気で中高年の間で広がり始め、熟女ブームもあり今では多くの熟女キャバクラがあります。
熟女キャバクラが多いのはやはり東京都です。
さすがに歌舞伎町や六本木といった若い人の街では見かけせんが多摩地区や、上野などの繁華街にある店はかなり繁盛しているようです。

熟女キャバ嬢はどんな人

年齢的には40代が一番多いようですが、50代のキャバ嬢もたくさんいます。
子育てが一段落したシングルマザーの他にも、性的サービスがないことからキャバ嬢として働くことに抵抗感も少ないため、ご主人公認でアルバイトをしている主婦も多いです。
お客さんもキャバ嬢も落ち着いた年齢なので女性の見た目の華やかさよりも会話やお酒を楽しむという感じなので話好きな女性が向いているとも言えます。

採用基準は厳しいの?

店の方針に寄りますが通常のキャバクラや風俗に比べて外観より内面を重視する傾向が強いようです。
接客力や技術は必要なのでソープやホテヘルなど風俗経験は重宝がられます。
実際に元風俗嬢は結構いますよ。

熟キャバ嬢っていくらくらい稼げるの

給料は時給制

棒グラフ給料は時給制で1時間当たり2000円から3000円が相場です。
お店のシステムに指名がないところがほとんどなので指名料のバックもありません。
またキャバクラ独特の給料システムである売上額に応じて時給が決まるスライド制を取り入れている店は確認できる範囲ではまだないようです。

シフトは自由度が高い

シフトは自己申告で週に1回の勤務でもいい店がほとんどです。
アルバイト感覚で働く主婦やシングルマザーが多いので働きやすいように配慮されています。

頑張った分だけしっかりと稼げる

性的サービスがないので肉体的にも精神的にも負担が少なく、より多くの時間働くことができます。
また完全歩合制の風俗とは違い一本も仕事がなく給料がもらえない「お茶」がないので安定した収入を確保できるのもうれしい点です。

熟女キャバクラは働きやすい

環境がしっかりとしている。

子ども寮や託児所など女性が働きやすい環境は整っているし、給料明細等の家族バレ対策もしっかりとしている店がほとんどです。
また未経験のために体験入店の制度も整っています。
給料の日払いにも対応してくれることが多いので、急にお金が必要になったときにバイトするにもいいかもしれません。

女性同士の競争が少ない

給料も時給制で、指名やバックもないことのでキャバクラや風俗店であるような女性同士のトップ争いもありません。
のんびり、楽しく働ける環境と言えます。

似た境遇の女性が多い

年齢も近く、シングルマザーや子育て世代等似た境遇の女性が働いてます。

話もしやすくお互いに相談することができるのも熟女キャバクラで働くメリットの一つと言えます。

まとめ

熟女キャバクラのコンセプトは癒しです。
ただわいわい騒ぐだけではなく、多くのお客さんがゆったりとした落ち着いた時間を求めてやってきます。

そんなお客さんの要望をかなえれるのは人生経験豊富な熟女がまさに適任です。
50代であってもキャバ嬢として需要がありしっかりと稼ぐことができるのです。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です