温泉コンパニオンに必要な身分証とは?写真付が条件?

温泉コンパニオンの面接では、どんな身分証を用意すれば良いのでしょうか?
マイナンバーが登場してから警戒している風俗嬢も多いと思います。

もしかして悪用されているのでは?と思うかもしれませんが、管理会社への提出が義務付けられているので怪しい話ではありません。
今回は温泉コンパニオンの面接における、身分証について説明したいと思います。

なぜ身分証が必要?

質問温泉コンパニオンの面接では、身分証の提出が義務づけられています。

18歳以上(高校生不可)であるかの年齢確認のために、必ず提出が求められます。
温泉コンパニオンと言っても、ソフト~ピンク~スーパーまで仕事内容は幅広いです。
仮にソフトコンパニオンだとしても、キャバクラと同じようにお客さんの隣に付きますので、水商売であることには変わりありません。

このような風俗バイトは、高校生や18歳未満の女性は働けません。
高校生を働かせている管理会社は、間違いなく違法ですので注意してください。
基本的には住民票で身分は証明できますが、ほとんどが写真付の身分証を求められます。
また一部の管理会社では、国籍の確認をするところもあります。

日本人を条件としている風俗店もありますので、パスポートの提出が必要になることもあります。
※ちなみに身分証とは、間違いなく個人だと特定するためのものです。
顔写真はもちろんのこと、「氏名・住所・生年月日・性別」が記載されていることが条件です。
これらが全て記載されていれば、本人確認書類として証明されるのです。

やはり写真付が一番

カメラ 写真写真付き身分証を求められたら、下記のいずれかを用意すれば大丈夫です。
・運転免許証 ・パスポート ・マイナンバーカード(個人番号は必要なし)
温泉コンパニオンの面接では、これに加えて「本籍記載の住民票」の提出が求められます。
必要ないところもありますが、法的にはここまでがルールとして定められています。

以上についてが、本人確認できる証明証となります。
間違いやすいのが「健康保険証」の提示ですので気をつけてください。
これは写真付ではありませんので、風俗バイトでは本人を特定する内容に当たりません。
キャッシュカードも同様で、すでに銀行から本人確認がされているとしても、それが本人のカードであるかは特定できないため意味がありません。

また最近では、学生証についても偽造されたり明確な身分を証明できないと判断され、不可とされていることがあるようです。

写真付身分証がない人は?

すぐに温泉コンパニオンの面接を受けたい女性にとって、写真付の身分証がないのは困ります。
運転免許証はただ発行してもらえば済む話ではありませんし、パスポートの申請も1週間以上はかかります。
そんな女性は「原チャリ免許」を取りに行くのがオススメです。

さまざまな写真付身分証の中でも、もっとも簡単に取得することができます。
1万円くらいで即日発行できますので、バイトのために取得しても損はありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

温泉コンパニオンの面接には、必ず写真付の身分証が必要となります。
おさらいですが、運転免許証・パスポート・マイナンバーカードのいずれかがあれば大丈夫です。
※パスポートがあれば、本籍記載の住民票は要りません。
マイナンバーで身バレの危険を感じる風俗嬢も居ますが、表面の写真のみしか使用しませんのできちんと書類を見せましょう。

また原チャリ免許を1枚持っているだけで、これからキャバクラや風俗で働く際にはとても便利な役割を果たしてくれます。
ちょっとややこしい身分証のお話でしたが、しっかり提出することで何かあった時に自分の身を守ってくれることにも繋がるのです。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です