ホテヘルならグループ在籍が基本!大手優良風俗の驚きの待遇とは?

ホテヘルで働くならグループ展開している大手の風俗チェーンに在籍するのが基本などという声が聞かれます。
大手優良風俗に在籍するとどのような恩恵を受けられるのか?
個人風俗店との違いはどのようなものがあるのかについて紹介します。

大手ホテヘルグループのメリットは?

Ok, Good大手優良風俗の魅力はなんといっても資金力の高さになります。
潤沢な資金を使ってお店の宣伝をどんどんと行ってくれますから、有名風俗雑誌などはもちろん、地方などの店舗であっても地域特有の風俗雑誌や風俗サイトなどにもお店の宣伝がされます。
特に新人などの場合にはグラビアなどで特集を組んでもらえることも多く、それらの広告をみた男性客が店舗を訪れることになります。

また沢山の地域に展開しているホテヘルであれば、出張先でいつも通っている店舗とのグループ店がある場合には、優先して利用する傾向も見られます。
こういったことからホテヘルグループでは集客力が全く違うところがメリットとして挙げられます。
出張客などフリー客が回ってくることが多く、一般的にいわれる稼げる嬢の条件ともいえる太客持ちでなくてもある程度に稼げる状況なのもメリットになります。
またグループ内の近場店舗で待機中の女の子の数が確保できていない場合には、自身の店舗などに回してもらえるため、一定数の客入りが期待できます。

同じようにグループ内の移籍などに関しても寛大に対応してくれることが多いです。
店舗経営がある程度にマニュアル化されているため、いろいろなトラブルに対処できること。
写メ日記での集客など「売れる嬢」になるためのノウハウを吸収できる。
出稼ぎ目的の女の子も積極的に受け入れるため、待機場所や体入保証、日給保証などの待遇面が充実していることも大きなメリットになります。

大手ホテヘルグループのデメリットは?

No, Badそれでは大手優良風俗店に在籍するデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
前述にあるように宣伝力があることから、風俗求人も頻繁に出していることが多く、キャストの数が多いことです。
キャスト数が多いということは、ライバルが多いことになり努力をしなければどんどん優良客を取られてしまいます。

また新人の期間を過ぎてしまう期間が個人店よりも短く、短い期間内にある程度のリピーターをつけないと思ったように稼げなくなります。
複数のキャストに対して管理スタッフの数が圧倒的に少ないことから、一人一人のキャストへの細かな対応ができないケースも多いこと。
ライバルが多いことで売れっ子になった場合にネットの掲示板などにあらぬ誹謗中傷などを書き込まれることも多いというデメリットがあります。

ノウハウを身につけるために大手に入るべき

いかがでしたか?
メリットの中で紹介したように大手優良風俗に在籍をすると、一人の風俗嬢として独り立ちするためのノウハウを学ぶことができます。
自力があればそのまま在籍していても太客と同時にお店の自体のリピーターを増やすため、優先的にフリー客をあててもらえますから売れっ子嬢として待遇がどんどん上がることになるでしょう。
風俗未経験者なら、新人期間を抜けても売れっ子の女の子がどのようにして稼いでいるのかを実際に情報収集できるというのは、「お金を払ってでもすべき経験」といえます。

個人店には個人店の強みもありますが、待遇面や集客力などさまざまな面でホテヘルグループに軍配が上がると言わざるを得ません。
まだまだ風俗嬢としてのノウハウを身に着けていない新人の状態なのであれば、まずは大手優良風俗に在籍していろいろなものを盗んで成長するのがおすすめです。
稼ぐノウハウと自分についてきてくれるお客さんをある程度に確保してから移籍などをし、ギャラ交渉など自分に優位になるような好条件を得るようにするのが基本ですよ。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です