マットヘルスで働いていて精神的にツライ事は?

マットヘルスで働いていて精神的にツライ事は、沢山あります。
その分、高収入を得られているわけですから、辛抱してしまう人が多いかと思います。
しかし、なかには拷問に近いほど精神的苦痛を伴うサービス・プレイもあります。

そこで、今回は、マットヘルスで働いている風俗嬢ならではの悩みをご紹介していきたいと思います。
以下より、各見出しごとにマットヘルスで働いていて精神的にツライ事を例示していきます。

知人バレするかもしれないから、コソコソしなくちゃならない

ヒミツ シークレットまず1つ目は、知人バレするかもしれないから、コソコソしなくちゃならないことです。

風俗バイトをしている風俗嬢のほとんどは、彼氏や家族に内緒で働いています。
その為、知人バレをしないよう、常に周囲に気を配りながら出勤をしているのです。
また、在籍写真や写メ日記の掲載方法にもかなり気を遣います。
風俗嬢は、顔バレしないようにモザイク加工を施したり、普段使いの小物やアクセサリーを身につけないようにするなどと、あらゆる対策をしているのです。

そのせいで、常に気が張ってしまう為、精神的に疲れてしまう風俗嬢が多いのです。

本番行為や拷問プレイを強要されそうになる

マットヘルスで働く風俗嬢たちがツライ点には、本番行為や拷問プレイを強要されそうになるというのも挙げられます。
マットヘルスは、ソープとは違い、基本プレイの中に本番行為は入っていません。

そして、SMクラブでもないので、拷問プレイなどというマニアックなプレイもサービス外です。
にもかかわらず、風俗客のなかにはそうしたサービス・プレイを強要してくる輩もいます。
風俗嬢は、そうしたお客さんを上手に交わすことも仕事のうちであると自覚していますが、度重なる強要にはさすがに疲れてしまうのです。
また、風俗客による本番強要がエスカレートしてレイプされそうになったという風俗嬢も少なくありません。

そうした経験は、後にも精神的ダメージとして残り続けるのでツライ事です。

性病にかかってしまってその間は稼げなくなる

お金 無いマットヘルスで働く風俗嬢たちが最もツライと感じるのは、性病にかかってしまってその間は稼げなくなるという点です。
性病にかかってしまったら、真っ先にスタッフに申告し、性病が完治するまでは風俗店に出勤させてもらえません。

その理由としては、性病は他者に感染しやすいからです。
粘膜接触を防ぐことがなかなか難しい風俗業界においては、性病にかかったら出勤を中断するのは当然のルールなのです。
お店によっては、性病に関してのルールを厳格に定めているところもあります。
また、性病にかかったのに出勤をした風俗嬢には、退店してもらうか高額な罰金を支払うように要求するお店もあるようです。

とはいえ、出勤できないということは、その間は1円も稼げないということを意味します。
お金に困っている風俗嬢たちにとって、出勤が出来ずに稼げないというのは最もツライことなのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、マットヘルスで働いていて精神的にツライ事は?
というテーマについて解説してきました。
多くの悩みは、来店した糞客のせいで生じるツライ事です。
しかし、風俗店に身を置く限り、こうした糞客には多かれ少なかれ当たります。

当初はその覚悟も出来ていたはずの風俗嬢でも、エスカレートする本番強要や拷問プレイによって精神的におかしくなってしまう人もいるようです。
自分がそうした糞客に負けない精神力を身につけるのが一番ですが、ツライと感じるのであれば他職を探して兼業するのも有効な手段でしょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です