セクキャバで罰金対象となるのはどんな時?

風俗業界において、よく“罰金制度”というのが存在するのを、みなさんご存知でしょうか。
罰金制度とは、風俗店において風俗嬢がトラブルを起こした場合に罰金を支払わなければならないと定めたルールです。
これは、セクキャバにおいても存在します。

そこで、今回は、“セクキャバで罰金対象となるのはどんな時?
”というテーマについて解説していきます。
罰金対象になるのは恥だと考え、日頃からルールやマナー、節度をわきまえた言動をとりましょう。
以下より、罰金対象となる条件を順番に挙げていきます。

裏引きした場合

男性 女性セクキャバにおける裏引きとは、どのような事柄を指すのでしょうか。
それは、店外デート・本番行為・お客さんに金銭を請求する行為・お客さんに店でしか提供していないはずのサービス代を払わせる行為を指します。
よく、本番バレしなきゃ裏引きしても平気と勘違いをしているセクキャバ嬢がいます。

が、バレた時、おそらくお客さんから支払われたお金の倍以上が罰金として出ていくでしょう。
馬鹿げた考えは起こさないことです。

誹謗・中傷がみられた場合

セクキャバ店で、女性同士の罵り合いや、セクキャバ嬢から男性客へのあからさまな誹謗・中傷が確認出来た場合、当事者は全員が罰金対象になります。

よくあるのが、お客さんからイヤミな言葉を浴びせられ続け、セクキャバ嬢がキレるという展開です。
しかし、お客さんは、どんなにむかついてもお客さんなのです。
お金をいただき、サービスを提供するという流れを崩すことは許されません。
体調が悪かったり、生理中で気が立ちやすくなる時もありますが、セクキャバ嬢のみなさんは感情的になってはいけません。

ただし、明らかにお客さん側が悪い場合は、店員にそれとなく伝えましょう。
そうすれば、店員たちがそのお客さんを監視してくれますし、誹謗・中傷がエスカレートするようなことがあれば、そのお客さんはお店を強制退店させられます。
処罰されるのがセクキャバ嬢だけ、というようなアンフェアな展開ばかりではありませんので、ご安心ください。

ノルマ未達

棒グラフ厳しいセクキャバ店になると、ノルマ未達でも罰金対象となる場合があります。
では、セクキャバで言うところのノルマとは、何を指すのでしょうか。
セクキャバのノルマは、“指名率”・“オプション付帯率”・“指名返しの率”などお店によって様々です。
一番多いのは、やはり指名率によるノルマ設定です。

また、単純な月間の“売り上げノルマ”で査定される場合もあります。
セクキャバ店では、そのセクキャバ嬢の実力に見合ったノルマ設定をします。
その為、“今月は稼いだから来月は手を抜こう”ということは出来ません。
なぜなら、ノルマ未達で罰金を支払わなければいけなくなる可能性もあるからです。

勤怠が悪い

勤怠が悪いと、ほぼ全セクキャバ店で罰金が科せられます。
しかし、これは、社会人でも変わりません。
例えば、営業会社でも当日欠勤をした場合はシフトを振り替えたり、歩合がつかなくなるという決まりも存在するからです。

社会人として当たり前に守るべきことが勤怠管理です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、“セクキャバで罰金対象となるのはどんな時?”というテーマについて解説してきました。
どれも人としてあるまじき言動をとった際に発生する罰金と言えるでしょう。
人並みに誠実さをもち、人並みに時間管理や体調管理を行ってさえいれば、罰金対象にされるようなことはないはずです。
それが出来ないセクキャバ嬢のみなさんは、ただ自分磨きを怠っているだけですので、今日から自分の在り方を悔い改めましょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です