チャットレディに尽きないクレームとは?理不尽ばっか?

チャットレディのお仕事は、画面越しとは言っても接客業に変わりはありません。
ノンアダルト・アダルト・ミックスなどさまざまありますが、理不尽な要求をしてくる男性会員はたくさん存在します。

今回は男性から寄せられるクレームとともに、チャットレディが思っている愚痴などもご紹介したいと思います。

よくあるクレームとは?

ノンアダルト編

悪 男性・「会いたい」ストーカー?
まるで出会い系と思えるくらい、ノンアダルトでは「会いたい」を連発されます。

どうにかして住んでいるエリアを聞き出そうとしたり、距離を縮めてくるうざい男性は、もはやストーカー化しているので危ないです。
・「脱いで」アダルトじゃない!
続いてノンアダルト系の定番は、脱いでほしいというリクエストです。
ノンアダルトではルール違反だと分かっていても、あわよくば裸を見たいと考える男性は多いです。

ちょっとでも良いから…としつこくされるほど、女性はストレスが溜まるのでやめてほしいですね。

アダルト編

・過激なプレイを要求
サイトへお金を落とさない男性ほど、要求が多いと言われています。
アダルトだったら何でもしてくれると思っているので、エッチなプレイを実演させようとしてきます。

おもちゃやコスプレなどのリクエストも多く、リピーターでもないのに要求ばかり大きい男性は糞客です。
・バーチャルで「生強要」
エアーセックスを楽しみたい男性も居るので、バーチャルの本番行為に付き合うこともあります。
「生でしていい?」

と言いながら、女性との駆け引きを楽しみながらオナニーをする人も居ます。
オナクラを超えた世界観なので、未経験のチャットレディにはハードルが高いかもしれません。

番外編「通勤チャットレディ」

チャットルームの面接では、アダルト行為の練習をさせられるところもあるようです。

オーナーらしき人が現れて、実際に目の前で見せて欲しいと言われたり、「ゴム着でするから」と本番強要してくるようです。
未だにセクハラ染みたチャットルームも存在するので、気をつけてください。

サイトは客が一番大事

男性 シルエットこのようにチャットレディのお仕事をすると、ノンアダルトなのにアダルトを要求してくる人や、アダルトであっても気持ち悪い要求をしてくる人が存在します。
ですが生理的に受け付けない男性に対して「強制退室」させたりすれば、一発でクレーム対象となる可能性が高いです。

例えば「女性のサービスが悪い」「金を返せ」「二度と利用しない」など、あらゆるクレームが運営サイト側に届くことが起こっています。
女性が理不尽だと思っても、運営サイトにとって男性会員が一番大切な存在です。
チャットレディが居なければ話になりませんが、お金を払ってくれているのはお客さんなのです。
ですのでどんな理由であろうと、とにかくスタッフは謝罪しますし、場合によってはチャットレディを解雇することだってあります。

お客さんを怒らせてしまうと、大きなクレームに繋がったりそのサイトでお仕事ができなくなってしまうこともあるので要注意です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

男性会員からさまざまな理不尽な要求がありましたね。
クレームは大きくなるほど、双方から厄介者扱いされてしまいます。
男性からのリクエストに応えて、リピーターになってもらうのは大切なことです。
チャットレディは、いかに上手く交わして時間を引き延ばすかのテクニックに掛かっています。

ですがもし男性会員からクレームが入ったら、こちらもすぐに対応することが重要です。
運営サイトへ謝罪のメールを入れておくだけでも、その後の扱われ方が変わります。
もしそれで女性を守ってくれないサイトであれば、違うところへ移籍した方が無難です。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です