手コキ専門店でも名刺は用意するべき?手書きで書いた方が指名率は上がる?

オナクラというとお客さんがオナニーをする場面を近くで鑑賞する風俗嬢のお仕事なのですが、中には鑑賞だけでなく、手コキまでしてくれる手コキ専門の風俗店もあります。

このような手コキ専門のオナクラに勤務する場合、プレイやサービスに力を入れるだけでなく、名刺にも一工夫してみましょう。

手コキ専門のオナクラの特徴

チェック マーク手コキ専門店といえど、オナクラである以上、その主な仕事内容はお客さんのオナニーを鑑賞することです。
オナクラでは他にも、言葉責めをしてあげたり、Mな男性のためにビンタや足踏みをすることもあります。

オナクラは服を脱ぐ必要のないソフトサービス系の仕事ということもあり、基本的にプレイ中は着衣のままで大丈夫です。
さらに、触られたり、舐められるなど、お客さんから責められる心配もありません。
ただし、オプションとして服を脱ぐサービスを注文された場合は例外となります。
もっとも、オプションはいつでも拒否が可能のため、本当に脱ぐのが嫌であればやらなくても大丈夫です。

このように、基本的にお客さんとの接触を極力避けられるオナクラですが、手コキ専門店に入店した場合、手コキも基本プレイに含まれることになります。
つまり、他のオプションのサービスはともかく、手コキだけは確実にやることになるということです。
ただし、手コキがあるからといって、オナクラの原則である脱がない、舐めない、触られないの3つの項目はしっかりと守られているため、たとえオナクラ専門店であっても風俗嬢は安心して働けることでしょう。
手コキというと男性の性器を握りしめて擦りつけるサービスであり、頻繁にやると手首が痛くなるかもしれません。

プレイの最中はできるだけ潤滑力を上げるため、ローションを使用したり、オプションによっては唾をかけることもあります。
手コキが基本プレイに含まれているオナクラは、そうでないオナクラと比べてエッチなプレイやサービスが多いため、料金も高めに設定されています。
それだけに、あまりエッチなサービスはしたくないけれど、できるだけ稼ぎたいというオナクラ嬢の場合、手コキ専門店がオススメとなるでしょう。

オナクラ嬢が稼ぐコツ

お金オナクラ嬢の仕事内容といえば、基本的には見るだけです。
中にはお触りOKのお店もありますし、手コキ専門店ともなると基本プレイとして手コキのサービスもやります。
このようなオナクラの世界において、出来るだけ多く稼ぐためには、一人でも多く指名を獲得する必要があります。
オナクラはMな男性が多いということもあってか、Sな性格をしている女性の人気がとても高いです。

さらに、Mな男性が気持ち良くなれるような言動をアドリブでやれるだけの演技力があると、指名率が伸びることでしょう。
では、Sな性格でもなければ演技力もない女性の場合はどうしたら良いのでしょう?
演技力がなくとも、サービスやプレイに力を注げばお客さんに悦んでもらうことは可能です。
しかし、指名率を上げようと思うのであればプラスアルファとしてさらなる努力をした方が良いでしょう。

風俗の世界においてリピーター率が高い風俗店というと、決まって高級店のようなランクの高い風俗店となります。
高級店の風俗嬢というのはサービスやプレイのみならず、接客にも力を注いでいるものです。
上品で洗練された高級店所属の風俗嬢の歓待を受けることで、男性は風俗嬢のことを気に入り、何度も指名するようになるのです。
それだけに、手コキ専門のオナクラ嬢が指名率を伸ばそうと思うのであれば接客に力を入れた方が良いのですが、何から始めれば良いのでしょう?

高級店の風俗嬢というと挨拶が非常に丁寧で、常に上品に振る舞っているものです。
さらに、名刺一つ取っても普通の風俗嬢とは大きな違いがあるものです。

稼げる風俗嬢の名刺の特徴

風俗嬢はキャバ嬢と違い、お客さんと連絡を取り合うことは禁止されていることが多いです。

唯一お店から認められている連絡ツールというと、ブログのメッセージ機能くらいでしょう。
そんな風俗の世界において名刺とは、お客さんと連絡を取り合うための必要な道具です。
それだけに、風俗店は風俗嬢のために名刺を用意していることが多いです。
ただ、稼げる風俗嬢の場合、自分で名刺を用意するばかりか、さらには手書きのメッセージを書くなど、一工夫しているものです。

手コキ専門の風俗店は普通のオナクラと比較すると確かにニーズが高く、稼ぎやすいのですが、さらに指名率を上げたいと思うのであれば、稼げる風俗嬢の名刺の書き方を参考にしてみましょう。

名刺の書き方

名刺できるだけ指名率を高めようと思うのであれば、手書きの名刺を書きましょう。
最近はプリンターの機能が高いため、イラストや可愛い文字を簡単に名刺に印刷することが可能なのですが、可能な限り名刺には手書きでメッセージを書いた方が良いです。

手書きの方が良い理由として、パソコンで入力した文字と違い、手書きの方が気持ちを込めることができるからです。
手書きの名刺を作成し、お客さんに渡すと、特別扱いされているような気分を風俗客は味わえるため、風俗嬢に対する好感度が高まります。
そのため、名刺はできるだけ手書きの方が良いのですが、どうしても綺麗な字を書くのが苦手という女性の場合、わかりやすい文字を書けば大丈夫です。
一番悪い例は字が汚すぎて読めないケースです。

字が汚いとかえって評価が悪くなりかねません。
それだけに、手書きのメッセージを作成する際には、誰が見ても読めるような、わかりやすい文字を心がけましょう。
さらに、女の子らしい可愛い文字が書けると、高感度が高まりやすいです。

メッセージの内容

名刺のメッセージの内容というと、基本的にはその日にあった事などを書くと良いです。
例えば、プレイ中にあった事や、サービスをした時の感想などを書くと良いでしょう。
この時、感想はできるだけポジティブな内容になるように心がけましょう。
さらに、メッセージには「今日来てくれて嬉しかった」など、ポジティブな気持ちを書いておくと、お客さんからの評価が高まりやすいです。

ちなみに、名刺のメッセージはできるだけプレイが終了した後に書いた方が良く、予め書き溜めておいた名刺は避けた方が無難です。
書き溜めることが悪いというわけではありませんが、事前に書いておいたメッセージというのは内容が薄く、読んでも特別感がありません。
それだけに、渡しても指名に繋がらない恐れがあります。
それよりも、今日あった出来事や、プレイに対する感想などを書いた方が特別感が強く、印象に残りやすいです。

名刺を渡すメリット

風俗嬢は基本的に自由出勤制であることが多く、必ずしも営業日に出勤しているとは限りません。
さらに、時と場合によっては出勤日であっても働けないケースがあります。
このように風俗嬢のシフトは基本的にランダムで不規則なため、お客さんによっては来店したもののお目当ての風俗嬢と出会えない可能性があります。

しかし、事前に名刺を渡しておくと、お客さんはその名刺に書かれている出勤日などをヒントに来店するため、お客さんと再び遭遇できる確率が高くなります。

名刺の注意事項

チェックリスト手書きの名刺を渡すことでお客さんの好感度を高め、さらに出勤日なども記載することで、指名率を上げることが可能になります。

ただし、メッセージを作成するにあたり、余計な個人情報は伝えないように気を付けましょう。
例えば、住所や電話番号、メールアドレスなどの個人情報を伝えると、後々になってトラブルに発展する恐れがあります。
個人情報が流出したり、ストーカーなどの被害に発展するかもしれません。
それだけに、メッセージで情報を伝える際には、出勤日や働いている時間帯、さらに今後の休みのスケジュールなどを教えると良いでしょう。

特に生理が近く、しばらく働けそうにないのであれば、しっかりと伝えておくと、お客さんとスケジュールを合わせやすくなります。

名刺のメッセージは手書きの方が良いといっても、文字数にすると100文字以下の短文な内容となります。
プレイが終わった後のちょっとした時間で作成することが可能です。

なにより、名刺はほとんど費用をかけず、特にテクニックやスキルがなくとも簡単に指名率を上げられるアイテムです。
手コキ専門店のみならず、全ての風俗嬢にとって、手書きの名刺は指名率を上げる即効性の高い秘訣です。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です