主婦が箱ヘルで本当に稼げのるかや働く時には何に気をつければいいの?

家庭の財布の紐を握る主婦の方は旦那のお給料だけでなく自らパートなどに出かけて家計を遣り繰りされてる方も多くいるでしょう。
家庭の事情にもよりますが子供の養育費やママ友との付き合いなどを稼ぐために、短期間で高収入を得られる風俗の世界に飛び込む主婦が増えてきています。
風俗の業種の中でもソープ、デリヘル、ヘルスなどの稼げる業種をはじめ人妻専門店など主婦の方でも稼げるお店が用意されていますが、家庭を持つ身故に何の準備や情報収集も行わず入店してしまっては後にトラブルとして悲惨な目に遭う恐れがあるのです。

業種の中でもヘルスに分類されるジャンルは主婦の方にも人気で、代表的なデリヘルをはじめ、箱ヘルやホテヘルなどがあります。
ここでは主婦が箱ヘルの基本情報やメリットデメリットや本当に稼げるのか、旦那にバレないためのお店選びなどを紹介していきますので参考にしてみて下さい。

箱ヘルの基本情報やメリットデメリットを理解しよう

主婦が箱ヘルで本当に稼げのるかや働く時には何に気をつければいいの?風俗の3大業種の1つでもあるヘルスにも様々な種類がありますので、見ていきましょう。

デリヘル

無店舗型で客の指定するホテルや自宅に行きサービスを行う。

ファッションヘルス

店舗型ヘルスや箱ヘルとも言われお店の個室内でサービスを行う。

ホテヘル

お店で受付と支払を行った後、徒歩圏内のホテルへ向かいプレイする。
他にもイメクラの要素が入ったイメヘル、マットプレイが主なサービスのマットヘルスもあります。
次に箱ヘルのプレイ内容はお店内の個室でシャワーを浴びた後、全身リップ、69、手コキ、フェラ、素股などでフィニッシュに導いてあげます。

時間は40~50分と短いのが特徴で本番行為はありません。
営業時間はオープンから16~17時、16~17時からラストまでの2シフト制が主に導入されています。

箱ヘルのメリットデメリットとは

未経験者の主婦にとっては稼げる稼げないかの判断にも活かせますので、箱ヘルのメリットデメリットを見ていきましょう。

メリット

①受付からサービスまで同じ店舗内で行う為、紳士的な客が多く本番強要などの危険が無い
②朝と夕の2シフト制が多い為、勤務時間がしっかり決められている
③受付モニターで客の顔を確認できるので身バレする恐れが無い

デメリット

①デリヘルに比べると客単価が安い
②待機は基本、完全個室待機のため不安や悩みを相談できない
③客はお店を選んで来店するため目は肥えており、指名を取れないと稼げない
④勤務時間がシフト制のため縛りがきつく融通が利かない 

主婦が箱ヘルでバレないためのお店選びとは

虫眼鏡無店舗型のデリヘルとは異なり箱ヘルは実際にお店を構えて営業していますのでお店選びが非常に大事なポイントです。
なるべく自分の住んでるエリア外の店舗を候補に選ぶ事や、お店側が用意してくるアリバイ会社などがしっかりと整備されたお店を選ぶべきでしょう。

またお店とのメールや電話のやり取り、給与明細書を旦那見られたなど自分の不注意で発覚するケースが8割報告されていますので注意が必要です。

主婦が箱ヘルで稼ぐためのポイントとは

デリヘルに比べ箱ヘルは客単価が安いことから決められた勤務時間をどう過ごすかで稼ぎにも影響が出てきます。
まず箱ヘルのお仕事は回転率重視のため勤務時間内に接客した人数が多いほど稼ぎも増えてきます。

内訳で見ますとお店へのバック率、本指名料、オプション料金で日給が算出される事になります。
そのため午前中の暇な時間に来店する客を本指名につなげられるかや、全額自身へバックされるオプションで多少ハードなサービスを行う事ができるかが稼ぐためのポイントになってきます。

まとめ

主婦が箱ヘルでお仕事する事には身バレの危険性が高い事をお分かり頂けたでしょう。

ただお店側のアリバイ対策を利用したり自身の言動を気を付ける事でバレる事はありませんし、箱ヘルのメリットデメリットを押さえておく事で安全なお店で高収入を得る事ができます。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です