ピンサロにも日給保証ってあるの?日給保証期間中はどのくらい稼げる?

ピンサロも他の風俗店同様に日給保証が付くことがあります。

ただ歩合制が主流の風俗業界において、ピンサロは時給制であることが多く、給料の仕組みも他と比較すると少し特殊です。
ピンサロの仕事に応募する際には日給の有無のみならず、1日出勤するとどの程度稼げるのかまでしっかりと面接で確認しておきましょう。

ピンサロの給料事情

お金ピンサロというと風俗店の一種であり、低価格でお手軽に抜けるお店ということで男性から人気があります。

それは仕事内容も同様で、デリヘルやソープなどのハード系の風俗嬢と比較すると、ピンサロ嬢の仕事内容は簡単なものが多く、未経験でも始めやすいです。
ピンサロの仕事内容というと、キスや手コキ、フェラくらいであり、下半身を使ったプレイは基本的にNGのため、素股や69まではやっていません。
お店によっては指入れが可能なケースもありますが、指入れもやっていないお店もありますし、本当に嫌ならば生理中だからと言えば拒否することも可能です。
そんなピンサロの給料についてですが、時給で2500円から4000円が相場とされています。

といっても時給は固定されているわけではなく、ピンサロ嬢の接客態度やサービスの質、指名の数の多さなどによって変化します。
売上が高く、お店からの評価が高いピンサロ嬢ほど時給が高くなりやすいということです。
さらに、時給とは別に接客バックや指名バックと呼ばれる報酬もあります。
接客バックとはお客さんが付くごとに発生するバックで、指名バックとは指名がある毎に発生するバックです。

指名が入ると接客バックと指名バックの二つの報酬が稼げるため、指名があるピンサロ嬢の給料は他の女性と比べて収入が高いです。
仮に時給2500円、接客バック1000円、指名バック1000円と仮定した場合、1日の労働時間が6時間であれば時給で1万5000円、接客数が6人ならば接客バックで6000円、指名が3回であれば指名バックで3000円の収入となります。
これらを合計すると、日給は2万4000円です。
この日給のペースで1ヶ月の間に20日出勤すると、月収は48万円となります。

ピンサロは真面目に働けば、日給で2万円以上、月収で40万円以上が狙える業種となります。

日給保証のあるピンサロ

ピンサロは普通に働いても十分に高給を狙える仕事なのですが、日給保証が付くとさらに給料が高くなることでしょう。
日給保証とは歩合制の風俗業界において、給料を保証する制度のことです。

例えば1日出勤する毎に5万円の日給を保証するという風俗店に勤務した場合、10日出勤しただけで日給保証として50万円の給料を稼げます。
このように風俗嬢にとってメリットの高い日給保証の制度なのですが、この制度はピンサロにもあります。

ピンサロの日給保証の特徴

ピンク日給保証が付くことで風俗嬢は安定した給料を稼げるようになるのですが、ただ他の風俗店と違い、ピンサロは時給制で働くことが多く、日給保証も他の業種と異なるシステムであることが多いです。

例えば、ピンサロ店によっては1日出勤する毎に何万円という形ではなく、2時間勤務する毎に2万円など、時間単位で給料を保証するケースがあります。
仮に2時間毎に2万円の保証が付くピンサロで1日6時間働いた場合、1日の保証額は12万円となりますので、非常に高額です。
この条件で日給保証の期間が10日間とした場合、1日の保証額が12万円で、10日間出勤し続ければ、保証額だけで120万円の給料が稼げる計算になります。
日給保証が付くと給料が普通のピンサロ嬢以上に跳ね上がるのですが、ただ日給保証にはどこも条件が付くことが多いため、事前にどのような条件があるのか確認しておきましょう。

日給保証の条件

風俗嬢が日給保証を付けてもらうためには、必ず条件が発生します。
この条件が未達成の限り、日給保証は付きません。
そのため、保証を得るためには必ず条件を達成する必要があります。

日給保証の条件というと色々あります。
例えば、1ヶ月に何日以上は出勤して欲しいとか、出勤日には何時間以上働いて欲しいとか、体験入店中の1ヶ月間のみしか適用されないなど、出勤に関する条件が多いです。
さらに、一度でも遅刻や早退、当欠をしたらその場で日給保証を打ち切るなどのペナルティを課すケースもあるため注意しましょう。
それ以外にも、1ヶ月の間に指定する本数以上の本指名を獲るという難易度の高い条件もあれば、顔出しや写メ日記の更新をするだけで日給保証を付けるなど、難易度こそ低いものの心理的な抵抗の強い条件もあります。

風俗店も商売でお店を経営している以上、無断欠勤の恐れのある女性に日給保証を付けるわけにはいきません。
それだけに、日給保証を付けるにあたってこれぐらいは働いて欲しいという条件を設定します。
どのような理由があるにせよ、日給保証を得るためには条件を達成する必要があるため、自分のペースで働けないというデメリットが日給保証の制度にはあります。
ただ、大学生やシングルマザーの風俗嬢の中にはどうしても出勤できない日もあるでしょう。

そのため、条件の達成が難しそうであれば、面接の際に条件を緩和できないか相談してみると良いでしょう。
理由次第では、より簡単な条件を提示してくれるかもしれません。

保証が付きやすい風俗店

日給保証が付きやすい風俗店の業種というと、主に店舗型の風俗店になります。

店舗型の風俗店の場合、せっかく設備を用意しているにも関わらず、風俗嬢が出勤しないと使われずに終わってしまうため、非常に勿体ないです。
そのような設備の未稼働率を防ぐためにも、保証を付けるなどして風俗嬢の出勤意欲を促すようです。
さらに、日給保証が付く風俗店というと、大抵の場合、経営体力のある大手などに多いです。
いくら保証を付けたいと思ったところで、経営が芳しくないお店では保証を付けられないでしょう。

その点、大手のピンサロは経営体力が十分にあるため、新人のピンサロ嬢にも大判振る舞いな保証を付けてくれることが多いです。

日給保証のトラブルに注意

注意 マークピンサロの求人に保証が付くと、平均的なピンサロ嬢よりも稼ぎが良くなります。
そのため、求人を選ぶ際には出来るだけ日給保証が付く求人を選んだ方が良いのですが、保証のある求人の中には悪質なお店や、要注意なお店もあるので注意しましょう。

そもそも風俗店は普通の仕事と違い、求人を出せば必ずしも応募があるとは限りません。
いくら給料が高いといっても、性病の感染リスクがあるなどのデメリットがあるため、応募が集まり難いです。
そこで、風俗店の中には保証を付けて求人を集めるお店もあるのですが、中には嘘の求人広告を出す悪質なお店もあるので注意しましょう。
例えば、日給保証が付くと言っていたのに、様々な難癖をつけられ、結果的に日給保証が付かないケースがあります。

特に出稼ぎの求人でこの手の詐欺に遭うと、日給保証どころか給料さえ払われない可能性が高く、非常に危険です。
日給保証のトラブルを防ぐためには、面接時にしっかりと確認をしておくと良いでしょう。
日給保証がもらえる条件は何なのか、逆に貰えない条件はあるのか、日給保証は日払いでもらえるのかなど、疑問点は面接時にすべて確認しておきましょう。
中には悪質なお店もありますが、ちゃんとしている大手ならばしっかりと日給保証を付けてくれるでしょう。

ただ、いくら日給保証が付くからといって、仕事で手を抜いたり、無断欠勤が多いなど、本人の態度に問題があると、保証を打ち切られたり、保証額を減らされることもあります。
ピンサロ嬢として働く以上、たとえ保証が付くとしても、真面目に勤務しましょう。
1日でも多く出勤し、接客時に一生懸命にサービスすれば、保証とは別に高額の給料も稼げるようになるでしょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です