M性感って生理のときでも出勤して平気なの?

風俗で働いていると、ある日突然生理の日がやってきます。
どんなにお金が欲しいときでも生理の日は休まなくてはいけません。

風俗店は女の子が生理になったとき、生理休暇を与える義務があります。
労働基準法第68条に「生理日に就業させてはいけない」と定められており、生理休暇を与えないと労働基準法違反となってしまうのです。
中には生理休暇中でも働かせようとする悪徳店舗があるので、面接の際休めるかどうか確認しておきましょう。
通常生理の日は情緒不安定なので働くのは嫌なはずでも、稀に生理休暇いらないから稼ぎたいという女の子もいます。

そうしたとき膣を使うヘルスなどの出勤は控えたほうが無難です。
ただ脱がずにすむソフトサービス、メンズエステやM性感ならどうでしょう。
生理の日でも働けそうな気がします。
はたしてソフトサービスなら生理の日でも出勤できるのでしょうか?

今回はM性感と生理の日について解説します。

M性感ってどんな仕事?

手錠 女性まずM性感の仕事についておさらいしましょう。

M性感において男性は受身になります。
通常風俗において男性は責められますが、風俗嬢を触ったり、膣に指入れしたり、女の子を攻めることが一般的です。
しかしM性感では男性は前立腺やアナルを刺激されることが主なサービスのため、女の子に触れることはありません。
前立腺を刺激すると男性はドライオーガズムと呼ばれる射精の感覚が延々つづくような気持ちよさがあり、それがたまらなく快感なのです。

これは女性のオーガズムと似たようなゆるやかな気持ちよさがつづくので、通常の射精よりも長く楽しめて病みつきだといいます。
なれるまでテクニックが必要な仕事ですが、性病リスクがなく、触れられたくない女の子むけの業種といえるでしょう。

M性感は生理休暇のとき働ける?

ではそのM性感は生理休暇でも働けるのでしょうか?
M性感をはじめとしたオナクラやメンズエステのようなソフトサービスの特徴は脱がずにサービスを行うことができる点です。
従って生理中でも働くことが可能です。
中にはソープランドやファッションヘルスで働いてる女の子が、生理休暇中だけM性感に働きに来る場合もあります。

もちろん出勤は強制ではありません。
具合が悪かったり、多い日などは休むこともできるので、体調に合わせて出勤が可能です。

他の性風俗では生理の日に出勤できるの?

血液ちなみにM性感以外の風俗では生理日に出勤できるのでしょうか?
通常しないほうがベターですが、どうしても今月の給料を上乗せしたい場合出勤してしまう女の子もいます。
たとえばファッション・ヘルスなら指入れといったサービスがあります。
膣内に指を入れられるサービスをNGにすることで生理中の接客をしのぎます。

お客さんは血が苦手な場合があるので、生理がバレるとクレームになることもあります。
しかし黙って接客するとバレたとき説教客となる場合があるので「急にきちゃったの」と事前に伝えておきます。
血が出ない工夫として海綿を膣に入れてサービスを行います。
海綿とはドラッグストアなどで買えるスポンジのようなもので、郵便局などでつかわれるように、吸水性に優れています。

生理中は経血が出てしまいますが、タンポンでは紐が邪魔になるので、海綿をカットして膣内に忍ばせてサービスを行うのです。
急場しのぎですが、生理期間中の風俗嬢のお助けアイテムなのです。

まとめ

いかがでしょうか。
M性感と生理の日について解説しました。
女の子によって生理の辛さは異なりますが、あまり身体を酷使しすぎると負担がかかるので出勤はなるべく控えましょう。
風俗は究極の肉体労働なので、生理になった時くらいは自分の時間をゆったりすごすほうが休暇明けに万全で仕事ができるはずです。

無理に働くとイライラしてしまったり、パフォーマンスが下がってしまいせっかくのお客さんを逃がしかねません。
どうしても今月はピンチ、といった場合だけ出勤するように心がけましょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です