ソープの講習って本番あるの?未経験者は狙われる?

ソープの講習=本番講習とイメージしてしまう女性は少なくありません。
「ソープランド」という敷居の高い業種になると、さらに不安があると思います。

今回はそんな女性のために、ソープにおける講習内容について詳しく説明します。

ソープの講習内容と流れ

石鹸 お風呂面接を受けて採用が決まったら、まずは「講習」を受けることになります。
この講習とはいわゆる研修に当たるもので、お客さんを接客する前にひと通りのプレイ内容を教わります。
ソープランドではベテラン嬢が講師を務めることが多く、2~3時間かけてみっちり行われます。

風俗業界が未経験の場合は、数日に渡って教わることが多いです。
店長や男性スタッフが講習相手になることもあるので、希望に合うお店を選びましょう。
ソープでは基本のベッドプレイ以外に、「椅子」や「マット」を使用した実技講習が行われます。
実際に裸になって、プレイのコツを教えてもらいながらひと通り教わるスタイルです。

はじめは大変かもしれませんが、慣れれば力の抜き方なども分かるので早めにマスターしちゃいましょう。
またソープはほかの業種に比べて接客時間が長いため、さまざまな能力が求められます。
お客さんに対するさりげない気配りや、お出迎え・お見送りなどの接客マナーも重要なポイントです。
ワンランク上のサービスが身に付くと、お客さんからの印象も良くまた指名してもらえるチャンスにもなります。

本番講習には要注意

注意 マーク悪質な風俗店では、「指導」と言いながらセクハラ講習をするスタッフが居るので注意しましょう。
講習では具体的なお仕事の流れを教わりますが、接客サービスには無いことを求められたり、強引にプレイを進めるようなお店は要注意です。
また店長という立場を利用して、本番講習を行うソープも避けた方が無難です。

実際のサービスは本番アリですが、講習で挿入まで行うところはあまり無いです。
本番までしなくても、マットプレイや浴室プレイなど他に教えることがたくさんあるはずです。
個人的な嗜好で女性にイタズラをするような風俗店は、入店しても稼げないと言われています。
最近ではこのような「セクハラ講習」や「本番講習」を嫌がる女性が増えたため、女性講師による講習を設けているお店が多くなりました。

これから初めてソープで働こうとしている女性は、ベテラン嬢に教えてもらう方が安心でオススメです。

ソープの講習の意味とは

質問ソープはランクによってサービスのレベルが異なりますが、きちんと講習を受けないと接客をさせてもらえないお店が多いです。
吉原を見ても分かる通り、どれも歴史ある老舗のソープランドが立ち並んでいます。
それぞれのお店が、ソープならではのサービスに対する信念を大切に運営してきました。

そのため新人の女の子さえも、お客さんの前に出して恥ずかしくないレベルの接客をさせるのが常識なのです。
高級店においては、風俗業界きってのトップレベルのサービスを提供している場所なので、あらゆるノウハウを教わることができます。
デリヘルなどの無店舗型風俗店では、DVD講習で済ますところが多くなってきましたが、ソープでは風俗の基礎からきちんと学べるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
信頼のある風俗店なら、セクハラされたり本番強要されることはありません。
そもそも講習とは、お客さんに満足してもらえるような接客サービスを学ぶものです。
それは女性のためでもあり、風俗店の売り上げにも繋がります。

どれだけ店長はじめスタッフが、女性の教育に力を入れているかが見えるはずです。
そこら辺を含めて、自分に合ったお店かどうか見極めてみるのも重要なポイントです。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です