人妻店に来るようなお客さんはどんな会話を求めているの

風俗嬢はただエッチをすればいいというものではありません。
お客さんは風俗嬢の身体だけではなく、会話も求めていることが少なくありません。
とくに、風俗嬢の年齢が高い人妻店ではその傾向がつよいです。

では人妻店で働く風俗嬢はどのような会話を心がけると良いのでしょうか?

人妻店では会話も重要

チェック人妻店を好む男性は年齢層が高めの傾向があります。
あまりにも若くて元気が良い風俗嬢だと気後れしてしまう、何を話したらいいのか分からないという人にとって、落ち着いた女性が多い人妻店はとても魅力的です。

ある程度の年齢になると、男性も体力的にも精力的にも時間全部をプレイに費やすことはできません。
なので、会話を楽しんで充実した時間を過ごしたいと考えます。

人妻の会話テクニックとは

人妻店で働く場合、会話もプレイと並ぶほどの重要なテクニックだと思うようにしましょう。

以下のようなことを心がけるのがおすすめです。

初対面での緊張はお互い様

初対面で緊張するのはお互い様です。
それを気まずい時間と捉えるのではなく、ドキドキの時間として演出するようにしましょう。

相手に自分も緊張しているということを伝えると場が和みます。

相手を良く見て覚える

鉄板ネタなどそうそうありません。
あるのは無難なネタだけです。

毎回お天気の話だけしていても薄っぺらくて、楽しくありません。
お客さんを一人一人覚えましょう。
趣味はなんなのか、どんなことが好きなのかなどについて覚え、次のときにその話題を振りましょう。
そうすることで、相手は自分のことを良く見てくれていると嬉しく思います。

接客が終わった後にメモをしておくと良いでしょう。
ついでに、そのとき、自分が身につけていた服や下着なども記しておくと、飽きられない演出もできます。

スキンシップをしながら

他愛無い話であっても寄り添いながらや手をつなぎながら、時折軽いキスを織り交ぜながらなど、スキンシップをしながらだと雰囲気が盛り上がります。

受け身が望まれることも

人妻はリードするだけでなく、受け身が望まれることも多くあります。
人妻店を利用するお客さんの中には不倫をしているというシュチュエーションに興奮している場合も多くあります。
家族のことやセックスのことなど根掘り葉掘り聞いてくることおあります。

そんな場合は恥じらいながら受け身で応じましょう。
真実を話す必要はありません。
しかし、嘘を吐くならば矛盾のないようにしましょう。

コミュ障でも大丈夫

人妻だからといってコミュ障の人もいます。
逆にお客さん側がコミュ障の場合もあります。
コミュ障だと会話が続かず気まずい思いをしてしまうかもしれません。
しかし、大丈夫です。

ずっとしゃべり続ける必要はない

コミュ障の人ほど何かしゃべらなくちゃいけない、面白いことを言い続けなければならないと思ってしまいがちですが、そんなことはありません。
無言の空間があってもいいのです。
なんとか会話の糸口を探そうと自分のことをしゃべり続けたり、相手のことを根ほり葉ほり質問攻めにしてしまったりしては返って色気のない殺伐とした時間になってしまいます。

マッサージもおすすめ

マッサージ会話につまってしまったのならば、肩をもむなどのマッサージをお客さんにするのもおすすめです。
そうすれば、会話をしなくても間が持ちますし、凝っていますね、毎日頑張っているんですねなどの会話の糸口にもなります。
人妻店に来るお客さんはベットテクニックだけでなく、人妻ならではの会話も求めていることが多いです。

どんな会話をすればいいのかはお客さんにもよりますが、緊張していることを素直に伝えたり、相手の話したいことに合わせたりする柔軟さが求められます。
面白い会話をしゃべり続ける必要はありませんが、お客さんが望む人妻を演じるようにしましょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です