30代の人妻が働くならソープとデリヘルどちらが稼げる?

なにかと出費のかさむ30代位、風俗バイトで稼ぎたい人も少なくないでしょう。
風俗のなかでもよく稼げると言われているソープとデリヘリ、30代で働くならどちらが良いのでしょうか。
二つの業種について詳しく説明します。

風俗嬢の給料

お金風俗の給料はお客さんの払った料金から女の子にバックされる歩合制です。
単純に考えると利用料金が高いほど女の子はたくさんもらえることになります。
一本当たりの単価でいえばソープの方がデリヘルより高くなるし、高級店のほうが大衆店よりも高くなります。

ソープは本番行為までするハードサービスですのでやはりその分女の子の給料も多くなります。
参考ですが、平均的な女の子の一日の給料はソープ:40000~50000円・デリヘル:20000~30000円です。
高級店や女の子のがんばり次第はもっと稼ぐこともできます。

ソープで働くメリット・デメリット

メッリトは何といっても給料の高さでしょう。
いろいろな意見があるようですが、やはり
風俗で一番稼げるのはソープと言えます。
デメリットは、非常にハードサービスであることです。

本番行為をしなければいけないことだけではなく、全身リップや、玉舐め、泡踊りなど本番以外のテクニックも必要なのです。
ソープはオプション制をとっている店が少なく、これらのハードサービスは基本プレイに含まれているのでNGにはできないと思ってください。

デリヘルで働くメリット・デメリット

デリヘルの最大のメッリトは24時間営業していることでしょう。

デリヘルは無店舗型風俗店なので、営業時間の規制がないのです。
同じように女の子を派遣するホテヘルは店舗を構えていますので営業時間の規制があるので深夜帯の営業は出来ないです。
風営法により風俗営業ができるのは深夜0時まで、特例で延長が認めれている東京都でも午前1時までです。
深夜帯は酔客や出張者なので、風俗の需要は多い時間帯です。

デリヘルはそんな深夜帯にしっかりと稼ぐことができるのです。
デリヘルのデメッリトは顔ばれの危険性が高いことでしょう。
ホテヘルは店舗にお客さんが来て女の子を選ぶシステムなので女の子もお客さんの顔を確認することができ、「顔見知り」を避けることができます。
デリヘルは基本的には電話やメールのやり取りだけでお客さんと待ち合わせることになりますので、行ってみるまでお客さんの顔がわかりません。

「部屋に入るとそこに知り合いがいた」なんて洒落にならない話ですよね。

30代の人妻でもソープやデリヘルとして働けるの?

風俗嬢は若い女の子が多く、30代位の人妻が採用されるのか不安に思っている人も多いでしょう。
今風俗族では「人妻」「熟女」ブーム、とても人気が高いジャンルで専門店もたくさんあります。

風俗の面接で重視されるのは女の子の内面・人間性です。
外見は店のコンセプトに合っているかどうかという程度です。
30代で人妻としてきちんと生活をされている女性なら、採用されると思います。

風俗のバイトは、ライフスタイル重視

30代人妻が風俗バイトをするならきちんと自分のライフスタイルを考えてお店を選びたいものです。
稼ぎたい金額はいくらなのか、どこまでのハードサービスができるのか、週に何日入れるのか、働きやすい時間はいつなのか、などなど。
子どもまた子供さんが小さいのなら急に休むことが可能かも大切な要素になります。
自分のライフスタイルに合わない、無理な風俗バイトは体だけではなく、家庭も壊しかねません。

面接のときにしっかりと条件を確認し、こちらの希望も店側に伝えておきましょう。

まとめ

風俗バイトをしている人妻の数は増えています。
大手のお店ならシフトにも柔軟に対応してくれ、給料明細やアリバイ工作等家庭にばれないように気を使ってくれるので、働きやすい環境だといえます。

求人情報をきちんと確認して自分に合った働きやすいお店を選ぶようにしてください。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です