風俗嬢が貰っている給料を時給に換算するとどれくらい?

給料が高いからいい仕事とは限りません。
労働時間が長くなって給料が高いのと、少しの時間でまあまあの給料とは、本当のところは、どうなのか見ないとわからないのです。

職業ごとで効率的に稼げるのかを見ていく指標は、時給換算でどのくらいになるのかになるのです。
一般企業で時給換算して一番高いのは、なんだと思いますか?
私たちが生きていくことで絶対必要なライフラインの仕事で電気・ガスで、時給換算すると2820円になるのです。
医療・福祉関係は1750円で、電気・ガスは1000円以上高いのです。

これは、少し腹だてした気持ちにもなりますね。
利権で商売している業種はどんな社会的問題をおこそうが、社会的には保護され一番効率的な稼ぎがあるのです。
文句言っても日本の構造がそうなっていることになるのです。
さて、風俗業界にも、タイプによって時給換算した時の金額に違いがあります。

どのようになっているのか見ていきましょう。

風俗の仕事にはどのようなものがある

チェックリスト・入浴・マットプレイ・ベッドプレイがあるソープランド
・特殊器具を使用してSとMに分かれてするプレイのSMクラブ
・店舗型と派遣型サービスがあるヘルスは、本番以外の性的プレイがあります。
(※オプションは風俗嬢によりNGできる)
・上半身のみのサービスはセクキャバ(おっパブ)
・フェラチオのみをひたすらするピンサロ
・お客さんのオナニーを見るだけのオナクラ
・マッサージだけをするメンズエステ
上記のどれかに風俗の仕事は分類されるようになります。
給料が高いのは、ソープ・SMクラブ・ヘルス・セクキャバ・ピンサロ・オナクラ・メンズエステの順番になり、平均月収では上から順番で、300・150・100・60・50・35・30のようになります。

ソープとメンズエステでは、10倍の差があることになります。
稼ぎの違いはリスクが基準になります。
ソープランドは暗黙知に本番行為があります。
本番があれば妊娠・性病感染のリスクは高くなります。

オナクラ・メンズエステは、風俗でも珍しい3ナイサービスと呼ばれ、脱がない・舐めない・触られないので、リスクはほぼないと考えていいことになるのです。

時給換算して稼げるのはどれか?

風俗タイプを時給換算した、稼げる順位は以下のようになります。
1位ソープ20000円
2位SMクラブ10000円
3位ヘルス8000円
4位セクキャバ4000円
5位ピンサロ3000円
6位オナクラ・メンズエステ2500円
上記の時給換算は一般店を基準にしたもので、高級店と呼ばれるところでは、1日2時間で一人のお客さんで10万とかのお店もあります。
このような高級店は、風俗嬢もかなり高いスペックの女性しか働くことはできません。
待機時間も保証したりして待遇面では、一般店に比べ差があります。

時給換算しましたが、時給分稼ぎを風俗店が支払ってくれるのではありません。
日給での支払いになり、風俗タイプによってはお客さんの人数による歩合制と時給制の2つがあるのです。
お金歩合制の風俗店の場合は、その日のお客さんの人数によって稼ぎが変わってきます。
出稼ぎでない場合は、人数ゼロは稼ぎも同じくゼロになるのです。

出稼ぎであれば日給保証制度が受けることができるところもあり、ゼロであっても保証分の稼ぎは貰えるようになるのです。
時給制の風俗店では、労働時間×時給になるのでお客さんの人数は気にすることはなく、稼ぎの予定がたつようになります。
風俗店で働くときには事前に時給換算を参考に、体験入店して客層・客入り・回転率などを確認して正式に入らないと、全く稼げないということもあります。

まとめ

歩合制の風俗店は風俗嬢の努力も必要ですが、客入りが悪ければ稼ぎようがないです。
体験入店で確認をしてからお店を選びましょう。
ご参考にしてください。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です