風俗バイトするならバック率だけじゃなく集客や回転率なども重要

店舗ビジネスで重要なポイントは、実は商品ではなく、マーケット・メディア・メッセージと呼ばれる要素になります。
マーケットはターゲットのことでお客さんになり、メディアはどのような媒体を使ってお客さんにお店のことを知ってもらうか、メッセージはどのような情報をお客さんに届けるかのことです。

風俗業界も一般ビジネスも同じで、綺麗な女性を集めたところで、この3つがきちんとできていないと、お客さんの集客はできないのです。
集客ができないことには風俗求人に掲載されているバック率がよくても給料は貰えない事になるのです。
風俗バック率・客入り・客層について見ていきましょう。

風俗のバック率はどうなっているの?

パーセント風俗嬢の給料計算基準は、歩合制・時給性・時給制+歩合制の3があります。
ソープランド・SMクラブ・ファッションヘルス(箱ヘルス)・ホテヘル・デリヘル・イメクラ・オナクラ・エステなどは、一般的に歩合制のところが多くあります。
セクキャバ・ピンサロは、時給制のところと時給制ブラス歩合制のところがあります。
この基準で計算された日給が給料として、基本的には毎日支払われるのことなっているのが風俗業界になります。

ただ、これはあくまで一般企業でいう総収入になるので、歩合・時給などで計算された金額があなたの手元に入るものではありません。
ここから、雑費と罰金が差し引かれた後の金額が手元に入る収入になるのです。
雑費は風俗タイプにより異なるのですが、タオル・ローション・イソジン・石鹸・コンドーム・コスプレなどの衣装・衣装クリーニング・アダルトグッズ・送迎車などの費用が、雑費として集計され差し引かれるようになります。
だいたい10%前後が相場になります。

罰金はいまではあまりないと思いますが、地方の小さい店舗では遅刻・欠勤などで将来の収入から差し引くようにするものです。
※これは本来違法なので、もし常識を逸脱した金額や理解できないものであれば、訴えることもできます。
歩合というのは、お客さんが支払うサービス料金に対して何%風俗嬢に返すかになるもので、バック率と呼ばれています。
風俗タイプによっても差はあるのですが、だいたい50%が相場になっていて、高くて60%になるようです。

バック率だけでも稼ぎは決まらない

お金バック率が高いイコール稼ぎがいいということにはならず、ここに重要なポイントとして客入り・回転率が入ってくるようになります。
風俗店Aは60%バック率・風俗店Bは50%バック率で、サービス料金が20000円とした場合で考えてみます。
どちらの風俗店もお客さんがゼロであれば、人数×歩合の人数がゼロになるので稼ぎはゼロということです。

両方の風俗店が5人ずつのお客さんであれば、Aは6万・Bは5万とバック率が10%いい風俗店Aのほうがいいことになります。
Aは4人・Bは6人だとして、Aは4万8千円・Bは6万になり、バック率が高いだけでは稼ぎと比例しないことになるのです。
つまり、客入り・回転率によって稼ぎが変わってくるようになるのです。
客層はいいが暇でしようがないバック率が高いところで働くより、バック率は標準的なところで、客入りがよくて回転率がいいところのほうが稼ぐことができるのです。

風俗嬢では出稼ぎがバック率がいいと言われていますが、出勤条件など厳しい内容をクリアしないと稼ぐことはできません。

まとめ

風俗店はバック率だけで決めても、お客さんの客入り・回転率が悪ければ、全く稼ぐことはできません。
面接、体入で客層・客入り・回転率を事前確認してください。

ご参考にしてください。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です