風俗勤務で不正出血があったらすぐに病院へ!重い病気の可能性も

病気にはなんらかの兆候というものがあり、急に頭が痛くなる頭痛はくも膜下出血があり、高い熱があわせてある場合はとても危険になります。
前かがみになって背中の左側に刺すような痛みがあれば、すい臓がんかもしれません。
胸が急に締め付けられるときは心筋梗塞かもしけません。
肛門からの血便は大腸がんなど、何かいつもと違うと思った時は早めに病院にいって検査が必要になります。

女性のからだは複雑なもので、生理でも無い時の不正出血は不安になることがあります。
風俗嬢は職業柄注意が必要になります。
どのような病気が考えられるのか?
原因は何か見ていきましょう。

風俗嬢の不正出血の原因は何?

疑問不正出血は生理中以外に起こる膣や子宮からの出血のことになり、生理期間では問題ないのですが、生理が終わった後に出血が続く・おりものが混じっているものなどは不正出血になります。
不正出血でもうれしいニュースもあります。

それは妊娠によるものです。

ただ、流産の可能性もあるので早めに産婦人科に行って受診したほうがいいです。
妊娠の可能性がない方は、ホルモンバランスだと決めつける女性も多くいます。
しかし、風俗嬢は別病気があります。

性病

風俗嬢のなかでもソープに勤めている女性は、本番行為もあります。
コンドーム着用なら膣の性病につながることはないかもしれませんが、コンドームなし・生中出しの場合は、性病感染のリスクは高まるのです。
出血で考えられる性病はクラジミアになります。
これはおりもの・出血があり、下腹部に痛みやセックスのときに痛みが発生します。

また、クラジミアになっている人はHIV感染率が高くなると言われています。
安易に考えることなく、病院で性病検査をして対処することが必要です。

子宮筋腫

子宮筋腫は、過多月経になって不正出血が起こりやすくなります。

子宮内膜症

子宮内膜症は、子宮内膜の組織がものすごくふえて、内膜以外にできてしまい生理痛が酷くなって出血するものになります。

子宮頚がん・子宮体がん・膣がん

一番怖いのはがんで、不正出血の症状が出たときにはかなり進行していることもあるので、すぐに産婦人科に行く必要があります。

ピルのときもある

薬生中出しをするソープ嬢は妊娠のリスクがあるので、ピル常用になっています。
このピルが原因で不正出血が発生する場合もあります。
このように不正出血といっても、おめでたいこと・病気になる(病気は出産ができなくなることもあります)・最悪がんで死亡することもあるので、少しぐらいの不正出血だったら気にしないと安易に考えることなく、すぐに産婦人科に行って検査して原因特定が必要になります。

無理して出血を止めるために、海綿を使って出勤する風俗嬢もいるのですが、性病だったら拡散することにもなるので出勤は絶対しないようにしましょう。
風俗嬢の働いているお店のタイプが、裸にならないオナクラ・メンズエステのように服を着てサービスをするところでは問題ありませんが、検査は必要になります。
風俗嬢として稼ぐことは大事なことですが、病気になって働けないからだ・子供が産むことができない体になって後悔することがないように、あなたは健康管理を十分することが大切なのです。

まとめ

生理中の不正出血には、何らかの病気になっていることがあるので早期に産婦人科で受診することが大切になります。
不正出血の原因には、妊娠・流産・性病(クラジミア)・子宮筋腫・子宮内膜症・子宮がん(子宮頚がん・子宮がん・膣がん)などがあります。
ソープ・ヘルスなど下半身サービスがある風俗嬢は不正出血になったら、お店は休んで治療することになります。
ご参考にしてください。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です