風俗で働きながら生活保護を受給している人が増えているらしい

風俗で働きながら生活保護を受けているという女性が少なからずいます。
収入があるのならば生活保護を受ける必要はありませんし、生活保護を受けているのならば風俗で働く必要はないはずです。
しかし、日本の貧困は根が深く、やむをえず不正受給に手を染めざるえない女性が後を絶ちません。

生活保護を受けるということは

生活保護を受けるということはなんらかの理由ですぐには働けず、財産や貯金も何もない状態で、困窮している人のための制度です。
毎月「最低限の健康で文化的な生活」を送るためのお金が支給されます。

貯金ができません

貯金生活保護を受けるためには財産を持っていないことが条件です。
そして、生活保護を受け続けるためには財産を持ってはいけません。
なので、一度生活保護を受給してしまうと、そこから抜け出ることは容易ではありません。
生活を立て直そうと貯金をしたり、少しだけ働いたりしてしまうとすぐに、「では、生活保護はいりませんね」と受給がストップしてしまったり、減額されてしまったりするのです。

しかし、一方で、生活保護を受けている人に早く働け、自立しろとせっつきます。
生活保護から抜け出たいと思っていても、すぐには生活保護の以下の収入になってしまうような仕事にしかつけず、それくらいならば生活保護を受け続けようと考える人が多いです。
これが日本の貧困の現実です。

生活保護の風俗嬢

生活保護を受けている人が働くとすぐに税金関係で分かってしまいます。
しかし、個人事業主であり、お店との雇用関係を結んでいない風俗の仕事はバレにくいです。
よって、女性ならば風俗の仕事をしながら生活保護を不正受給するということが比較的容易にできるのです。

風俗嬢から生活保護への場合も

生活保護の女性がこっそり収入を得るために風俗の仕事をしている場合もありますが、風俗の仕事をしていて、身心の健康を崩すなどなんらかの原因で安定して稼げなくなってしまい、生活保護を受けながらほそぼそと風俗の仕事を続けるパターンもあります。

不正受給は犯罪です

生活保護を受けながら風俗で働いている女性のほとんどは好きで不正受給をしているというよりはやむにやむえない事情を抱えてそうせざるえない状況です。
しかし、不正受給には変わり在りません。

風俗の仕事は他のバイトよりも不正受給がバレにくいとはいえ、バレるときはバレます。
そして、不正受給は犯罪です。
バレてしまうと不正受給した生活保護費以上の罰金を徴収されたり、逮捕されたりしてしまいます。

バレる理由

風俗嬢が不正受給をしているのがバレやすいのは主に以下の2パターンです。

通報

これが一番多いです。
気を許した人などに自分で喋ってしまい、噂が広まって通報されるというパターンです。

友人、同僚、知り合い、近所の人などが多いです。

病院

病院生活保護を受けていると病院を無料で利用できます。
しかし、このときに通常の保険証ではなく、医療件を使います。

看護士や医療事務と風俗の仕事を掛け持ちしている女性は多いので、この線からバレてしまうこともあります。

自治体訪問

生活保護を受けていると年に何回が自治体からの訪問を受けます。
このときに、生活が華美だったりすると怪しまれます。

風俗で働きながらの生活保護の受給はリスクが大きい

風俗で働きながら生活保護を受給している女性が増えています。
風俗はお店と雇用契約を結ばないので、バレにくいからです。
しかし、実際に美味しい思いをしている女性はほんの一握りです。

多くの女性は生活保護から抜け出したいけれど、抜け出せない現状に困っています。
日本の貧困は根が深いです。
とはいえ、不正受給に手を染めてしまうと最悪、逮捕や罰金もあり得ます。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です