風俗の面接で不採用にならないために最低限覚えておく事

せっかく風俗の面接を受けるのならば一発で受かりたいものです。
ここで紹介するのは最低限の不採用にならない方法です。
以下のようなポイントを押さえておかないと簡単に不採用になってしまいます。

ちょっとしたことが理由で落とされないようにしましょう。

風俗の面接を舐めてはいけない

面接風俗求人を見るとそれはそれは女性の数が足りていず、誰でも気軽に応募くださいみたいな雰囲気になっています。
実際に人手が足りていない風俗店もあります。

しかし、あなたが働けるならどこのお店でもいいわけではないように、風俗店側も働いてくれるならどんな女性でもいいわけではありません。
風俗の求人に応募しても不採用になってしまうことは多々あります。

こんな理由で不採用が多い

風俗で不採用になることの多い理由は以下の通りです。
読めばわかるようにちょっとしたことを心がけることで回避できることばかりです。

コンセプトが合っていない

風俗店にはそれぞれコンセプトがあります。
たとえば清楚系の女性が売りのお店にギャル系は不採用になります。

熟女店では20代前半の女性が落とされます。
逆に言えばお店のコンセプトを理解していれば、世間的には魅力的、美人と言われるカテゴリーに入っていなくても採用の可能性が高まるということです。
ぽっちゃり専門店や人妻店など風俗のコンセプトはバラエティ豊かです。

容姿に気を使っていない

容姿そのものよりも容姿にどれだけ気を使っているかを見られることが多いです。
髪がボサボサ、化粧がいい加減、服がボロボロだとだらしない印象を与えます。
派手なメイクをしたり、華美な服を着たり必要はありません。
薄化粧をして、清潔で古くなくて落ち着いた服を着ましょう。

お店のコンセプトにもよりますが、女子アナのような雰囲気のほうがウケが良いです。
高級店の面接ならば美容院でセットしてもらう人もいる程です。
お店のスタッフはお客さんではありませんが、お客さんにあなたを売り込んでくれる人であることを忘れてはいけません。
まず、お店のスタッフにあなたの魅力をアピールしましょう。

態度が悪い

容姿と並んで見られることの多い点です。
物腰、喋り方などが社会的常識を伴っているか、相手に不快感を与えないかということが見られます。
最低限の丁寧な喋り方を心がけましょう。

膝は揃えるようにしましょう。
足を組んだり、物を口に入れながら面接を受けたり、スマホを弄りながらだったりするのは論外です。

信用を失うことをする

注意 マーク年齢や身分を偽ったり、面接の時間に遅れたりするとそれだけで風俗店側からの信用を得られません。

雇っても無断欠席や遅刻を繰り返すのではないかと思われてしまいかねません。

稼ぎたいという気持ちはマイナスにはなりません

普通の就職活動ならば、お金が欲しいというのを全面に押し出した志望動機は敬遠されてしまいかねませんが、風俗求人の場においてはマイナス評価にはなりません。
お金が欲しいということは意欲的に働いてくれそうとむしろプラスとして評価されます。

具体的な目標金額や出勤日などを伝えると採用に繋がりやすくなることもあります。
とはいえ、面接の最初からバンスやバック、保証などについて細かく聞くと嫌がられることもあるので、気になることがあるのならば面接がある程度進んでから最後のほうに聞くようにしましょう。

最低限のことを押さえて不採用を回避しよう

どんな仕事であれ、絶対に採用される方法はありませんが、絶対に不採用になる理由はあります。

それは風俗業界においても同様です。
面接の相手はお客さんではないからとついつい気が緩んでしまいますが、目の前にいる人は自分をお客さんに売り込んでくれる人だということを忘れずないようにしましょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です