今、一番客入りが多い人気の風俗店はどんなジャンルですか?

風俗店は、お店で行われるサービスの内容によって様々なジャンルに分かれています。
このジャンルによって客入りも異なるため、確実に稼ぐためには客入りの良いジャンルのお店を選択しなければなりません。
ここでは、風俗店のジャンルと客入りの関係について分析し、稼ぐためにどのジャンルのお店を狙うべきか紹介したいと思います。

人気店に所属しなければならない理由

今、一番客入りが多い人気の風俗店はどんなジャンルですか?風俗は出来高制の仕事です。
普通の仕事は労働時間に応じて給料が支払われますが、出来高制の風俗では原則として仕事をこなさない限り給料を得られません。暇過ぎの風俗店に所属するとお客がつかず、いわゆるお茶を引く状態になって給料が得られなくなってしまうのです。
そこで、風俗で働く場合には客入りの良い人気店に所属する必要があります。
もちろん、人気店に所属すれば無条件に稼げるようになるわけではありません。
人気店には人気嬢が所属しているので、女性間の競争も激しくなります。
しかし、客入りの良い人気店に所属すれば、フリー客を回してもらえるので稼げる可能性が高まるのです。

風俗で最も人気の高いジャンルはソープ

昔も今も、風俗で最も人気が高いお店はソープです。
ソープは言わずと知れた、風俗店の中で唯一本番ができるお店です。
男性の多くは女性と最後までしたいという欲求が強く、その欲求が合法的に叶えられる唯一のお店がソープであるため、風俗の中でも別格の人気を誇っています。

また、ソープでは他の風俗店で実施しているサービスの多くを提供しています。
マットプレイやフェラ、手コキなど、他の風俗店で受けられるサービスも楽しめるのがソープの特徴で、男性の立場からすればコストパフォーマンスが最も優れたお店となっています。
このように、本番だけではなく様々なサービスを内包したソープは男性から高い支持を受け続けています。
そして、ソープの中でも料金が低額な大衆ソープや格安ソープは、多くの客層が利用できるため、特に高い人気を誇っています。
風俗で確実に稼ぎたいのであれば、選択すべき第一の候補はソープとなるのです。

デリヘルの人気も高い

デリヘルは新しく誕生した風俗ジャンルです。
ソープやヘルスのように店舗型ではなく、派遣型という点に大きな特徴があります。
店舗型風俗店は風営法の関係で深夜0時までしか営業できませんが、派遣型のデリヘルは深夜0時以降も営業でき、深い時間帯のお客さんを独占できるという強みがあります。
また、デリヘルで働く女性はカジュアルな服装をしている場合も多く、お店の中には男性宅まで派遣に応じるところもあります。
一般的な風俗とは異なり、普通な感覚で男女間の関係を楽しみやすいのがデリヘルの特徴で、いかにも風俗的なサービスが苦手な男性から支持を受けています。

ただ、デリヘルは、人気のあるお店とそうでないお店の差が激しい傾向があります。
非店舗型のデリヘルは、電話とお店のHPさえあればすぐに開業できるので新規オープンと閉店が多いのも特徴で、面接に応募する際には、複数店舗を展開している大規模チェーン店や営業年数の長い実績を積んだお店などを選択する必要があります。

客入りの面からは高級店は不利

チェックリスト風俗店はサービス料金を基準に、高級店や大衆店といったランクに分けられます。
ここで、高級店は女性の手取りとなるバック水準も高く、稼ぎやすいお店と思われがちです。
しかし、必ずしも高級店が稼ぎやすいとは限りません。
サービス料金が高額な高級店を利用できる富裕層の男性の絶対数は少なく、高級店は客入りが良くない場合が多いのです。
実際、高級店に人気があるのではなく、高級店に所属している一部の女性が高い人気を獲得しているに過ぎない場合が多くなっています。
もちろん、バックが高い高級店でたくさんの指名を獲得できれば多く稼げます。
ただ、フリーの客入りは大衆店や格安店に比べると劣るので、指名が獲得できない限り、高級店で稼ぐのは難しいのが現状です。

閑散期には人気店でも客入りは厳しくなる

風俗店は時期に応じて客入りが変化し、客入りの良い繁忙期と、客入りの悪い閑散期に分かれています。
風俗店の客入りは男性の仕事のスケジュールによって左右され、男性が忙しい時期には風俗業界全体で暇してしまいます。
多くの男性が最も忙しい時期が2月と3月です。
多くの会社で年度末時期に相当し、年度内に完了すべき仕事の納期が差し迫った状態です。
決算準備や棚卸しなど様々な業務に終われる男性も多く、風俗に行く時間的なゆとりがなくなります。

この時期には休日出勤をする男性も多いので、風俗業界全体で客入りは悪くなります。
人気店に所属していてもお客に恵まれず、稼げない可能性が生じるのです。
一方、風俗業界が潤うのが12月です。
拒否12月にはボーナスが支給され、12月の下旬に入ると年末年始の長期休暇が控えています。
12月上旬に忘年会を実施したら、年内の仕事は終わったという雰囲気の会社も多く、時間的なゆとりが生まれます。
12月は男性のお金と時間に余裕が生まれるので風俗の利用客が増えるのです。
12月の繁忙期には、人気の高い大衆ソープや格安ソープでは客がつきっぱなしの状態となるのも珍しくありません。
短期的にガツンと風俗で稼ぎたいという場合には、12月のソープが狙い目となるのです。

まとめ

出来高制の風俗の仕事で働く場合には、客入り良いお店を選択しなければなりません。
暇過ぎるお店に所属すると、お客がつかず稼げなくなってしまうからです。
昔も今も、風俗店の中で最も人気があるのはサービスが充実しているソープです。
中でも、サービス料金が手頃な大衆ソープや格安ソープは客入りに恵まれ、フリー客も多いので安定して稼げます。
ただ、そんな人気店でも2月や3月の閑散期には稼げなくなる場合があります。
男性が忙しい時期には客入りが衰えてしまうため、短期的に風俗で稼ぎたいという場合には、12月の繁忙期が狙い目となるのです。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です