風俗求人の体入保証って本入店の時給よりも低いお店が多い?

風俗には体入という制度があります。
これはお店で正式に働く前に体験入店をして研修期間を設ける制度のことです。
風俗では体入でも接客するのできちんと給料が支払われます。
そして体入保証とは、お客さんがまったくつかなかったとしてももらえる給料のことを指します。
つまり体入すれば必ずお金が持って帰れる安心感の下で働くことができるのです。
今回は風俗店の体入と入店について解説します。

体入のメリットって!?

Ok体験入店はほとんどの水商売で採用されています。
一日だけの体入もありますし、一週間に及ぶ体入もあり、お店によって様々です。
体入をするメリットは以下のようなものがあります。
・お店のスタッフをチェックできる
・客入りをチェックできる
・客層をチェックできる
・サービスを確認できる
・フリー客をまわしてもらえる
・時給制で働くことができる
・日給が即日即金でもらえる
このように様々な部分でメリットがあります。

いくら条件がよくても客入りが悪いお店では稼げませんので、繁盛してるお店か確認することができます。
また、お客さんが入っていても客層が悪かったり、人間関係がギスギスしていたら楽しく働くことはできません。
客層やスタッフ・周りの風俗嬢に嫌な人間がいないか間近で確認できるのは大きいです。
また、体入期間では新人割として指名料が割安になり、お客さんから指名されやすくなります。
多少サービスが拙くてもお客さんは「おれが育ててやろう」と大目にみてもらえるので、多少手を抜いてもクレームがこないメリットがある上、フリー客も多くまわしてくれるため、お金が稼ぎやすい環境で働くことができるのです。
そしてサービスを確認できます。

たとえばソフトサービスで働く場合、脱がない舐めない触られないという条件だから働いたものの、実際は手コキ+フェラを前提にしていたというケースも多いのです。
面接ではよくわからないサービス内容や、オプション、罰金制度など、細かいサービス待遇面を確認できるのが大きいでしょう。
万が一お客さんの入りが悪い日に当たったとしても、保証付きで給料が即日即金でもらえますので気楽に働くことができます。
お店側も本入店してもらいたいので、体入の女の子は何かと優遇されるのです。

体入保証って本入店の時給よりも低い?

お金体入保証というのは稼げなかった時の保証金額であり、実際には「本入店をする場合にかぎり支払う」という条件を設定しているお店もあり、働く前に電話で確認したほうがいいでしょう。
ほとんどのお店では本入店と体入で給料面(バック・時給)に関しては変えませんが、セクキャバなど一部の業種では体入時給は大目に設定している業種もあります。
ただし、雑費や交通費など必要経費を体入は多く持っていかれる場合も多く、手取り額が入店時より少なくなり、結果的に時給換算でも低くなってしまう、なんてこともあるので注意しましょう。

求人広告と条件が違う!?

基本的にどの業種もお店はあなたを容姿などのランクによって条件を変動します。
女の子が体入でどれだけお店に貢献できたかによって入店時に条件をかえるのです。

・Aランク→1000円アップ
・Bランク→プラマイ0
・Cランク→マイナス1000円
このようにランク付けによって給料を変えられます。
あなたが稼げるとAランクと見込まれた場合、条件はあがりますが、指名数を稼げないCランクと判断された場合、時給は低くなります。
これは風俗は人気商売であり、お店が採算に合う、合わないを考慮して算出しているので仕方がない側面があります。
あなたが指名客をどんどん獲得できる接客を心がけていれば、送迎がついたり、バックがあがったり待遇はどんどん良くなるはずです。
まずはお客さんにたくさん指名してもらえるクオリティの高い接客を目指しましょう。

まとめ

いかがでしょうか。
体入保証についてまとめました。
基本的に風俗求人にはお店側にとって都合良いことだけを書き、都合が悪いことは書きません。
なぜなら正直に書いてしまうと女の子があつまらないからです。
ちゃんと求人広告の裏を読み解くリテラシを身につけて、悪徳店舗で働かないよう情報強者になることが大事です。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

ガルコロ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です