再び風俗業界へ出戻りすることはいけないことですか?

風俗という仕事は長くつづけることができません。
30代、40代と歳を重ねるにつれ徐々に稼げる金額が下がっていきます。
そのため多くの風俗嬢は目標を立てて働き、一定の金額に達したら昼の世界に戻っていきます。
ところが昼職に戻ってもまた風俗店に戻ってくる女の子がいるのです。
今回は風俗嬢と出戻りについて考えていきましょう。

風俗嬢が出戻りしてしまう4つの理由

チェックリスト「出戻り」とは結婚したにもかかわらず離婚して実家に戻ってくる女性を指した言葉です。
どちらかといえばネガティブなニュアンスで使われます。
風俗業界でも店を一度は辞めたにもかかわらず戻ってくることを「出戻り」といいます。
なぜ女の子は昼の世界から再び夜の世界に戻ってきてしまうのでしょうか。
おおまかに4つの理由があげられます。

給料面の不満

まずは風俗を辞め昼職で働いても、給料が安く戻ってしまうケースです。
日本では働く女性の90%が手取り25万以下の生活を強いられています。
25万ならまだいいほうで、学歴も経歴も資格もない女の子だと求人ではもっと低い条件しかありません。
風俗求人の数日分の金額しか月に稼ぐことができないのです。
そのため一ヶ月身を粉にして働いても、割に合わないと感じてしまい、簡単に稼げる風俗嬢にまた出戻りしてしまうのです。

生活水準を下げられない

また、風俗で稼いでいた女の子は一般人とくらべ金銭感覚が麻痺しています。
おいしい食事、高層マンション、豪華な服、高級ブランド。
風俗嬢をやめた以上これらの生活も卒業しないとすぐ金欠になってしまいます。
しかし人は一度経験したいい暮らしをなかなか忘れることはできません。
風俗嬢は「我慢しかない人生を歩むくらいなら夜の世界で働いたほうがマシ」と再び戻ってきてしまうのです。

人間関係の軋轢

昼職には口うるさい上司や、厄介な同僚たちのコミュニティがありますので理不尽なことでどやしつけられたりします。
これが風俗経験者には耐えることができません。
風俗にも厄介な人間関係が存在しますが、最低限の事務的な会話だけで済む世界です。
出稼ぎだったり、派遣型デリヘルであればほとんど同僚と会話する必要すらありません。
昼職で嫌な人間と同じ空間で仕事をすることに耐えられない身体になってしまうのです。

シフト時間の自由

時計風俗店はシフトが自由に組むことができます。
休みも好きな時にとれるので、学生や専業主婦でも働くことができます。
昼職の場合、就業時間にくわえ、有給もろくにとれず、週の大半が家と会社の往復だけの生活を強いられます。
これが耐えられず自分のペースで働ける風俗に出戻りしてしまうのです。

同じ風俗店に出戻りできるのか!?

辞めた風俗嬢の中には再び同じお店で働きたいと思うケースもあるでしょう。
この場合戻れることが出来るでしょうか?
結論から言うと可能です。
風俗業界は常に人手不足で、一から面接をしなくても仕事がわかっている女の子は即戦力になるのでお店からしたら助かるからです。
悪びれることもなく笑顔で現場復帰しましょう。
ただし、以前の辞め方が飛んでしまっていたり、バンス制度(給料の前借り)を踏み倒した状況であると厳しいでしょう。

もちろん店長も人間ですので 「戻っていいよ」と優しく声をかけてくれるかもしれません。
ですがその場合も条件が悪くなったり「いつかまたコイツは飛ぶだろう」と周りに思われながら働かなくてはいけませんので、新規に新しいお店を探したほうがベターです。
そのようなことがないように、風俗を辞めるときは円満に辞めるようにしましょう。

まとめ

あまり辞めたり出戻りを繰り返すのはよくありませんが、彼氏にバレてしまった、などやむを得ないケースもあります。
もし出戻りしたくなっても風俗はいつでもあなたをあたたかく迎えてくれます。
将来的な目標を決め、ある程度貯金したら、保険をかけながら昼の世界に戻るのが賢い風俗の利用方法といえそうです。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

ガルコロ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です