風俗嬢は当欠しても怒られないの?やり過ぎるとクビにされる?

当欠とは、当日欠勤の略です。
似た言葉に無欠があり、こちらは無断欠勤の略になります。
お店に一度連絡を入れてから欠勤するのが「当欠」、連絡を入れないで欠勤するのが「無欠」と覚えると良いでしょう。
風俗業界は、他の職種より当欠が多いという特徴があります。
当欠をした場合、実際のところどうなるのかご紹介します。 

なぜ風俗業界は当欠が多いのか

風俗は他の業種より、当欠がよく起こります。
これは、当日欠勤せざるを得ない理由が多数あるためです。
まず、多い理由として、生理があります。
生理が起こる時期は、大まかには把握できますが、ピンポイントで「この日」と言い切ることができません。
そのため、「生理が来たから当日欠勤」ということが起こります。
また、体調不良・風邪なども多い理由の一つです。
デスクワークなどであれば多少の体調不良でも働けますが、風俗のお仕事はある種肉体労働的な側面もあり、体調が悪い時に出勤しにくいのです。
体調不良のひとつとして、ベットから起き上がれないというものもあります。
昼夜逆転の生活となりやすく、自律神経が正常に働かなくなるために、目が覚めても体が起き上がらないということが起きるのです。
上記のように様々な理由がありますが、「気分がのらない」という理由も珍しくありません。
風俗は個人事業主に近い働き方になります。
基本的には完全歩合制で、働いたら働いた分だけ稼げますし、働かなくてもだれからも咎められません。
そういった、周りに対する責任が希薄な環境で働いていると、どうしても自分を律することができなくなる時が出てしまうのです。

罰金制度を設けているところもある

では、実際に当欠すると、どういった罰則があるのでしょうか?一般的なイメージとして罰金が頭に浮かぶと思います。
罰金はお店によって設け方が異なるため一概にいくらということができません。
一例としては、遅刻→当欠→無欠という順番で罰金額が上がるという形態があります。
この場合、遅刻だと数千円ですが、当欠・無欠は1万円以上となることが多いです。
罰金制度があるお店で働いている方は十分に注意しましょう。
ただし、現在では当欠で罰金をとるお店はほとんどないと言われています。
これは、やむを得ない事情で当欠するケースが多いということと、お店側ができるだけ高待遇で運営してキャストを確保したいためです。
罰金制度を設けているお店でも、当欠が○日以上続いた場合○円というように、当欠自体にというよりは、お店に迷惑がかかったからという趣旨の罰金となっているようです。
その関係もあり、当欠をしたとしても怒られないお店も多いです。
当欠の頻度が高いと「できるだけ当欠はしないように」と小言を言われることはあるかもしれませんが、大きな声で怒鳴られるといったケースはほぼないに等しいです。

月一回くらいの当欠はよくある

風俗のお仕事は、当欠もやむを得ない場合が多いため、まじめに仕事に取り組んでいる女性であっても、月に一回くらいの当欠は珍しくありません。
完全に自分でスケジュール管理をして数年間一度も当欠なし、という女性もいるようですが、そういったケースは稀です。
そのため、当欠をすることに必要以上に過敏にならなくても良いでしょう。
しっかりとした理由があるのであれば、基本的には罰則も叱責もありません。
ただ、例外として、超高級店など非常に厳しいお店だと、体調管理を疎かにしたことを指摘される場合があります。
体調管理も仕事の内と言われますので、日々の体調管理にも気を使うのがベストです。

当欠が多いと実際どうなる?

では、あまりに当欠の頻度が高い場合どうなるのでしょうか?考えられるお店側からの対応は以下の3つです。

クビになる

過度な当欠が原因でのクビは、十分に考えられる対応です。
予約が入っていても当欠するキャストの場合、本人が稼げないということだけでなく、お店が顧客からの信頼を失うことにもつながりかねません。
予約→当欠ということが何度も続くと、「あのお店は予約しても意味がない」と思われ、その顧客が離れて行ってしまうのです。
またネットで書き込みなどをされれば悪いうわさがたってしまうかもしれません。
再三の注意にも関わらず、姿勢に変化が見られないようであれば、お店側としては被害を最小限に抑えるためにクビにせざるを得ないということになってしまいます。

干される

これは表向きにクビを宣告しないお店でよく使われる手法です。
干された場合に多いのが、フリー客をつけてもらえないという状態です。
風俗店には「フリー」と「指名」があります。
指名は読んで字のごとく、お客さんが「この子のサービスを受けたい」とキャストを指名することです。
一方フリーは、「誰でも良いよ」という状態です。
フリーのお客さんに付くキャストは、お店の管理スタッフの裁量によって決められます。
管理スタッフは、基本的に出勤している女の子に同じくらい仕事が行きわたるように配慮してくれますが、干されるとこの時に仕事がもらえなくなるのです。
また、自分の指名客を別のキャストに振られてしまうということもあります。
「そんなことありえない」と思えるかもしれませんが、電話受け付けで「○○ちゃんは今日早退してしまいました。
お詫びに今勢いのある子を少し安く付けますけどどうですか?」と言えば、乗せられてしまうお客さんは多いのです。
その他にも、出勤日数を少なく調整されたり、キャスト紹介ページが雑に作られたりという場合もあります。
干されると稼げなくなってしまうため、お仕事を続けていくことが事実上難しくなります。 

お咎めなし

毎回指名で埋まる人気嬢は、当欠しても全く咎められないことがあるようです。
お店としては貴重な稼げるキャストなので、当人の働きやすさを優先します。
ただこれは、お店の売り上げにかなり貢献している場合に限られますし、指名が入っている状態で当欠を繰り返していれば、次第に客足が遠のくのは明らかです。

当欠しない方が良いもうひとつの理由

当欠はできるだけしない方がいいということがお分かりいただけたかと思います。
ただ、「クビになる」「干される」という以外にも、当欠しない方が良い理由があります。
それは、一般的な生活から感覚が離れてしまうということです。
風俗のお仕事は、稼げるピークがとても短くなっています。
その上で、肉体的にも精神的にも負荷が大きなお仕事なので、お給料だけに魅力を感じて風俗のお仕事をする方は、ピークを過ぎたらすぐに普通の生活に戻れるような体制を整えておくのがベターです。
体制を整えるにあたり、金銭感覚、生活リズムなど、普通のお仕事と異なる部分は多々ありますが、当欠の癖がついてしまっているのは大きな障害になります。
風俗では当たり前に行われる当欠ですが、風俗以外のお仕事ではほとんど許されることはなく、体調不良であっても出勤しなければならないということは珍しくありません。
職場に馴染めないという原因にもなるので、極力当欠はしないよう心がけておきましょう。

当欠しないためには環境が大事

どうしてもという場合を除き、極力控えた方がいい当欠ですが、環境によって当欠しないように矯正することも可能です。
例えば、一部の超高級店などは、厳しくスケジュール管理されており、キャストの間でも「当欠しない」というのが共通認識になっています。
こういった環境に身を置くことでプロ意識が根付き、簡単に当欠するという選択をとらなくなるでしょう。
また、上記のような一部の高級店以外でも、優良店は特に管理されなくても当欠の数が総じて少ないという特徴があります。
これは、ひとりひとりが、当欠は自分への不利益にしかならないと理解しているためだと考えられます。
逆に評判の良くないお店は、女性キャストの確保に必死で当欠が黙認されやすくなります。
周囲の環境に流されやすい人がこういったお店で働くと当欠癖がつきやすくなってしまうため、やはり優良店で働くのがおすすめです。

どうしても当欠しなければならない時の理由

気分が落ち込んでいて出勤できないというのは、十分に当欠理由となり得ますが、なかなかお店には伝えにくいものです。
また、それが2日、3日と続くと更に言い出しにくくなってしまいます。
こういった時に使える、効果的な当欠理由と使う時の注意点をご紹介します。

不正出血

指入れなどのサービスがあるお店では、性器に強い負担がかかることがあり、それを原因として不正出血が起こることがあります。
裸での接客となるため、生理をはじめ出血がある場合には、どうしても休む必要があります。
生理は月に一度しか使えないので、周期を考えて使い分けると良いでしょう。

カンジダにかかった

カンジダは性感染症の一種です。
ヘルペス、クラミジア、淋病などさまざまな性感染症がありますが、膣カンジダはそれらの中でも治りやすいという特徴があります。
軽度のカンジダであれば市販薬で治療が可能ですし、免疫力が回復すれば自然治癒することも少なくありません。
そのため、医師の診断が必要ないというメリットがあります。
当欠から数日間続けて休みたい場合には使える方法です。

フリーだとやる気が出ない場合

指名客を多く持つようになり、「フリーだとどうしてもやる気がでない」「休みたくなってしまう」という方もいるかもしれません。
そういう場合は、指名出勤にしてもらうと良いでしょう。
指名出勤は、指名があった場合のみ出勤するという働き方です。
体調が悪い場合にも使えるので、お店と相談してシステムの利用を検討してみてください。
当欠は、1回2回してしまうことは珍しくありませんし、気にしすぎることはありません。
ただ、頻度が高くなると、クビになったり干されたりといったリスクがあるため、極力当欠はしないように心がけましょう。
自分が働きやすく無理のないシフトを考えることが大切です。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

ガルコロ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です