ソープの講習で本番されますか?女性講師とかいないのかな?

風俗の中でも本番があり、仕事内容も豊富なソープのお仕事。その分他の風俗のお店に比べて講習も手広くやってくれますが、ソープの経験がない方では「どこまで講習をするのか」が気になる方も多いでしょう。
特に、本番の講習があるのか気になる方もいるはずです。ここでは、ソープの講習について説明します。

※参考サイト:ソープの講習って誰とどんな事しますか?最初だけですか?

ソープの講習は誰でも受ける必要がある

ソープで働くためには、様々なテクニックやプレイ内容を覚えなければなりません。
お店側も嬢も、お客さんに満足してもらい、リピートしてもらうためにもテクニックを磨くことは、とても大切なこと。
したがって、入店時には、お店で提供しているサービスについて一通りの説明を受けた後に、実際に提供できるように講習を受けるのが基本です。
この講習を受けるのは、そのお店にこれから入店することになる方が対象となります。
他の風俗を経験していて、例えばすでに素股はできるという方であっても、そのお店でのやり方や基準がありますので、確認として行うようなケースもあるため、ほとんどの方が入店時に改めて講習を受けることが必要です。
特に、これまで風俗で働いたことのない方の場合には、精神的な部分も含めてみっちりと指導されるケースも少なくありません。
お店によってはそのソープで働くためには、用意されているすべての講習を受けないと入店ができなということもあります。

講習を担当するのは誰?

お店によっても講習の流れが違う講習内容はプレイの流れを一通り把握するために、講習の係の人が専属のスタッフとしてついているケースもあります。
特に、チェーンを持つような店舗や高級ソープの場合には、こうした講習師と呼ばれるようなスタッフがいるところが多いです。
講習師が男性の場合にはすべてのプレイに対して実技による講習も含めて指導してくれます。
もちろんこうした講習師はわかりやすくレクチャーしてくれるのですが、初めての方は、いきなり男性指導員では少し怖くなってしまうかもしれません。
そこで、お店によっては女性の講習師が在籍しているケースもあります。
この女性のスタッフは、元はそのお店に在籍していたソープ嬢や長く在籍している現役の先輩がほとんどです。
そのため、お店独特のサービスやプレイについても細かく教えてくれる上に、一連の流れもわかりやすく説明してくれます。

ソープの講習では本番の講習があるケースも少なくありません

風俗店に講習があるのは、「このお店で働くのであればこのプレイやテクニックを身につかなくてはダメ」ということを教える意味を持っています。
ソープランドでは本番行為がありますので、この点についても講習が実施されるケースも少なくありません。
ただし、講習の内容は必ずしも実技とは限らず、先輩のソープ嬢から内容やコツを教わったり、男性スタッフやDVDで方法や流れを知るような内容だったりすることもあります。
一方で、講習師に実際に本番の講習を受けるお店もあるようです。そのため、講習の内容については面接時に必ず確認をしておきましょう。
もし、本番講習はしたくないと考えているのであれば、入店を断るのも選択肢です。
また、本番の実技講習がある場合には、お給料が支払われるかどうかも確認しておきましょう。
お店によっては、すべての講習が手当なしというところもあれば、通常のお客さんと同じようなバックが保証されているところもあります。
さらに、本番の講習でも抜きはなしという前提で行われ、万が一抜いてしまった場合には、講習師が料金を支払うといった独自のルールを設けているところも多いです。

基本的に講習ではお客さんの入店からの流れを覚えられる

ソープランドでの講習では、お客さんが入店してからサービス時間が終わるまでの一連の流れを追うように受けるケースが多いです。
まずは、DVDやマニュアル、女性の講習師によるレクチャーがあり、その後に男性のスタッフや講習師をお客さんに見立てて、仕事の容量を覚えるという流れが一般的です。
これらの講習は、どのお店でも、面接と併せて半日を使うような長時間のところが多いです。
一度受ければ、ある程度の流れと仕事内容を把握できるようにするためですが、他の風俗と比べても内容が充実していますので、初めての風俗バイトやソープランドが初めてという方でも、不安を持たずに仕事に入れるようになるでしょう。

具体的な講習の内容

講習の一連の流れを把握したところで、ソープでの具体的な講習内容について説明していきます。
お店によっては部分的に実施したり、まったくしなかったりするようなケースもありますが、一通り覚えておくとよいでしょう。

口頭やDVDで一連の流れを覚える

まずは着衣のままスタッフから仕事内容についての一連の流れについて説明を受けます。
お店によってはDVDを作成していてそれを観れば一通りわかるようになっているところもあります。
また、実際に働くことになる部屋の一室が空いていれば具体的にどこで何をするのかの説明を受けるような場合も少なくありません。
ソープランドでは、脱衣、入浴、マットプレイ、本番と場所を変えながら接客をしていくため、こうした流れの中で準備を進めたり、自分が服を脱いだりする必要があります。
手際よくやらなければお客さんを待たせてしまい高いお金を払っているのにと残念に感じてしまうかもしれませんので、スムーズにできるよう内容をここで覚えておくことが大切です。

女性の講習師からのレクチャー

次に、女性の講習師と一緒にお客さんのエスコートの仕方や脱衣からお風呂の準備といった一連の流れをDVDでの講習の有無にかかわらず、もう一度説明を受ける形になります。
ここで、実際のプレイ内容についてもレクチャーを受けることが多いです。

例えば、ソープでも独特なスケベ椅子やマットプレイに関しては実際に実技指導を受けることができます。
相手も女性がついてくれるケースが多いので、優しくやる側の目線に立って講習が受けられるため、不安や気になることがあれば、ここで聞いておくとよいでしょう。

特に入浴時の泡マッサージや体の消毒方法については確実にやり方をつかんでおくべきです。
スケベ椅子を利用することもありますが、性病を予防するために男性の局部をきちんと消毒する必要があります。
また、単純に消毒するだけでなく相手に不快感を与えないようにするには、コツを得なければ難しいかもしれません。
さらに、マットプレイで必要なローションの作り方や使い方、マットでの体の使い方といったソープならではのプレイの講習では実際に服を脱いで実践しながら教わるケースも多いです。
S着店であれば、コンドームの装着、抜き取り方といった細かい部分も教えてくれます。
また、高級ソープでは服の畳み方や置き方といった細かい部分まで指導されるケースも多いです。
タオルを間に入れる、脱がし方にもルールがあるといったお店もあるのできちんと覚えておくとトラブルを防げます。

男性店員をお客さんに見立てての実施講習

女性に講習を受けた後は、男性スタッフをお客さんに見立てて実際の仕事とまったく同じシチュエーションを作りながら講習を受けます。
ここで、先ほどまでに教わったことを実践しながら、相手が満足できる方法や、具体的な洗い方、体の使い方についても講習が行われるのが基本です。
お店によっては、この際に講習師が隣に立ち内容をチェックしてもらうようなところもあります。
また、本番講習がある場合には、この時間を利用して本番が行われることもあります。
基本的には女性上位の騎乗位での講習が多いですが、まれに様々な体位がチェックされるケースもあるようです。
もし、不安があれば事前に、「どこまでするのか」確認をしておくとよいでしょう。
また、NS店であっても、入店前や直後ではピルを飲んでいないケースもあります。その場合にはその旨を伝えておくと安心です。

ソープ店のクラスによっても講習内容が違う

ソープランドは、もらえるお給料によって、お店自体にランク分けがされているようなケースもあります。
実はこうしたクラスの違いによって講習内容にも違いが出てきます。
例えば、回転率が重要視される格安や大衆ソープは、仕事でもマットかベッドのどちらかしか選ぶことができないため、講習についても簡略化された形式で行われるケースがあります。
もちろん、細かい指導を含めて丁寧に行ってくれるところもありますが、講習は簡単に済ませたいと考えている方は頭に入れおくとよいかもしれません。
一方で、高級ソープの場合には、講習の時間も内容も濃密なところがほとんどです。
その理由は、高級ソープは、サービス時間が長いからということ。120分コースが基本なので、その時間を使ってお客さんを満足してもらうことがソープ嬢には求められます。
したがって、講習では基本的な流れはもちろん、プレイの質やテクニックの豊富さを身に着けてもらうための特別な講習があるケースも多いです。
さらに、高級ソープではプレイに関係する講習だけでなく、服を脱いでもらう方法やトーク術、身だしなみといった接客・マナー全般についても指導してもらえます。
ソープ嬢としても、接客の質が良いことはお客さんを捕まえるために重要なこと。
高級ソープであれば、なおさらですから講習制度がきちんとしているというわけです。

講習を拒否することもできるけれど受けておくべき理由

ソープランドは上記のように非常に細かい講習を受けさせてくれます。
一方でほかのソープランドで経験を積んでいる方や、一通りのテクニックについては覚えているから講習はいらないと考える方もいるかもしれません。
しかし、講習はどんな方でも一通り受けておくことがおすすめです。
確かに、実技部分での指導は結果的にあまり意味のないものになってしまう可能性もあるでしょう。
しかし、お店の人ときちんとコミュニケーションが取れるかどうかという部分はもちろん、プレイ内容での改善点が見つけられれば、自身のレベルアップにもつながるかもしれません。
他の店舗で経験を積んだからではなく「新しい発見があるかもしれない」と考えたほうが建設的でしょう。
例えば、素股はデリヘル経験者であれば、一通りできると考えられます。
でも、実際には少し間違ったやり方で、性器を傷つけていたり、性病を貰いやすくなったりしているかもしれません。
スケベ椅子をつかった入浴も確認をしておくと、より満足してもらえるようになる可能性があります。
また、これは本番の講習にも当てはまります。
お店の人と本番の講習を行うのはちょっと、と躊躇してしまう気持ちもわかりますが、声の出し方や腰の使い方は一人で身につくものではありません。
お店の人に確認をしてもらうことも選択肢です。

講習を省略できる店舗もある

このように講習はソープで働くうえで、ほとんど必須と呼べるものです。
しかしもし、講習が嫌だと感じるのであれば、省略が可能なお店を探してみるとよいでしょう。
実は店舗によっては、経験者は講習を必要としないところや、そもそも希望者のみに講習をしているようなところもあります。
これらのお店は、高級ではかなり珍しく大衆ソープや格安ソープがメインです。
また、こうしたお店の場合には、講習の代わりに入店したばかりのソープ嬢を限定にした「新人コース」や「研修コース」といった特別なコースを用意していることが多いです。
この場合、バックは少し安くなってしまいますが、お客さんは通常よりも安い料金で入れるということで選びやすくなるのが特徴。
お客さんも相手がまだ慣れていないことを承知してくれているので、気楽な気持ちで仕事に入れます。
お客さんによっては講習師のようにアドバイスをくれるケースもありますので、一石二鳥かもしれません。

接客の基本からプレイのレベルアップまで講習でソープランドの仕事内容を把握しよう

他の風俗と比べても、価格が高く時間も長いソープランドでは、お客さんも質の高いサービスやプレイを必然的に期待するようになります。
講習はそういう要求に対しても確実に応えて、お店とソープ嬢の評判を上げるために必要なこと。受けておけば、不安なく仕事に取り組めるようになるはずです。
また、希望する人には細かい部分の指導まで入店後であってもレクチャーしてくれる店舗もあります。
もし、入店した後になってから、特定のプレイについてうまくいかないと感じるのであればこうした、後からの講習にも対応しているところに在籍するようにすると安心でしょう。
本番講習については、お店によっても扱いが大きく異なりますので、必ず面接時に講習の内容は確認しておくことがおすすめですが、必ずしも講習を受けない方が良いというわけではありません。
きちんと稼ぎを出して短期間でお客さんについてもらうためにも接客を含めたレベルアップはとても大切なことです。
初めてソープで働くのであればもちろん、経験者であっても苦手はなくし、得意を活かせるようになるためにも丁寧に講習を行っているところを探してみるとよいでしょう。
また、講習の代わりに「研修コース」などでお客さんにすぐついてもらうこともできます。
働き方や稼ぎ方を考えながらお店選びをしましょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です