風俗のバンス制度は前借りのことだけど、上限いくらまで?

風俗や水商売の仕事を選ぶには様々な理由があると思いますが、中には本当に今日明日のお金に困って風俗の門を叩く女の子もいると思います。
将来の貯金の為や社会勉強のため、といった理由よりも切実で、緊急にお金が必要な場合、風俗店からお給料を前借りすることはできるのでしょうか。
ここでは、風俗店の前借制度「バンス」について、その方法や借りられる額、返済方法などをみていきましょう。

※参考記事:バンスをお願いしたら、金利を取られました。これって普通?
      風俗業界のバンス制度ってなんですか?

バンスとは

お店から従業員が給料を前借りすることを、風俗や水商売の世界では「バンス」といいます。
給料を前借りする、という意味の英語「advance」から来た言い方で、過去に働いた経験のある人は、誰かが「バンス」と言ってるのを聞いたことがあると思います。
戦中のクラブを舞台にした「上海バンスキング」というタイトルの映画もあるように、昔から水商売や風俗の世界にある前借り制度です。

風俗のお仕事は完全日払いのお店が多いので、もともと働けばすぐにお金を手にすることができます。
それを目当てに働いている女の子の中には、すぐにお金が必要だったり、色々訳アリの事情がある場合も多く、前借りを頼む女の子に、お店がお金を貸してあげることは、他の業種よりもよくあることのようです。

普通のバイトや会社勤めで「お給料を前借りさせてください」とは、なかなか言えませんが、風俗や水商売では、バンスの制度を残しているお店もまだ多くあります。
多くの場合、求人広告に「バンスあり」「バンスご相談ください」など、バンスが可能であることを掲載しているので確認できます。

お店が女の子にバンスするメリットとは

普通のバイトではなかなかできないお給料の前借りが、風俗業界でできるのはなぜでしょうか。
それは、女の子にお給料を前払いすることで、お店側にもメリットがあるからです。
逆に言えば、お店側に前借りさせるメリットがないと思われた場合はバンスをさせてもらえません。

求人広告で「バンス可」と書かれているお店の場合、働く前にバンスをお願いすることができます。
一部のお店では、求人広告に記載がなくても、バンスに応じてくれる場合もあるようです。
いずれの場合も、その女の子がお店で働いてくれることで、お店の売上に貢献してくれそうだと判断された時に、一定の条件付きで前借りを受け入れてくれます。

バンスはお給料の前借りといっても、お給料が発生していない段階でバンスをするのは、お店から借金をするのと同じです。
お店側にバンスをお願いする時点で、力関係としては女の子よりお店側の方が有利になります。
この力関係を利用して、お店で長時間働いてもらったり、一定期間辞めない約束を取り付けたりできるので、そこもお店にとってメリットになります。

たとえば、その女の子が入店して1日に4人接客した場合、男性1人が支払う金額が15,000円だとすると、6万円がお店の売上になります。
その女の子が月20日出勤すれば、一か月の売上は120万になります。
女の子とお店側で売上を折半したとしても、その女の子が入店することでお店には60万の利益が生まれます。

たとえば女の子にバンスをする際「半年間は辞めないこと」と条件をつければ、お店はそれだけで360万の利益が見込めるわけです。
また、多くの場合借金がない女の子より、借金がある女の子の方が返済するまで一生懸命働いてくれるので、お店は更に売上を伸ばすことができます。

バンスしやすい人はこんな人

お店がバンスに応じてくれやすいのは、どんな女の子でしょうか。
まず、お店側が「この子は雇えば人気が出る」と判断できることが大切です。
容姿が良くて人当たりも良く、いかにも指名がたくさんつきそうな女の子なら、お店もぜひ採用したいし長く働いてほしいので、バンスに応じてくれやすいです。

バンスする必要がある理由について、納得できる説明ができることも重要です。
クレジットカードの引き落としが間に合わない、ホストクラブへの借金がある、消費者金融の支払期日が迫っている、滞納していて債権が譲渡され、家に取り立てが来るなど、早急にまとまったお金が必要な納得できる理由があれば、お店もバンスを検討してくれます。

最後に、バンスをしてもちゃんと全額返済できる、と信頼してもらうこともとても大切です。
身分証明書や住民票、自宅の住所や本業がある場合は勤め先など、求められれば提出する必要があります。
こちらからお店を信頼することで、お店もまた女の子を信頼してバンスに応じてくれます。
本業が正社員だったり、実家が裕福だったり、不動産を所有していたりなど、本人に支払い能力がなくなっても回収できそうな場合も、バンスはしやすくなります。

お店によっては「フルタイムで週5日出勤すること」「半年は辞めないこと」といった、一定期間お店でしっかり働くことをバンスの条件にしてくる場合もあります。
「前借りできるなら、ここで一生懸命働きます」という姿勢が見えれば、お店もバンスに応じてくれやすいでしょう。

バンスしにくい人はこんな人

反対に、お店がバンスに応じない人はお店にとってそこまでのメリットがない人です。
もしかしたら回収できずに飛ぶ可能性もあるリスクを負っても雇う価値があるかどうかを見られるので、容姿や性格が悪かったり、指名も多く取れそうにないと判断されると断られることがあります。

また、バンスしたい理由がよくわからない、つじつまが合わない、といった場合も怪しまれ、バンスに応じてもらえないことがあります。
風俗のお仕事は完全日払い制なので、たとえば「2日後に5万必要なんです」と言ったら「それではうちで2日間働いてください」と言われるかもしれません。
実際デリヘルなどで2日間働けば、5万以上手にすることは可能でしょう。

週1回しか出勤できない、1日3時間しか入れない、というように、短い時間しか出勤できない場合もバンスを断られることがあります。
前借りはしたいけどたくさん働くことはできない、というのでは、お店側もバンスのリスクを負いたがりません。

バンスではいくら借りられる?

入店前のバンスで借りられる金額の相場は大体数万円、多くても数十万円まででしょう。
働き出して指名をもらったり、売り上げに貢献した実績がつけば、もう少し借りられる場合もあります。
お店のナンバーワンになれば、100万円以上をバンスできる女の子もいます。

ナンバーワンともなれば、バンスしないことで他のお店に移動されるくらいなら、バンスをしていつまでも働いてくれた方が嬉しいので、高額のバンスができるうえに返済方法もゆるやかだったりします。
バンス返済のために一生懸命働きます、とアピールすれば、スタッフがお客様を多く回してくれることもあります。

入店前でも容姿の良い子ならある程度まとまった金額を貸してくれる場合もありますが、30-40代でも貸してくれる場合があります。
人妻の場合、バンスの相場は10万程度ですが、風俗に来る主婦には、旦那さんに言えない借金を抱えている人も多いので、お店もある程度の事情は汲んでくれます。
回収できない場合に旦那さんへ連絡できるから、という理由もあるでしょう。

お店からバンスする方法

お店がバンスに応じてくれることになった場合、その方法や契約内容については、お店によって様々です。
無利息で貸してくれるお店もあれば、利息を取るところもあります。
大抵は簡単な審査をして、借用書や誓約書を交わしてバンス、という流れになります。

審査方法はお店側が女の子の身辺をチェックする形で行われることが多く、実家や自宅の場所を確認したり、本業の会社所在地を確認したり、といった内容です。
また、バンスの条件に「全額返済するまではフルタイム勤務」「〇か月は辞めない」「週5日以上勤務」といったレギュラー勤務を必須にしているお店もあります。
この条件もOK なら、借用書や誓約書を交わすところが多いです。

契約書の内容は難しそうに見えることも多いですが、面倒でも1つ1つどういうことかをお店に確認してから署名することが大切です。
中には法外な利息を書いていたり、延滞金や無理な支払い期日などを設定している悪いお店もあります。
お金を借りる立場だから、と弱腰にならず、わからないことや疑問に思う部分はどんどん聞いておきましょう。

ちなみに、利息には法律で決められた上限があります。
法律の上限を超えた利息が設定されていても無効にできます。
法定利息の利率は元本が10万円未満なら20%、100万円未満なら18%、100万円以上からは15%までです。
もし借用書に法外な利息が書かれている場合、サインしないようにしましょう。
また、そういったお店でバンスをすることはおすすめしません。
逆に無利息で支払い方法にも余裕を持たせてくれるなど、良心的なバンスをしてくれたお店には、感謝の気持ちを忘れずに働くことが大切です。

バンスしやすい業種

働こうとするお店がバンスをしているかどうか確かめるために、一番手っ取り早いのは求人情報で確認することです。
送迎あり」「アリバイ対応」などの中に「バンス可」「バンス制度」「前借応相談」といった記載があれば、そこのお店ではバンスの相談ができるということです。

求人広告に出していなくてもバンスに応じてくれる場合もありますが、わからない時はメールなどで問い合わせしてみてもよいかもしれません。
日本では「管理売春」といって、お店が女の子を拘束したり強要したりすることを禁じているため、お店から借金をさせずに、店長のポケットマネーで貸してくれていることがあるからです。


バンスしやすいお店には同じように お金に困っている女の子が在籍していて、「お金貸して」とお店の女の子に言われる、なんてこともあるかもしれません。

業種としては、キャバクラはバンスをやっていないお店がほとんどで、デリヘルやソープ、ピンサロなどにバンスが可能なお店が多いです。
一般的には大手グループ経営のソープやデリヘル、ハコヘルが借りやすいようです。
他に、AV女優やライブチャット嬢が所属するプロダクションもバンスがしやすい傾向にあります。

バンスの返済方法

バンスの返済方法もお店によって様々ですが、大抵はお給料のうちからいくらか決まった額を毎回支払う形になります。
1回の出勤につき5千円以上から、と定めているところや、バックから差し引いたりするところもあります。
毎回の支払いが少なければ手元に残る金額は大きくなりますが、支払い期間が長くなれば利息もふくらみ、長く抜けられなくなる恐れがあります。

本当は一度給料を手渡してから返済しないと法律的にはまずいようですが、そこまできっちりしていないお店も多いです。
バンスの金額が高額な場合、最初の何回かはお給料の全額を渡したり、半額や3分の1といった割合で返済する方法もあります。
相場としては、日当の3-6割くらいをバンスの返済に充てるようです。

体調が悪かったりしてお店を休んだり、急に入院してしばらくお店に行けなくなったりすることもあるかもしれません。
また、長く勤める中でお茶を引く日もあるかもしれません。
支払いが滞った時の延滞利息や罰金などについても事前に確認しておくことをおすすめします。

あまり高額なバンスをすると、忙しいのにもらえる手取りはバンスを差し引きするため手元に残らず、次第にやる気を失ったりして精神的に追い詰められることもあります。
その場しのぎでまとまったお金を用立てるだけでなく、先の支払い計画も考えて、無理なく返せる額を借りることが大切です。

返済するのが辛いからといって、間違っても踏み倒したり、飛んでしまったりしてはいけません。
誓約書や借用書を書いていれば法的に有効になるし、お店側もバンスしても自由に飛べる、と噂が立ってはいけないので、あらゆる手を尽くして探されます。
家族や知人に迷惑をかける恐れもあるので、自分で借りたお金はしっかり自分で返すようにしましょう。

反対に、バンスがあることを悪用しようとするお店もあるので注意が必要です。
実際は完済しているのに、まだ利息が残ってると言って辞めさせないようにしたりします。
ちゃんと支払っている自信がある場合、悪質な引っ張り行為は警察へ相談するなどして、毅然とした態度で対応しましょう。

バンスをお願いする前に

必要なお金が数万円だったり、期限までにまだ数日猶予がある場合は、焦ってバンスをしなくても大丈夫な場合があります。
風俗のお仕事は完全日払い制なので、1日働けば数万円なら手にできてしまいます。
日払いに加えて採用された場合、入店祝い金として5万~10万ほどもらえるお店もあります。
バンスの条件としてレギュラー勤務が難しい場合、祝金制度を設けているお店を探して入店すれば、バンスしなくて済むかもしれません。

支払い先にも「仕事で毎日お金が入るので、〇日後には用意できるから待ってほしい」とお願いしてみたり、本当に他に借りれるあてがないかなど、バンスする前に一度立ち止まって、よく考えてみることもお勧めします。
バンスしなくて済むのであれば、お店に借りを作らないにこしたことはありません。

また、家出や離婚など生活に困ってバンスしようと考えている場合、生活の面倒を見てくれるお店もあります。
即日入居可能なマンション寮を完備していたり、出稼ぎに来る場合の交通費を負担してくれたり、衣装も準備してくれたりします。
バンス以外の制度で対応できるかどうかも、よく考えてみましょう。

「バンス可」と書いているから、と自分に向いていないお店に入店してしまうと、思うようにお客がつかなかったり、ついても仕事がツラくなってしまうことがあります。
どんな人にも向き不向きがあり、向いている業種とそうでない業種で働く場合、収入にも大きな影響が出たりします。
バンスの確認をする前に、自分の持ち味でしっかり働けるお店かどうかもチェックすることが大切です。

自己破産を検討する前に

バンスをお願いする前に考えることも大切ですが、自己破産しようかと考えている人にも、一度よく考えてみてほしいと思います。
安易に自己破産を考えず、支払い能力があるなら返済した方が将来的に後悔しなくて済みます。

風俗で働いても完全日払いで社会保険などに加入するわけではないので、風俗嬢だったことが社会的に履歴として残ることはありませんが、自己破産したことは履歴に残ってしまいます。
その後何年もカードが作れなくなったり、ローンも通らなかったりと、将来に影響を与える可能性が高く、おすすめしません。
風俗のバイトで自己破産を免れるなら、その方が賢い場合もありますよ。

大手グループや芸能プロダクションなら、容姿と性格が良く、一生懸命働く女の子には数万~数十万程度のバンスが可能ですが、借りる前に色々と確認しておくことも大事なようです。
しっかり返済できるなら、一度バンスについてお店に相談してみてはいかがでしょうか。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

ガルコロ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です